わくわくする可愛さ!自分だけのiPhoneケースならLA発「CASETiFY」

自分だけのiPhoneケースが欲しい!なんて思っている女子にぴったりのLA発テックアクセサリーブランド「CASETiFY」。

同ブランドのiPhoneケース・カバーコレクションは、2色のネオンカラーを組み合わせたバイカラーのものから、動きに合わせてサラサラ落ちるグリッターが入ったものまで様々。モデルの森星さんとコラボしたホロスコープ コレクションや押し花を使ったプレストフラワーケースも忘れちゃいけません。イニシャルや名前を入れることができるから、自分だけのケースですって胸を張ってもいいでしょう。

ちなみに、可愛い見た目によらず頑丈っていうのも推しポイントのひとつ。二重構造になっているので、衝撃を吸収しiPhoneをしっかり守ってくれます。

iPhoneって肌身離さず持ち歩くアイテムと言っても過言ではない!だからこそ、持っていてわくわくするデザイン且つ機能的なものを選びたいですよね。

Top image: © 2018 CASETiFY
「ADcase」はドイツの学生Philip Frenzelさんが開発した、エアバッグのような機能を持ったiPhoneケース。
〈PHILO(フィロ)〉のiPhoneケースは、まさに“なん かいい”ってプロダクトだ。側面に薄いネオンカラーのバンパー。同色のストラップ。背面はクリアカ...
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
電話をしている最中は、誰にも邪魔されたくない!そんな気持ちを代弁する、ブラック・ユーモア溢れるiPhoneケースが登場しました。“ゆるかわ”のくせに超攻撃...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
バークレーやサンフランシスコに続き、9月18日にロサンゼルス市議会が毛皮の製造と販売禁止を決定しました。
効果、効能がどうこうでなく、シンプルに「デザイン」に惹かれました。NY発の美容ブランド「Herb Essentials」です。
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
ブリティッシュパブで味わうチップスとシェイク表参道の裏通りにひっそり佇む隠れ家カフェThe Shake & Chips Tokyo〒150-0001 東京...
〈Apple〉の「Smart Battery Case」は純正だからこその機能を持っています。意外と知らない人が多いけれど、優秀なプロダクトです。
この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...
Fox 11 Los Angelesがそんなフリーウェイの様子をレポートしている動画には、フードトラックが営業を始めて、多くの人が並んでいる様子が映し出さ...
イギリスでこのコーラルピンクのカードを持っていれば、若者は「あっMonzo(モンゾ)を使ってるんだね。どんな感じ?」と声をかけてくるはずです。
だから、彼女たちは「可愛い」のか。
バンクーバーを拠点に活動するCrystal Hoさんは、動物をテーマとしたアイテムを制作しています。時計やトートバッグ、ステッカーなどラインナップは多岐に...
iPhone6のケースを何にしようかお悩みの方へ。選択肢の一つとして検討すべきアイテムを紹介します。シンガポールのoaxis社が開発したinkcase i...
LA発の「BEAT DRUM DIET」は、ドラマーになった気分で音楽に合わせてビートを刻むことで、体を引き締められるという新しいエクササイズ。7月7日(...
原宿を彷彿とさせるポップな色彩に、キュートな電子音。さながら日本のミュージックビデオみたいですが、実はこれ、ロサンゼルスの地下鉄会社が作ったマナー啓発動画...
9月20日にロサンゼルスを拠点にしているアーティストPlastic Jesusが新たな行動を起こしました。
店頭のショーケースに並ぶ食品サンプルが、訪日外国人に人気なのはよく知られている事実。精巧に作られたそれは、お土産として買い求める人も多くいるほど、日本文化...
「肌が黒い」という理由だけでいじめを受けたという、LAに住むKheris Rogersちゃん。最初は泣いて落ち込んでいた彼女ですが、なんと自分のブランドを...