屋根の「鬼瓦」を室内に。柔軟な姿勢で伝統文化を守る。

「伝統文化の継承が危惧されている」、近年はそんな話をよく耳にする。要因はさまざまだろうが、この記事のテーマとなる「鬼瓦」は、生活様式が多様化したことの影響を色濃く受けていると言えるだろう。僕を含めて人々の一戸建て志向は薄れているし、仮に建てたとしても洋風の家がほとんどだからだ。

こうした状況に直面したとき、伝統を絶やさないために取りうる選択肢は2つだと思う。頑なにスタイルを貫くか、もしくは、人々のライフスタイルに合わせて、カタチを柔軟に変化させていくか。

ここで紹介する「鬼瓦家守」は、後者に該当する取り組み。本来は屋根に飾られていたそれを、室内へと持ち込んだ。

鬼に守られて、暮らす。

そもそも鬼瓦は、家に寄る邪気を祓い、そこに住まう家族を守る役割を持ったもの。シーサーや狛犬などと同様に、魔除けのような存在だ。

ただ、たしかに必ずしも屋根の上でなくてもいいかもしれない。そう考えると、マンションであれ、洋風住宅であれ、住宅様式がどのように変化しても、「守り神」としての役割を担い続けることができる。

「鬼師」によって
顔の雰囲気が異なる

鬼師とは、伝統の製法によって鬼瓦を生み出すことができる、誇り高い職人の肩書き。「鬼師の個性が鬼面に宿る」と言われるほど、どことなく作り手に似た雰囲気を持つ点も愉しみの一つなのだそう。

土を自在に操り、幾多のへらを使いこなす。その姿はまるで、鬼を作り出す“鬼神”のよう。

選ばれし9人が、魂を分け与えるような気持ちで丹念に仕上げる「鬼瓦家守」。価格は26,000円で、桐箱入りだと28,000円(ともに税別)。それぞれの作り手のストーリーは、HPに綴られているのでぜひチェックしてほしい。

瓦を使わない住宅でも「一家に一鬼」。そんな日が訪れることを願い、鬼師たちは今日も無心で鬼を彫り続けているはずだ。

Licensed material used with permission by onigawara iemori

関連する記事

「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
「文化の盗用」とは、異文化にインスパイアされた取り組みをするときに起きているトラブルのこと。「文化の盗用」となるか否かのボーダーラインは実に曖昧です。この...
1000年以上も前から続く伝統的なタトゥーを引き継ぐのは、カリンガ州にあるブスカラン村に住むWhang Odさん。100歳になる世界最年長の彫り師であり、...
海外における日本の伝統文化「金継ぎ」とは。欠けた器を漆で接着し、金で装飾して使い続ける手法は海外でも注目を集めており、今や世界で独自の発展を遂げています。
オートミールの種類や加工法から、美味しい食べ方、アレンジ料理まで。元祖スーパーフード「オートミール」について詳しく!
1970年代、アメリカからイタリアに伝えられたチアリーディング。イタリアの伝統的なマーチングバンドと結びついて発展を遂げ、いつしかイタリア独自の文化へと姿...
京都の伝統工芸・西陣織を使ったマスクを「renacnatta」が先週24日から販売。ポリエステルの糸で織られ、絹の西陣織より扱いやすい生地は水や摩擦に強い...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
2021年3月27日(土)の20時30分から、世界最大級の消灯アクション「EARTH HOUR」が実施。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...