夢をあきらめる時、多くの人が口にする「16の言い訳」

人が夢を諦めてしまう瞬間って? そんな疑問を視覚化したイラストが話題です。一見ネガティブにも見えますが、反面教師にすることで挫折を回避するためのヒントとして役立つかもしれません。

01.
結果を急ぎすぎた

スクリーンショット 2015-09-24 10.30.34

02.
自分を信じられなくなった

スクリーンショット 2015-09-24 10.30.45

03.
過去から抜け出せなかった

スクリーンショット 2015-09-24 10.31.21

04.
クヨクヨ悩みすぎた

スクリーンショット 2015-09-24 10.31.46

05.
未来が怖くなった

スクリーンショット 2015-09-24 10.32.15

06.
変化を受け入れられなかった

スクリーンショット 2015-09-24 10.32.28

07.
力尽きた

スクリーンショット 2015-09-24 10.32.38

08.
読みが甘かった

スクリーンショット 2015-09-24 10.32.50

09.
社会への責任を感じた

スクリーンショット 2015-09-24 10.33.04

10.
達成への欲求よりも
未来への恐怖心が勝った

スクリーンショット 2015-09-24 10.33.19

11.
何ができるのか
はっきりさせていなかった

スクリーンショット 2015-09-24 10.33.35

12.
失うものが頭にちらついた

スクリーンショット 2015-09-24 10.33.45

13.
無理して頑張りすぎた

スクリーンショット 2015-09-24 10.34.00

14.
抱えている問題を
個性だと勘違いした

スクリーンショット 2015-09-24 10.34.08

15.
失敗を
引き返すサインだと認識した

スクリーンショット 2015-09-24 10.34.20

16.
自分の存在を
可哀想だと感じた

スクリーンショット 2015-09-24 10.34.30

Licensed material used with permission by Captain Scoop

「だって~」「でも~」「どうせ~」「〜だから」…このようにDがつく言葉が口癖だというアナタは注意してください。なぜなら、この前後につく言葉は決まって「言い...
「自分には○○がないから(○○を持っていないから)できない」といって、「リソース(資源)不足」を言い訳にしていませんか?そういった逃げを積み重ねると、大き...
一度きりの人生。夢を叶えられるかどうかは、あなた次第です。そして、その夢に向かって努力する過程で必要なのが、何よりポジティブな心構えだと教えてくれるのは、...
人生には辛いことや苦しいことがつきもの。それを乗り越えることが大事とわかっていても、ついつい言い訳をして逃げてしまうことも。例えば、こんなセリフを知らず知...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
想像していたテイストと違ったんです。ビックリしちゃいました。
どれだけ頑張っても内容を思い出せない「夢」。結構モヤモヤしますよね。でも、夢を記憶に定着させる方法があるみたいですよ。
バレエダンサーとして数々の公演をおこなってきたAesha Ashさん。現在はフリーランスとなり、社会的な活動をしている。それが「The Swan Drea...
「人は易きに流れる」とはよく言われることですが、つい自分に言い訳をして楽な選択をしがちですよね。それもそのはず。“できる理由”よりも“できない理由”を探す...
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
よく夢を見る人は、イコールよく夢を覚えているってこと。ライターJulia Guerraさんがこの記事で、以下のように分析していた。レム睡眠中はよく見る、チ...
仕事、会社、結婚、住まい…。自分の人生は、本当にこのままでいいのだろうか?30代になると、そんな不安が一気に押し寄せてくるもの。ここでは、書籍『30代のあ...
いつでも未来にワクワクしていたい。だけど忙しく働く日々の中では、どうしても自分の可能性を、信じられない時もあって。だからこんな名言が、みなさんの体のどこか...
幽霊が夢に出てくる…自分に何か取り憑いているのではないか? と勘違いしそうですが、意外にも幽霊は自分の強い気持ちを示します。しかしそれは、ポジティブな気持...
神戸風お好み焼きの特徴は、牛すじをこんにゃくと一緒に甘辛く炊き上げた「ぼっかけ」を使っていること。もともと神戸牛や但馬牛などの畜産が盛んだった近畿地方で、...
オーストラリア人の高校生、Jade Eslerさんは、3年前にカップケーキ専門のビジネスを開始しました。すべてはパイロットになる夢を叶えるため。16歳にな...
夢マニアなら、「夢での出来事とは現実で起こりえることの予測ではない」なんて常識。「Elite Daily」のライターAnnakeara Stinsonさん...
前はもっと“惚れやすかった”と思うのは、想いを誤魔化すのが、上手になったからかもしれないね。たとえば、こんなふうに。
夢を見たときの朝。なんとな〜く覚えているものの、“夢の記憶”がどんどん霧に覆われていくように徐々に忘れていってしまう。でも、それが幸せを感じるものだったら...