なんかいい「iPhoneケース」。

“なんかいい”とか“ちょうどいい”を伝えたい!

これは『ビー!』のコンセプトでもある。〈PHILO(フィロ)〉のiPhoneケースは、まさに、“なんかいい”ってプロダクトだ。

側面に薄いネオンカラーのバンパー。同色のストラップ。背面はクリアカラー。以上。

ストラップが付いてるっていうのは、今時珍しい。ロングベルトを垂らして、差し色を加えるファッションのこなしに近いかもしれない……とか言いつつ、結局は、直感的にこのカラーリングにビビッとくるかどうかって話だ。

このネオンカラー、なんかいい!

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー!』の記事は、毎日1本公開中です。

「ADcase」はドイツの学生Philip Frenzelさんが開発した、エアバッグのような機能を持ったiPhoneケース。
手元を明るく可愛くしてくれる、LA発テックアクセサリーブランド「CASETiFY」のiPhoneケース・カバーコレクション。イニシャルや名前も入れられる!
Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...