世界を旅するパイロット夫婦に聞いた「円満」の秘訣

世界にはさまざまなカップルがいますが、Eser Aksan ErdoganさんとVolkanさんはパイロットとして働く夫婦。

ふたりとも別々に世界各国を飛び回る多忙な日々ですが、時間を見つけては一緒に旅行をして、その様子をInstagramにアップ。たちまちフォロワーは6万人になり、人気のカップルになりました。

写真の美しさはもちろん、ふたりが注目されているのは、既存の「夫婦像」に縛られない、お互いに独立した関係性を確立しているからかもしれません。

妻のEserさんに伺った話を中心に、愛情あふれた毎日を送るふたりを紹介しましょう。

01.
ふたりは
どうやって出会ったの?

「私がVolkanと出会ったころ、彼はフライトスクールを卒業して飛行機に乗り始めたばかりだったわ。はじめにFacebookでコンタクトを取ってくれたのは彼のほう。チャットで少し話をして、すぐにデートしたの。その時点で私はもうVolkanのことが大好きになっていたわ。5年以上前のことだけど、今も私は彼に夢中よ

そしてふたりは、2015年に結婚。

02.
結婚生活は、どう?

夫婦2人ともパイロットだと、結婚していてもなかなか顔を合わせることができないのではないかと思ってしまいます。月にどれくらい会って、どのように計画して旅行に行くのでしょうか?

「私たちは別々の航空会社で働いているから、頻繁に会うのは難しいわね。玄関で1分だけ一緒にいるようなことも珍しくない。私は1ヶ月のうち3週間は飛行機に乗っている。残りの1週間は休みだから、Volkanの休暇とタイミングが合ったときは計画を立てて、一緒に旅行に行くの。でも実際は、予定を変更しなくちゃいけないときもたくさんあるわ」

03.
寂しいと思うことはない?

「なかなか会えないからこそ、生き続ける関係ってあると思うの。もちろん、私たちふたりの関係は完璧とは言えないかもしれない。それでも私は今の生活を選んだことに何の後悔もないわ」

04.
結婚して良かったと
思うことは?

私はこの5年間Volkanと一緒にいて、一度も彼を疑ったことがないの。たとえ離れていても私は彼のことを心から信じているし、そんな人と一緒に人生を歩んで、いろんな場所に旅行に行けることは幸せね」

05.
カップルがうまくいく
秘訣はなんだと思う?

「お互いにすれ違うことってたくさんあると思うの。私も彼と初めて旅行に行ったときはトラブルの連続だったわ。でも諦めないで、お互いのことをよく知るように努力して、自分自身とパートナーが本気で好きなものを見つけて、支え合っていくことかしら。あと、一緒にいる時間が多いカップルも少ないカップルも、スマホばかり見ていないで、ふたりでいられる時間をしっかり楽しんでほしいわ」

Licensed material used with permission by Eser Aksan

関連する記事

オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
「夫婦は、生活を共にするもの?」「Your Tango」に寄稿された遠距離婚の経験者、作家でブロガーのビクトリア・フェデンさんのコラムによれば、離れている...
11月22日の「いい夫婦の日」にちなんで、「明治安田生命」が夫婦をテーマとしたWEB調査を実施。約1080人の既婚者を対象に「夫婦関係に変化があったか」と...
ラブラブな夫婦生活をおくるライターAnjali Sareen Nowakowskiからのアドバイス。読めばやっぱり、単なる“おのろけ”。ところが、まんざら...
見た目は靴下のようでいて、靴に劣らずタフで多機能。「Makuake」にて先行販売を開始したシューズ「Skinners2.0」。
「そしてふたりは、いつまでも幸せに暮らしました」と結ばれる、おとぎ話。そんな風に幸せになりたい、とは思っていても、実現するのはそう簡単ではありませんよね。...
ヨーロッパでポピュラーなLCCのひとつ、ライアンエアーには、世界中から注目されているパイロットがいます。彼女の名は、マリア・ペターソン。Instagram...
、多くが新社会人になる2022年卒大学生たちの考える「選択的夫婦別姓」についての調査結果が今月上旬に株式会社「マイナビ」から発表された。
夫婦円満の秘訣は互いに「平等」であること。現代社会においては、夫が稼いで妻は内助の功に徹する、なんて構図の方が珍しいくらいです。じゃあ、掃除や洗濯、料理に...
オーストラリア人の高校生、Jade Eslerさんは、3年前にカップケーキ専門のビジネスを開始しました。すべてはパイロットになる夢を叶えるため。16歳にな...
こんな時代だからこそ紹介したい、イギリスの研究チームにより明らかになった「勤務時間とメンタルヘルスの関係」を示した研究結果。
愛を知らない一組の男女が、「本当のしあわせ」を見つけるまで。
旅には、人生が凝縮されています。
結婚したら、次は子ども…なんてステレオタイプなイメージは未だに根強くありますが、子どもを持つかどうかは夫婦にとっても重大な選択。経済的に難しいと考える夫婦...
Netflixでおすすめ! 恋愛がしたくなる「Netflixオリジナル作品の映画」を紹介。『マリッジ・ストーリー』『マーダー・ミステリー』『いつかはマイ・...
同棲や結婚の先に陥りやすいのが「倦怠期」です。以前のようにトキメキがなくなったり、近くに居すぎてデートをする気にもならない。一体いつからこうなってしまった...
自分自身が幸せにならなければ、誰かを幸せにすることなんてできないものです。だからこそ、自分が不安定なときに始めてしまった恋愛は、なかなかうまくいかないのか...
アメリカペンシルヴァニア出身の男性とフィリピンマニラ出身の女性の国際遠距離恋愛カップル。どうせなら海外で会おう!と世界各国で再会してはキスショットを撮る試...
円満なカップルは、「正直に伝えること」と、「秘密にすること」の線引きがうまいのかもしれません。なぜだかいつも、恋人との関係をダメにしてしまうという人は、参...
2015年に設立した「Wingly」は、パイロットと飛行機に乗りたいと考えている人をつなげるサービスを展開中だ。
61歳の女性Cecile Eledgeさん。彼女には同性のパートナーを持つ息子がいて、息子夫婦は子どもを望んでいました。これを聞いたCecileさんは、養...
『バチェラー・ジャパン』シーズン2に出演し、「肉食バイヤー」と紹介されていた桃田奈々です。自己紹介、恋愛、仕事、美容、旅というテーマで5回にわたりコラムを...
結婚したら恋愛は終わり?いつまでも関係が冷めずに恋人同士のような夫婦になる秘訣を「Power of Positivity」が紹介しています。大切なことはた...
カナダ・バンクーバーアイランドから10分ほど船に揺られると、「Freedom Cove」と名付けられた、おもちゃのようにカラフルな家を見つけることが出来ま...
初めて飛行機に乗ったとき、どうしても窓際の席に座りたかったことを思い出しました。それほどまでに、空からの景色は非日常的で美しいもの。でも一番の特等席は、普...
アメリカで活動するイラストレーターのPatsy Chenさんは、旦那さんのRayさんと飼い犬のFifiとの日常をマンガ化して、その和む夫婦のやりとりと、ワ...
夫婦2人の出版社「アタシ社」は、神奈川県逗子市にあります。ミネシンゴさんは美容文藝誌『髪とアタシ』の編集長、三根かよこさんは30代向け社会文芸誌『たたみか...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
優しいけれど、いまいち何を考えているのかが分かりづらい年上男性。そんな彼との恋愛を成功させるには、微妙な心理を把握するのが一番の近道です。ここでは年上男性...