忙しさを言い訳にしない。やりたいことを実現させる心得8つ

どんなに忙しかろうと、やりたいこと、夢を叶えることより重要なタスクなどないはず。ところが、日々の生活や仕事に追われていると、実現させるための時間の確保も、向き合い方も忘れてしまうというのがライターの主張。

問題は、その原動力をどうキープし続けるか?ですよね。やりたいことを実現させる彼のモチベーションコントロールが「Elite Daily」でバズってました。

01.
本当にやりたいのか?
ジブンの本気度を再確認

好きでもない仕事に時間を奪われて、やりたいことに手を付けられない…と、いまの生活に不満を抱えている人もいるはず。でも苛立つ前に考えてほしいのが、それが「本当にやりたいことなのかどうか」です。

その夢を実現させるために本気で頑張るのか、正直そこまでの情熱はないのか。冷静に考えて、行動に移すかどうかの決断をせねばなりません。

そして一度「やる!」と決意を固めたなら、仕事を辞めなくても、不思議と時間を作り出せるもの。本気なのかどうか、これを見極めて決断を下すことが大切です。

02.
夢はできるだけ熱く語る

モチベーションを上げるもっとも効果的な方法は、周りに自分の夢を伝えることです。どんなことをしたいと思っているのか、友人に伝えてみましょう。「そういえばあいつ、あんなこと言ってたな」と印象づけておくと、有益な情報があなたの元へ次々と入ってくるでしょう。

また、少しでも何かを達成したらSNSに投稿してみてください。フォロワーからの励ましや激励は、モチベーションアップに繋がるでしょう。

03.
重要度の低い仕事は
思いきって「切り捨て」

職場で無駄な時間を過ごしていませんか?振り返ってみると、意外とぼーっとしていたり、人のゴシップで盛り上がったり、長めの休憩をとったり、重要ではないメールや電話に時間を取られていたりすることに気づきます。

タスク毎に優先度をつけて、それを順にこなしてしまいましょう。またメインのプロジェクトに全力を注いで、緊急度や重要度の低い仕事は思いきって無視することも大切。仕事を取捨選択できるようになれば、もっと早く片付き、自由な時間を確保することができるはず。

04.
平日=ざっくり
土日祝=みっちり細かく
目的は曜日ごとに仕分け

「忙しすぎて取りかかれなかった」「時間がなかった」。多くの人が使う言い訳です。でもきちんとスケジュールを管理すれば、時間は捻出できる!

まずは時間を管理するところから始めましょう。平日は、大まかな計画を立てるくらいでOK。仕事後の時間はそこまで多くないかもしれませんが、大まかにでもやることを決めることで、スキマ時間を無駄にせずに済むからです。

そのかわり、休日は勉強の予定を詳細に計画を立ててください。もちろん、趣味に使う時間もきちんと確保して。

05.
1日15分、それを毎日。
スキマ時間を有効活用

夢はえてして、一朝一夕で達成できるものではありません。スポーツに例えるならば、短距離走ではなくマラソンのようなもの。だから、やりたいことを一気に詰め込んでやるのはやめましょう。

例えば「パンを焼く」だったら、食材を購入して、パンを実際に焼いてみて新しいレシピを研究して、…ということを一日でやりきる必要はありません。

時間がかかることだって、スキマ時間に少しずつ取り組めばいつのまにか終わります。毎日一歩ずつ進んでいくと、いつしかそれが大きなステップになっているでしょう。

06.
仲間を巻き込んで切磋琢磨

あなたと同じ情熱を持つ仲間を探しましょう。周りにそんな友人がいない場合は、セミナーなどに参加してみても良いかも。そこで仲間や知識を得ることで、自由な時間をさらに活用できるようになるでしょう。

誰かと一緒に学んでみると、ひとりで学んでいた時とは比べ物にならないくらい効率が良くなることに驚くはず。

07.
のまれずに乗りこなす
インターネットを活用

インターネットは限られた時間の中で、たくさんの情報を得るのに適したツール。料理からヨガ、Webデザイン、音楽まで、様々な分野のサイトが数多く転がっています。なかでもYouTubeは、学校へ学びにいく時間がない人にとっては最高の情報源にも。

08.
餅は餅屋。
その道の専門家を探す

オンラインショップを運営したり、大掛かりな誕生日会を開いたり。もしあなたのやりたいことが大規模なものなら、誰かにお願いしてみるのもひとつの手。

例えば、フリーランスが集まるサイトを覗いてみたら、素晴らしい仕事をしてくれる専門家たちを見つけることだって。誰かと協力することで、ひとりできなかったことを短時間、かつ高クオリティに仕上げることができるでしょう。

仕事を辞めることなく、夢に向かってできることはたくさんあります。「忙しくて何もできない」という考えに縛られることなく、どうすればできるのかを考えながらトライしてみてください。はじめの一歩さえ踏み出せば、可能性は無限大です。

Licensed material used with permission by Elite Daily
生産性を高めるために早起きして仕事したことがある人は多いと思う。それを継続できたかどうかはさておき。もともと、早起きが得意な人であればいい。ではそうでない...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
仕事漬けの毎日を過ごしていると、ふと何のために働いているのかわからなくなってしまうときがありますよね。毎日が忙しすぎて、大切なことを見失っているということ...
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
2019年、月からのHDライブ中継が見れるかもしれません。Vodafone GermanyとNokiaは宇宙開発企業PTScientists社とコラボし超...
目の前のタスクに必死になり、帰宅後はクタクタ。そのままベッドに横たわり、つい寝てしまう…。もしも、ただただ忙殺されているとしたら、この記事をヒントに「忙し...
日々の業務に追われて、手をつけることができない…と、スキルアップのための勉強や資格の取得を諦めていないでしょうか。『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者...
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
『やらなくてはいけないことリスト』を作っている人は多いでしょう。でも実は『やりたくないこと』が大切。何がやりたくないのか自分自身が知らないから。あなたの夢...
以前TABI LABOでは、世界中の成功者たちが朝の8時前にしていることをまとめた記事を紹介しました。ナイキのCEOマーク・パーカーは朝にヨガをし、ディズ...
毎日の生活のなかで、思ったより結果が出ず、スランプに陥っているように感じていても、まだ諦めないでください。ひょっとしたら、あなたが自然にしていることが、大...
心と体を美しく保ち、仕事もやりたいことも全うしたい、と願うあなたへ美人で仕事もできる人がいる。 そんな人に出会った時、両方を実現するなんて「私とは違う特別...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
人によって働く意味は様々。正解も不正解もありません。しかし、働く女子がいずれ直面するのが結婚や出産といったライフイベント。働く意味が変わってきたり、働くこ...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
コンサルティング会社に勤め、のべ3,000人以上の成功者を近くで見てきたそう。世で成功をつかんできた人たちの多くは、占い師との交流があったと言います。間接...
このコラムでは、ここ数回に渡り、どんなこともビジネスにできるビジネス脳を持ってITを使った業務の効率化で働く時間を半分にできれば「自由に働き方を選べる...
私たちは、しばしば物事を前に進んでいないのにも関わらず、全力で車輪を回すことだけに労力を割いている時があります。ライターJustin Gammillの表現...
グローバル経済の時代、「働き方」も目まぐるしい変化を遂げている。ブルーカラーのみならず、ホワイトカラーの労働までもが国境を越えるようになった。この先も、自...
「自分には○○がないから(○○を持っていないから)できない」といって、「リソース(資源)不足」を言い訳にしていませんか?そういった逃げを積み重ねると、大き...
「会社のみんなで飲みに行こうよ」と誘われた時、どうしていますか?行く?行かない?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、働く女子...