超限定生産「シャビーなiPhoneケース」。

きっかけは今春、自室をリニューアルしようと思ったことです。webで調べながらサビ塗装などを施しているうちに、部屋中がサビサビに(笑)。

他にも加工できるものがないかな、と行き着いたのがスマホケースでした。

家具とは違って、スマホケースのような小物はリアルに加工するのが結構難しく、試行錯誤しました。通常はスポンジでポンポンと着色するところを筆でやってみたり。

その工程をInstagramにアップしたところ、思った以上に反響があり、DMで作って欲しいという声も。完全にDIYなので、1週間にせいぜい3個という生産量ですが……。

こだわりのポイントはいくつかあるんですが、なかでも重要なのが材料の選び。例えばベースとなるケースの色です。

濃すぎると加工が目立たないし、薄すぎると目立ちすぎて汚らしくなってしまいます。洒落たポップな色合いで、濃淡がほどよい感じということで、現在は写真のグリーンとブルーの2色展開に落ち着いています。

実際に使ってみると、こういうシャビーなテイストが好きな方は反応しますね。ただ駅なんかで手に持っていると二度見されたりもします(笑)。

MASATO
音楽関係の仕事をしながら、レザークラフトやサビ塗装をやっています。製作過程はInstagramをチェック

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

〈PHILO(フィロ)〉のiPhoneケースは、まさに“なん かいい”ってプロダクトだ。側面に薄いネオンカラーのバンパー。同色のストラップ。背面はクリアカ...
アメカジ好きなら誰もが感じたことがあるだろう「古着屋のにおい」がついに判明?!
「ADcase」はドイツの学生Philip Frenzelさんが開発した、エアバッグのような機能を持ったiPhoneケース。
何がうれしいって、ケースが2つ付いているところだ。カセットテープのケースは不思議と1つだけじゃ物足りない。2つ以上あってはじめて格好がつく。重ねて置くとい...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。