「道端の雑草に脚光を」コロナ禍でヨーロッパに広がったムーブメント

見方を変えれば、道端の雑草だって愛すべき植物だ──。

“道端の雑草の名前をチョークで紹介する”というフランス発のムーブメントは、口コミやソーシャルメディアを介しヨーロッパ全土に広がっている。

意識して外を歩いてみると、舗道や溝、壁の隙間などのあらゆる場所に、多種多様な雑草が生えていることに気づく。そんな雑草も当然ながら植物で、すべてに名前があるのだ。

ロンドン在中のフランス人植物学者Sophie Leguilさんは、「#MoreThanWeeds」というプロジェクトを立ち上げ、雑草の「概念」をアップデートすべく活動中。生態系における雑草の役割を訴えながら、除去するのではなく共存する道を示している。

都市で生活する人のなかには、外出自粛で自然を恋しく思う人もいるだろう。そんなとき、散歩がてら道端の都市型植物(雑草)に目を向けて欲しい。意識が変われば、街でだって自然を感じられるから。

プロジェクトの内容をもっと詳しく知りたいならコチラへどうぞ。

チョークで書かれた道端の雑草の名前
©2020 Sophie Leguil
チョークで書かれた道端の雑草の名前
©2020 Sophie Leguil
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

イギリスのInstagramでムーブメントとなっている「Run 5 Donate 5 Nominate 5」の紹介。
フランスの「Jimini's」が販売するのは、食用昆虫。かわいいパッケージに入ったソレは、ヨーロッパのスーパーマーケットなどで目にすることができます。
クラフトビールのサブスク「オトモニ」がヨーロッパ中のクラフトビールを楽しみながら海外旅行気分が味わえる「ビアトリップセット~ヨーロッパ編~」を発売。
「ICONSPEAK」は、39のアイコンがプリントされているのが特徴だ。言葉の通じない場所でもコミュニケーションを取れるようにするために開発されたから、コ...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
イギリスのボリス・ジョンソン首相は、イングランドに住む単身者、または18歳未満の子どもがいる一人親を対象に、現地時間の6月13日から「別の一世帯の家での滞...
都市計画からプロダクトデザインまで、幅広い分野で活躍しているUNStudio。彼らが、アムステルダムからフランクフルトまでを53分で走行する“ハイパールー...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...