ビジュアルで旅する「コロナ禍の食文化」

デザインスタジオ「hej」が、Instagramでフォロワーから募った「コロナ禍の食文化あれこれ」を、お洒落なビジュアルで紹介している。

ロックダウンや、社会活動の制限が飲食にもたらした影響としてまず思い浮かぶのは、なんといっても「オンライン飲み会」ではないだろうか。

画面のまえに並べたワイングラスの写真に「ほんの1年前には、スクリーン越しにグラスを傾けることしかできなくなると誰が想像できたでしょうか?」というコメントが添えられている。

© hejstudio_/Instagram

食事については、積み重なるテイクアウト容器や、思わず手が伸びてしまうお菓子の写真で、コロナ禍ならではの風景を再現。

ずっと自宅にこもりきりだと、食事を用意すること自体が面倒になるあの感覚が思い出される……。

© Angela Lamprecht
© Angela Lamprecht

その一方で、おうちごはんや健康的な食事への関心も高まった。

空き時間の過ごし方のひとつとして、手料理に凝ってみたり、パン作りにハマったり。

ここで紹介されている「サワードウブレッド」というパンは、少ない材料で栄養価の高いものが作れるということで、欧米を中心に人気が拡大したようだ。

© Angela Lamprecht
© Angela Lamprecht

さらに、地元の野菜飲み物にもフォーカスが当たった。

飲食店の臨時休業などの影響を受けて、出荷先が減少した農家や漁師を応援できる“オンラインマルシェ”“クラウドファンディング”が、今でも盛り上がりをみせている。

観る人誰もが、どれかには当てはまりそうな、魅力的な投稿。同スタジオの作品には、「フードマスク」同様に、この非常事態を少しでも心地よく過ごしてほしいという工夫が感じられる。

© Angela Lamprecht
© Angela Lamprecht
Credits:
Concept & styling: Brini Fetz, hej studio (@hejstudio_) & Lisa Langmantel, Studio Lisa Langmantel (@lisalangmantel)
Photography: Angela Lamprecht (@angelalamprecht.fotografie)
Reference: BAZAAR
Top image: © Angela Lamprecht
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「ICONSPEAK」は、39のアイコンがプリントされているのが特徴だ。言葉の通じない場所でもコミュニケーションを取れるようにするために開発されたから、コ...
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」が「コロナ禍での借りて住みたい街ランキング」を発表。
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
イギリスのボリス・ジョンソン首相は、イングランドに住む単身者、または18歳未満の子どもがいる一人親を対象に、現地時間の6月13日から「別の一世帯の家での滞...
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
ドイツの家具メーカーによるコロナ禍のブラックユーモアたっぷりなCM。「今ならベッド購入で9ヵ月後、もれなくベビーベッドも贈呈します!」の意味するところとは?
「文化の盗用」とは、異文化にインスパイアされた取り組みをするときに起きているトラブルのこと。「文化の盗用」となるか否かのボーダーラインは実に曖昧です。この...
「Australia Post(オーストラリア郵便公社)」のキャンペーン「Dear Australia」は、コロナ禍の体験を後世に伝える「手紙プロジェクト...
「リクルート住まいカンパニー」が昨年12月から今年1月にかけて実施した「SUUMO住みたい街ランキング2021 関東版」の結果をご紹介。
新型コロナウイルスによる感染拡大予防のため、「一家でひとり」の外出が許された3月のマレーシア。ママのメモ書きを手にスーパーへと向かうパパたち。ところが……。
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
作家/ジャーナリストの佐々木俊尚が「昆虫食の聖地」として話題の東京・日本橋にオープンした昆虫食専門レストラン「ANTCICADA(アントシカダ)」で「最先...
食べるだけで一日必要な栄養素をバランスよく摂取できる、と話題の完全食(完全栄養食)。そんな完全食のなかでも日本で誕生した5ブランドを徹底比較。ライフスタイ...
「airKitchen Plus」は、ヴィーガンやベジタリアンの外国人旅行者が、日本で登録されているホストのお家で日本食の作り方を学び食事ができるというも...
朝の忙しい人たちに向けて開発された、完全食カップケーキ「朝ドルチェ」
未来のタンパク源「昆虫食」を、アフリカ伝統食をヒントに再構築した「いもむしゴロゴロカレー」の紹介です。
新型コロナウイルスによって変わった人々の日常を、くすっと笑えるユーモラスなイラストにして紹介。
コロナ渦の中で生まれた、新しい言葉をご存知ですか?いつの時代でも新しい言葉は生まれるもの。今回はコロナがきっかけで広がったソーシャルディスタンス、ソーシャ...
コロナ感染対策の措置として、酒類の販売禁止に踏み切った南アフリカ。これにより、国外での販売経路を完全に断たれた南アのワイナリーたち。海外マーケットに頼る他...
2020年、コロナ禍において苦境に立たされている飲食業界に明るい話題をもたらそうと、創業50年以上の老舗「どさん子」が開発したメニュー「ハッピーレインボー...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
西洋芸術では、“禁断の果実=リンゴ”のイメージが定着しているが、『旧約聖書』にはただ「果実(木の実)」として書かれており、リンゴを示す言葉は一度も用いられ...
ノンフィクション作品の読者と比べて、フィクションを好む読者のほうが高い言語能力を持つことが、「コンコルディア大学」のSandra Martin-Chang...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
アメリカの自動車ブランド「シボレー」が「ディズニー」とコラボ!新型の「Bolt EUV」のプロモーション動画を発表した。
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...