AVサイトを閲覧するのは、「キモチよくなりたいから」だけじゃない。

人間には、不快感を感じる時、別のことで気を紛らわそうとする癖があるらしい。そうすることで、目の前に横たわる“嫌な事”から避けようとしているのだとか。

これ、「The School of Life」の動画の内容からなんだけど、日常生活のなかで無意識的にやってしまう本質から逃げる行動、そこを3つ抜粋してみた。

01.
 「中毒性」があるものに没頭

例えば、あなたは仕事をしているけれど、行き詰まっているとする。そこでAVを見始める。これは困難であるがゆえに思考をそこから離そうとしている行為。

普段は集中を阻害するような物事でも、不安なことを避けようとする時には触れてしまうものだ。

02.
必要以上に明るく振る舞う

私達は悲しい時、無理に陽気に努めようとしてしまう時がある。ここで一例。ホームパティーなるものを開催した女性だが、心の中で何か気になることがあるのだろうか、無理に場を盛り上げようとして、結局はなかなか会話が進まない。

「楽しんでる?」(相手の腕を掴む)
「ええ」
「良かった。会えて嬉しいわ」
「とても良い会ね」
「でしょ。ありがとう。あなたとても素敵に見えるわ」

03.
相手を否定することに走る

「大学に行かなくて正解だったよ。たくさんの人に会って、『人生の友』に会うこともできただろうけど、でも、年間何十万も払って友達作りをするなんて、効率的にお金を使っているとはとても言えないな」

この男性の「俺は気にしないし、関係がない」というような行為。相手が持っている物や経験を否定しようとする行為。本音として言っているわけではないのだ。自分にはないもので、経験できなかったことだからこそ、相手を否定するような態度をとってしまうことがある。

無意識の行動って、指摘されたり客観的になって見てみないと気づきにくいもの。「自分もやってしまっていたかも…」と、続きが気になる人は動画もチェック。

Licensed material used with permission by The School of Life
人間の脳活動の9割は、無意識での行動に使われています。無意識の使い方次第で人生が決まると言っても過言ではないのです。ここでは、拙著『無意識はいつも正しい』...
無意識というものは、脳の90%を支配しています。「感情」「思考」など意識を司る部分は、脳のたった1割の部分で行われているだけです。だから「無意識」の動きを...
周りのことを考えすぎて自分の気持ちを押し殺していると、いつしか心に負担がどんどんのしかかってきてしまいます。でも、無意識のうちにそうしてしまっている人もい...
脳の90%は無意識、潜在意識という、自分自身で気づいていないものを司っています。感情や思考など、自分で気づける「意識」を司る部分は、脳のたった1割の部分で...
「Google」の開発する「Google Map」が2月6日で15週年を迎え、それを記念した大型アップデートを実施。今回のアップデートで、メイン画面にタブ...