この「マスク」ではウイルスの侵入は防げない。でも......

withコロナ時代、罹患しないためにも、拡散しないためにも必要不可欠なのがマスク

しかし、欧米では、マスクの着用自体が花粉大国・日本ほどメジャーではない。考え得る要因は2つ。表情が読み取れるはずの口元を覆うことに不快感を覚えること、そして見た目が病院病気というイメージを喚起することだ。

そこで、心地いい装着感と愛嬌を備えたマスクを目指して、デザインスタジオ「hej」「Corona Food Masks(コロナフードマスク)」を考案した。

© hejstudio_/Instagram
© hejstudio_/Instagram
© hejstudio_/Instagram

キャベツラディッキオココナッツトルティーヤにストラップを通して作ったマスクは、化学繊維とは一線を画す柔らかな感触で、私たちを包み込む。

家族や近隣住民をモデルに据えて撮影されたビジュアルは、シリアスな表情ポップなマスクとのギャップにグッと引き込まれる仕上がりに。

「フードマスク」は、私たちをウイルスから完全には守ってくれない。だが、このマスク生活を少しでも親しみやすいものとして捉える一助になるはずだ。

詳細なラインナップはコチラから。

Top image: © hej studio & BERRI Production, 2020
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「経済的な洗えるマスク」「高性能な次世代マスク」「ファッショナブルなデザインマスク」などwithコロナ時代に持っておきたい多様なマスクをまとめて紹介。
「デザインマスク」を専門に扱うECプラットフォーム「MASK WEAR TOKYO」が登場。マスクの着用が日常になりつつある今、ファッションとしてマスクを...
マスクなどにシュッとひと吹きで抗菌・抗ウイルス性をプラスするスプレー「ウイルスボマーfor マスク」が、5月8日まで応援購入サービス「Makuake」にて...
「オークリー」が、アイウェア着用時も顔にぴったりフィットするマスク「MSK3」を発売。空気が上側から出るのを防いで、アイウェアのレンズが曇ることを防ぐ。
いつでもどこでもパパッと振りかけられるタブレットケース型の青花椒「金の太陽花椒」。
世界的デザイナー・山本寛斎のパリコレチーフデザイナーを務めた岩男將史が独立し、1996年に創業した衣装デザイン製作会社「ダダグラム」が作ったメガネに吊るし...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
オーストラリア発、いま世界が注目する紫色したワイン「パープル・レイン(Purple Reign)」
渋谷PARCOに先週7日(日)から「スウォッチ」の新作「ミッキーマウス x キース・へリング コレクション」をフィーチャーポップアップストアが登場。今月2...
「ピップエレキバン」でお馴染みの「ピップ株式会社」が手がけた、たった15分で肩こりを和らげてくれるという磁気治療器「ピップ ジースピナー」が「Makuak...