1,300年の畳文化の流れを変える「デザイナーズ畳」

畳の歴史が、いま変わろうとしている。

京間や江戸間など地域によって若干のサイズの違いはあった。しかし、そのカタチは一定して長方形だった。ところが、この畳は複雑なカタチをしている。

国宝・重要文化財を含む200以上の寺社仏閣より培われた伝統技術を元に、これまで不可能とされていた変形加工を実現したのが「XT(エクスティー)」。いわば、デザイナーズ畳ともいえるべきプロダクトを紹介しよう。

ベースとなるのは
伝統技法による「本物の畳」

82df0033813548e0f18b21bdd181c1b71329169c

複雑なカタチの畳を生み出したのは、畳の専門店「草新舎」。職人の手仕事により、希少な天然素材を一つひとつ丹念に編み込む伝統的な畳づくりを継承してきたそうだ。

寺社仏閣や旅館などから多くの特注畳を受注生産してきた経験は、「XT」の随所に活かされている。例えば、採寸技術や割付技術は、1cm刻みで応えられるレベルなのだという。伝統技法をしっかりと抑えているからこそ、自由なデザインが可能になったのだ。

畳を変形させるという
新しい視点

35d92623be26db61a8dff21d9ee4d63aaff7b423

あたり前だが、どんなに複雑なカタチをしていても、つなぎ目がうまく合わされなければ、畳としては機能しない。しかし、「XT」を見ていると、まるで、完成した畳を刀でスパッと切断したような印象を受ける。それほどつなぎ目が鮮やかなのだ。

畳のつなぎ目を見て、ジグゾーパズルを連想したのは僕だけではないハズ。複雑なデザインを実現させたのは、コンピュータのアルゴリズムを応用したおかげなんだとか。その結果、このような複雑なカタチでも、きちっと合わさる離れ技ができたようだ。

合計4パターンのデザイン

B8a7c8fe18d70da97a1a77a79c6d6dae27f016bb

VORONOI -ヴォロノイ-

デザインは、ヴォロノイ、翁草(おきなぐさ)、思草(おもいぐさ)、眩草(くらら)の計4パターン。いずれも、縁無しの畳となっている。縁の模様がない分、スタイリッシュな印象が強くなっているのかもしれない。これなら、和室だけでなく洋室にも相性がいいハズ。

それにしても、どのデザインも、一瞬、畳とは思えない印象だ。あるいは、和にも見えるし、洋とも感じられる不思議な空間が出来上がる。まさに、和洋折衷とは、このコトなのかもしれない。

これらの少し歪んだ曲線の畳の上に座れば、直線的な思考を離れて、禅や哲学、さらには、人生について考える時間が増えそうな予感がする。

7aecb103831cdc95c53591761a937cb9b1edf023

OKINAGUSA -翁草-

42661dc26090e310548d1690a56e2c759cd24afe

OMOIGUSA -思草-

87c72a25cbcb1896a7477ff05f53447cdae1b6c2

KURARA -眩草-

各製品は完全受注生産。注文状況によっては、納品まで時間がかかる場合もあるようだ。しかしながら、国内海外問わずに商品は届くとのこと。詳しくは、公式サイトをチェックしてみよう。もしかしたら、この畳、海外から火がつくかもしれない。

Licensed material used with permission by XT(エクスティー)
畳の縁の部分「畳縁(たたみべり)」で作られたバッグを、ご紹介します。
この街には、鴨川納涼床が楽しめる三条大橋店と、全面ガラス張りで六角堂を目の前で眺められる烏丸六角店の2つのコンセプトストアがある。けれど、これらとはまた違...
畳に使われる「いぐさ」が実は食べられるってことを知っていますか? 食物繊維はレタスの約60倍で、お腹の環境を整えるのに抜群の効果を発揮してくれるそうです。...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
河南省は、中国古代文明の発祥地の一つとして知られている地域。その山間に近代的なデザインの建築物が誕生した。『The Shaolin Flying monk...
ホテル?美術館?こんなモダンなデザインの建築物を見たら、そう思ってしまうのは、僕だけではないはず。これが、刑務所と知った時、絶句してしまった。
2016年7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計...
この家、外から見るとなんだか小さくて狭そうですよね。実際、床面積はたったの18㎡(約9.8畳)。でも中に入ってみるとびっくり、とっても快適な空間が広がるタ...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
1970年代、アメリカからイタリアに伝えられたチアリーディング。イタリアの伝統的なマーチングバンドと結びついて発展を遂げ、いつしかイタリア独自の文化へと姿...
「こもれびうちわ」は、障子に映った木の陰をモチーフにして作られたもの。一見、シンプルな普通の白いうちわに見えますが、光にかざすと木の葉シルエットが浮かび上...
自然と調和して暮らしたい(しかも、快適性も担保しつつ…)。そんな住宅がついに登場! なんとこの家、水に浮かんでいるらしいんです。水面にポッカリ浮かぶデザイ...
これは、米・フロリダ州キーウエストに建設される海底ホテルです。すでに認可を受け、300万ドル(約3億6,500万)の資金を調達中、集まり次第着工し4ヶ月ほ...
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
カンボジアでは、20数年にも及んだ内戦とその後の混乱により、たくさんの人が傷つき、文化や財産が失われました。伝統的な絹織物も、そのひとつ。カンボジアのNG...
青梅ではなく完熟梅を使ってつくる自家製のポン酢。今の時期だけのおたのしみ。
1000年以上も前から続く伝統的なタトゥーを引き継ぐのは、カリンガ州にあるブスカラン村に住むWhang Odさん。100歳になる世界最年長の彫り師であり、...
青い空と、エメラルドグリーンの海。最高に決まってる。それだけで「今年の夏も、いい思い出ができたな」なんて思ってしまいます。もちろん、海外旅行で特別な時間を...
伝統工芸の技術をいかし、竹で作った「Hazang」は、控えめだけれどモダンなデザインで、お部屋の内装を問わず、いい音を届けてくれます。スマートフォンやタブ...
「伝統文化の継承が危惧されている」、近年はそんな話をよく耳にする。要因はさまざまだろうが、この記事のテーマとなる「鬼瓦」は、生活様式が多様化したことの影響...
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
あえて、「虫食い穴」を楽しみたい。