消えゆく文化の中で育まれる、イタリア独自のチアリーディング。

1970年代、アメリカからイタリアに伝えられたチアリーディング。イタリアの伝統的なマーチングバンドと結びついて発展を遂げ、いつしか同国独自の文化へと姿を変えていきました。

トスカーナのドキュメンタリーフォトグラファーAgnese Morgantiさんは、外国から入ってきた文化が自国に馴染み、独自の文化として根付くまでの変遷を知る人々にスポットを当てた写真を撮影しています。

イタリア人女性の表現の場

アメリカからチアリーディングが伝えられて以降、イタリアでは25歳までの女子が地元のジムやダンススクールでチームを組み、練習を始めるようになりました。アメリカ式チアの方法に加え、体操やダンス、バトンなどを組み合わせ、イタリア独自の「マジョルテ劇団」として発展していきました。

マジョルテ劇団に属する女性たちは、祝典や町のお祭などを自らの表現の場として、日々の練習の成果を発表しています。

Agnese Morgantiさんのプロジェクトは、今消えつつあるイタリアのマジョルテ文化がどのように形成されたのかを現代のイタリアの文脈で再構成し、新たな参加者を募ってマジョルテ劇団の文化に再び息を吹き込むことを目的としています。

そこには、既存のダンスと自由な自己表現が。軍事的な規律の中で育まれた文化をよく知る人々の言葉を語り継ぎ、今後もひとつの伝統として残せるよう、写真とビデオ、オーディオインタビューのほか、イタリアのマジョルテに関わる人々の生活を描写するマルチメディアフォトブックを作成しています。

Agneseさんに、このプロジェクトを通してどのようなことを感じているか聞いてみました。

チアリーディングが伝えられる以前、マーチングバンドはイタリアのそれぞれの地方で大切に育まれた文化でした。

音楽は老若男女に関係なく、強いコミュニティ感覚を形成するのに役立ちます。そこにチアリーディングが導入され、バトンや体操などと組み合わさったことにより、華やかな文化のひとつとなりました。今、私はその文化を再構築するプロジェクトを進めています。

マジョルテ劇団は子供から若い女性まで、さまざまな年齢の女性と少女から構成されています。彼女たちは家族や姉妹のような意識でチームを育んでいるのがとても特徴的。この文化が今後も残り続けていくように、活動を続けていきたいんです。

文化は生まれるだけではなく、それを受け継ぐ人がいてはじめて成立するもの。長い歴史の中で消えていく文化から、独自の発展を遂げるものもあります。

今後もマジョルテ文化がひとつの大切な遺産として残るために、このプロジェクトの記録と発信の力が求められているんじゃないでしょうか。

Licensed material used with permission by Agnese Morganti
ジャマイカ発祥の「レゲエ音楽」が登録されました。ユネスコは、ボブ・マーリーやジミー・クリフに代表されるピースフルな音楽が、多くのアーティストにインスピレー...
50年以上に渡ってカメラを握り続けてきた、アメリカのベテラン写真家Charles H. Traub。長いキャリアでも氏の傑作と呼ばれる作品を紹介します。4...
イタリア関連のドキュメンタリーなんかを見ていると、未だあの国のイメージは「食べ物」や「歴史的な建築物」なのだろうと思う。が、壮大な自然も見逃せない。And...
エチオピア・ナミビア・ケニア・インド・中国の部族を探し求めて旅をする写真家のTerri Gold。彼女は、現代に残った「ごくわずかな伝統」を目にしてきた。...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
宮﨑駿監督のアニメーション作品が大好きだという外国人フォトグラファー。彼がつくりあげる世界観は、私たちの世界をまるで別世界に変えている──。
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
イタリアのローマで生まれ育ったAlessio Trerotoliの雨の日の写真。彼にとって、滅多に雨が降らないローマでの雨は、特別な日だったそう。憂鬱な気...
JR埼京線・武蔵野線「武蔵浦和駅」から1分ほど歩くと「イタリア」が見えてきます。イタリア風の建物がある、といった子供だましではありません。ヨーロッパ野菜を...
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
イタリアにはたくさんのピザ専門店「ピッツェリア」があります。この記事で紹介する地図「Best Pizzas in Italy」には、イタリア版ミシュラン「...
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
日常のなかで、お皿やカップを割ってしまえば、捨ててしまうのが当たり前。でも本当にそれでいいのだろうか。
イタリア人の「おいしい」の表現方法は、じつに多様。さすがほめ上手な国民性ってところでしょうか。
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
人口が4,000人以下の集落に移り住んだ人には10年間税金を免除すると発表しました。
日本とイタリアの国交樹立150周年にあたる2016年。日本文化(着物地)とイタリア文化(シルク)を融合させた「リバーシブルスカート」をメインアイテムとする...
イタリアの「Acquetico」という村には約120人が暮らしていて、その一部の人が車のスピードの出し過ぎに対して不満を打ち明けたそう。ということで、試験...
いま、日本の「風呂敷」にインスピレーションを得たシューズが、国内外で密かなブームを呼んでいる。これは、イタリアのVibramから登場した、その名も『FUR...
世界中に隠れた美しさを求めScarlett Hooft Graaflandは、旅をしながら絶景を撮影し続けている。彼女の写真は一切加工はしていないのだけど...
歴史に名を残すバイオリン製作者のアンドレア・アマティやガスパロ・ディ・ベルトロッティと同じく北イタリアで生まれたLeonardo Frigo。彼は、幼い頃...
開発を手がけたイタリア企業「Banale」の社員は、いま購入できるネックピローのほとんどに満足感を得られず、他のシーンでも使えるようにと、このトラベルグッ...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...