コロナ禍のおかげで「夫婦円満」に!?

夫婦関係は良くなった?悪くなった?

11月22日の「いい夫婦の日」にちなんで、「明治安田生命」が夫婦をテーマとしたWEB調査を実施。20代〜50代の約1080人に及ぶ既婚者を対象に「夫婦関係に変化があったか」と尋ねたところ、「仲が良くなった」と回答した人の数が、「仲が悪くなった」と回答した人の約3倍に上ったという。

具体的には、「変わらない」が74%、「良くなった」が19%、そして「悪くなった」が6%という結果に。

良くなった理由については、「コミュニケーションの機会が増えたため」が最も多く、実際、平日の会話時間が「良くなった」人が平均140分に対して、「悪くなった」人は平均88分と大きな差があることがわかったという。

ほかには、「一緒に食事をする頻度が増えたため」「支えになる人がそばにいて心強いと感じたため」といった理由も挙げられたという。

同社の広報担当者によれば、「いわゆる“コロナ離婚”も話題になったが、テレワークなどの浸透により、夫婦の会話や食事の機会が増え、夫婦仲が良くなったと実感した人が増えたのかもしれない」とのこと。

いい夫婦の日は、パートナーや家族といつもよりたくさん会話をして、美味しい食事をしてはいかが?

Top image: © iStock.com/nortonrsx
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「夫婦は、生活を共にするもの?」「Your Tango」に寄稿された遠距離婚の経験者、作家でブロガーのビクトリア・フェデンさんのコラムによれば、離れている...
ラブラブな夫婦生活をおくるライターAnjali Sareen Nowakowskiからのアドバイス。読めばやっぱり、単なる“おのろけ”。ところが、まんざら...
「ICONSPEAK」は、39のアイコンがプリントされているのが特徴だ。言葉の通じない場所でもコミュニケーションを取れるようにするために開発されたから、コ...
夫婦関係が悪化する原因のひとつとして、よく「お金の問題」が挙げられます。特に共働きの場合、しっかり話し合わないと後で揉めることにもなりかねません。そこで岡...
「カーボン・オフセット」とは他の場所で節約できる同等の二酸化炭素に資金を提供することで排出量を補う仕組みのこと。ここではカーボン・オフセットの定義や国内外...
「そしてふたりは、いつまでも幸せに暮らしました」と結ばれる、おとぎ話。そんな風に幸せになりたい、とは思っていても、実現するのはそう簡単ではありませんよね。...
イギリスのボリス・ジョンソン首相は、イングランドに住む単身者、または18歳未満の子どもがいる一人親を対象に、現地時間の6月13日から「別の一世帯の家での滞...
愛を知らない一組の男女が、「本当のしあわせ」を見つけるまで。
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」が「コロナ禍での借りて住みたい街ランキング」を発表。
アーティストであるAnnabel Oosteweeghelの「Everlasting」というシリーズは、ある老夫婦の平穏な生活が写し出されている。誰も会っ...
アメリカ生まれの人気調味料「クレイジーソルトシリーズ」に待望のオーガニックが新登場。岩塩をベースにガーリックやタイム、セロリシード、オレガノなど有機ハーブ...
新型コロナウイルスによる感染拡大予防のため、「一家でひとり」の外出が許された3月のマレーシア。ママのメモ書きを手にスーパーへと向かうパパたち。ところが……。
「Australia Post(オーストラリア郵便公社)」のキャンペーン「Dear Australia」は、コロナ禍の体験を後世に伝える「手紙プロジェクト...
ドイツの家具メーカーによるコロナ禍のブラックユーモアたっぷりなCM。「今ならベッド購入で9ヵ月後、もれなくベビーベッドも贈呈します!」の意味するところとは?
長年寄り添えば寄り添うほど、良くいえば落ち着く、わるくいえばマンネリ化するのが夫婦関係というもの。でもそんな日常の中に必ずあって欲しいのは、ふたりの愛を二...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
新感覚ナイトエンターテインメント「泊まれる演劇 In Your Room 『ANOTHER DOOR -ホーリーシーズン-』」が2020年12月15日(火...
性別におけるファッションの垣根の撤廃が、さらに加速した2020年。『TABI LABO』で紹介したユニセックスなウェアをあらためて振り返ろう。
夫婦円満の秘訣は互いに「平等」であること。現代社会においては、夫が稼いで妻は内助の功に徹する、なんて構図の方が珍しいくらいです。じゃあ、掃除や洗濯、料理に...
夫婦2人の出版社「アタシ社」は、神奈川県逗子市にあります。ミネシンゴさんは美容文藝誌『髪とアタシ』の編集長、三根かよこさんは30代向け社会文芸誌『たたみか...
苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いっ...
世界にはさまざまなカップルがいますが、Eser Aksan ErdoganさんとVolkanさんはパイロットとして働く夫婦。ふたりとも別々に世界各国を飛び...
結婚したら、次は子ども…なんてステレオタイプなイメージは未だに根強くありますが、子どもを持つかどうかは夫婦にとっても重大な選択。経済的に難しいと考える夫婦...
ある夫婦のペアルックが世界中で話題になっている。ペアルックのコーディネートを楽しんでいる「bonpon511」さんは正真正銘のご夫婦。bonさんが旦那様で...