「道端の雑草に脚光を」コロナ禍でヨーロッパに広がったムーブメント

見方を変えれば、道端の雑草だって愛すべき植物だ──。

“道端の雑草の名前をチョークで紹介する”というフランス発のムーブメントは、口コミやソーシャルメディアを介しヨーロッパ全土に広がっている。

意識して外を歩いてみると、舗道や溝、壁の隙間などのあらゆる場所に、多種多様な雑草が生えていることに気づく。そんな雑草も当然ながら植物で、すべてに名前があるのだ。

ロンドン在中のフランス人植物学者Sophie Leguilさんは、「#MoreThanWeeds」というプロジェクトを立ち上げ、雑草の「概念」をアップデートすべく活動中。生態系における雑草の役割を訴えながら、除去するのではなく共存する道を示している。

都市で生活する人のなかには、外出自粛で自然を恋しく思う人もいるだろう。そんなとき、散歩がてら道端の都市型植物(雑草)に目を向けて欲しい。意識が変われば、街でだって自然を感じられるから。

プロジェクトの内容をもっと詳しく知りたいならコチラへどうぞ。

チョークで書かれた道端の雑草の名前
©2020 Sophie Leguil
チョークで書かれた道端の雑草の名前
©2020 Sophie Leguil
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
イギリスのInstagramでムーブメントとなっている「Run 5 Donate 5 Nominate 5」の紹介。
フランスの「Jimini's」が販売するのは、食用昆虫。かわいいパッケージに入ったソレは、ヨーロッパのスーパーマーケットなどで目にすることができます。
イギリスのボリス・ジョンソン首相は、イングランドに住む単身者、または18歳未満の子どもがいる一人親を対象に、現地時間の6月13日から「別の一世帯の家での滞...
都市計画からプロダクトデザインまで、幅広い分野で活躍しているUNStudio。彼らが、アムステルダムからフランクフルトまでを53分で走行する“ハイパールー...
暗闇で光るエコバッグは、特許技術のオーロラのように反射するリフレクター(反射材)を用いて、夜道での安全面とデザイン性の高い普遍的なプロダクトを提案する暗闇...
「ICONSPEAK」は、39のアイコンがプリントされているのが特徴だ。言葉の通じない場所でもコミュニケーションを取れるようにするために開発されたから、コ...
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。
イギリスのヒースロー空港が乗客の手荷物検査の効率化を検討中。2022年までに、手荷物の中身を3D分析できる新装置を導入する方針を発表しました。
2015年に設立した「Wingly」は、パイロットと飛行機に乗りたいと考えている人をつなげるサービスを展開中だ。
正直「参考になる」とは言えませんが、アメリカ48州(ハワイとアラスカ以外)を無駄なく効率的に回るルートを編み出して話題になった、Randy Olson氏。...
米「Amazon」は、昨年同社が開催した人工知能(AI)をテーマにしたイベント「re:MARS 2019」において「StyleSnap」という技術を発表。...
ヨーロッパの小国「ルクセンブルク」が、2019年の夏までに公共交通機関をすべてタダにすると発表しました。
イギリスでは今年9月の新年度に学校へ戻る子どもたちは約1,000万人にものぼる。驚くべきことは、その半数以上がいじめられる可能性があるということ。この状況...
17歳の少女をレイプしたとして、27歳の男性が罪に問われた裁判がアイルランドで先月行われていたことを知っていますか?そしてこの時のことがきっかけで、あるム...
ノルウェーのSommarøyという島で、ちょっと興味深いムーブメントが起きています。彼らは「時間」を廃止しようとしているんです。
年越しそばを食べたり、108回鐘を鳴らす文化が日本にあるように、世界各国には独特の新年の祝い方があります。なかでも、ヨーロッパ諸国のクセがすごい。中央ヨー...
オランダを拠点に活動するデザイナーRoel Van Heurさんが自作したバランスバイクをご紹介。
1921年から「エスキモー・パイ」を販売する企業「Dreyer’s Grand Ice Cream」が、同商品の名称を変更すると発表した。
JR埼京線・武蔵野線「武蔵浦和駅」から1分ほど歩くと「イタリア」が見えてきます。イタリア風の建物がある、といった子供だましではありません。ヨーロッパ野菜を...
ドイツの家具メーカーによるコロナ禍のブラックユーモアたっぷりなCM。「今ならベッド購入で9ヵ月後、もれなくベビーベッドも贈呈します!」の意味するところとは?
「Australia Post(オーストラリア郵便公社)」のキャンペーン「Dear Australia」は、コロナ禍の体験を後世に伝える「手紙プロジェクト...
新型コロナウイルスによる感染拡大予防のため、「一家でひとり」の外出が許された3月のマレーシア。ママのメモ書きを手にスーパーへと向かうパパたち。ところが……。
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
海外旅行をすると、今まで自分が知らなかった文化や慣習に出合います。そうした一種のカルチャーショックこそが、楽しかったりもしますよね。ここで紹介するのは、そ...