アナタのお話聞きます。LA発のムーブメント「FREE LISTENING」で思い出す、人とのつながり

ソーシャルメディア全盛のいま、対面型のコミュニケーションの回数や時間は、いったいどれだけ減ったことだろう。

誰かに話を聞いてもらうだけで、胸の内がすっと軽くなる。最近、そんな経験をした覚えは?知らない誰かに、ただ黙って耳を貸す。それを体現したプロジェクトが、いま世界にひろがりつつある。

街頭に立ち、誰かの話を聞く。

LAに暮らすベンジャミン・マティス。彼は「FREE LISTENING(話聞きます)」と走り書きしたサインボードを手に、じっと街頭に立つ──。

2012年、ベンジャミンは多忙な日々の中で行き場を失い、暗闇の淵にいた。行き詰った彼の心を解放したのは、街中で声をかけてきた一人のホームレスだ。

お金を要求された際、素直に応じたり、断るのではなく、代わりにホームレスの言葉に耳を傾け、話し合った。

すると、これまで抱いていた閉塞感が嘘のように消え去り、見ず知らずの相手とのつながりを感じた。一人ではないことを実感できたという。それがきっかけになった。

人に言えない悩みがある。

誰にだって、人に言えない悩みや不安がある。しかし、頭を抱えたまま日々を送るのではなく、誰かに聞いてもらうことが、自分を解放し、心を解きほぐすカギになるはず。そう思って以来、ベンジャミンはサインボートを手に街角に立ち、人々の声に耳を傾けてきた。

「ビックリするくらい、みんな人に言えないことを心に溜め込んでいたんだ。まさか、こんなに多くの人の想いを受け取ることになるとは思ってもみなかったよ」。

「ちょっと聞いてもらっていいかな?」。多くの人が心に抱えたモヤモヤをベンジャミンに打ち明ける。人々の会話にじっと耳を寄せているだけでも、聞いてもらう相手からすれば、心を寄せてもらっている気になるのかもしれない。

多くの人に求められていると思ったベンジャミンは、親しい友人に声をかけ、対面型のコミュニティー「Urban Confessional」を設立した。

適切なアドバイスは不要。ただじっと側で聞いて、受け入れるだけ。思いやりと寛大な心で、真摯に相手の話に耳を貸す。この根源的なコミュニケーションが、このSNS全盛の時代に生きる自分たちを“人間らしさを取り戻せる”ような気にさせるのかもしれない、とベンジャミンは言う。

今では世界13カ国に浸透し、
毎年開催されるイベントに。

2016年、Urban Confessionalはアメリカだけで20州にひろがった。さらには、カナダ、イギリス、スペイン、インド、オーストラリア、南アフリカ、そして日本と、世界13カ国にコミュニティーを拡大。2015年からは毎年「FREE LISTENING DAY」が開催されるほど認知されているようだ。

人と人とが話し、聞く。そうしてお互いが抱える問題に気づいては、愛情を知り、一人ではないことを実感する。

対話が世の中を、今を、もっとステキな場所に変えるはず。ベンジャミンはその信念を掲げながら、今日もボードを手に街頭に立っていることだろう。

Licensed material used with permission by Urban Confessional
他の記事を見る
初対面の人と楽しい会話で盛り上がるには、基本的なマナーや言葉遣いには気をつけつつも、できるかぎり自然体でリラックスすることが大事。まずは、あなた自身が相手...
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...
初対面でキスされる、という経験はありますか?日本人ではなかなか、初対面でのキスはあり得ないシチュエーションですよね。何回かデート重ねてキスをするのが、普通...
「今日初めて会った人、どんな人だったっけ…?」初対面の人にも、印象に残る人と残らない人がいる。その差は一体どこにあるのだろう? 世界各国で活動していると、...
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
Nikeがアフリカ系の人々に敬意を表する「Black History Month」に合わせて、2019年のコレクションを発表しました。
第一印象がすべて! というわけでは決してありませんが、第一印象が悪ければそれを拭うのに苦労することがありますよね。初対面の相手に好印象を与えるための方法は...
あなたは、この人は信頼できる、信頼できないという判断基準を持っていますか?「なんとなくは見分けられるものの、はっきりとした判断は下し難い。特に初対面の人と...
手元を明るく可愛くしてくれる、LA発テックアクセサリーブランド「CASETiFY」のiPhoneケース・カバーコレクション。イニシャルや名前も入れられる!
初対面の人が、直ぐに仲良くなるにはどうしたらいい?人生の疑問をユーモアある技法で解決していくメディア「SoulPancake」が、こんな実験動画を紹介して...
2月の「Black History Month」に合わせて、アメリカで発表されたAdidasのコレクション。それに対して、SNSを中心に多くの疑問の声が上...
年末には、同業者もしくは異業種での忘年会が開催されたりするもの。そんな時に使えるテクニックを、ライターMinda Zetlin氏がまとめたこの記事からご紹...
ANA(全日空)のCA(客室乗務員)を25年間にわたり務めてきた里岡美津奈さん。その間には、天皇皇后両陛下や各国首相・国賓の特別機をアテンドした経験も。そ...
スペイン北部の都市オビエドの近郊にある教会「La Iglesia Skate」の紹介です。
「Sous La Vie」は、ホームレスになってしまった人にも美味しくご飯を食べて欲しいという思いから考案された製品です。
LA発の「BEAT DRUM DIET」は、ドラマーになった気分で音楽に合わせてビートを刻むことで、体を引き締められるという新しいエクササイズ。7月7日(...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
スマートに、愛を持ってこのスキルを身につければ、信頼は勝手についてくる。
私はかつて25年もの間、全日空でCAの仕事に就いていました。国内線、国際線のチーフパーサーとして働き、そのうちの15年間は、天皇皇后両陛下、英国元首相マー...
2017年10月1日、自由が丘にオープンしたチャルダ専門店『La・Cialda』。イタリアのトスカーナ地方で、おばあちゃんがいつも作ってくれるような、懐か...
薄い焼き菓子にチーズやクリームを挟んで食べるイタリアの伝統お菓子「チャルダ」専門店La Cialda〒152-0035 東京都目黒区 自由が丘1丁目25-...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
iPhone7以降、イヤホンジャックがなくなったのを機にワイヤレスイヤホンに乗り換えた人も多いはず。街中でも「AirPods」を使用している人をかなり見か...
30種類のキノコの秘伝スープが決め手六本木にあるキノコだけのしゃぶしゃぶ専門店Shangri-La's secret〒106-0032 東京都港区 六本木...