どんどん目標を実現していく「女性」が意識している5つのこと

成功している女性を横目で見て、「はぁ、私なんて...」と、自分の可能性を低く見積もっていませんか?しかし、目標をクリアできたときの達成感は、努力さえすれば誰しもが体験できるものなのです。

今回は、Minda Zetlinさんが「Inc.」にて紹介していた「成功している女性が意識している5つのこと」を読んでみてほしいと思います。主に、女性のキャリアップについて詳しい、Jill Griffinsさんの著書からまとめられています。

01.
一度「やる」と決めたら
貫き通す

Jill Griffinsさん著の『Earn Your Seat on a Corporate Board』には、こう書かれています。

「自分のブランドを作りたいのであれば、何を重要視したいかを常に明確にしておくこと。優先すべきものがクリアであれば、どういうスタンスで取り組めばいいのか、自分が世の中に対してどんな貢献ができるのか、また何を持って目標に突き進めばいいのかに迷うこともないでしょう」

時と場合に合わせて方向性をシフトするのではなく、「やる」と決めたら脱線せず、目標地点に向かってひたすら突き進んでいくことが、成長のキーポイントなのです。

02.
不慣れなことに
積極的にチャレンジする

こちらも、Jill Griffinsさんの著書から引用。

「不慣れなことにどんどん飛び込んでいくことが大事。ぬるま湯に浸かることは簡単だけど、そればかりでは成長は望めません。溺れてようやく泳ぐことができるのです。深いところへ潜る人は少ないので、周りとは違う結果が期待できるはずですよ」

毎回自分を新しい環境に置くことはストレスフルかもしれませんが、そのストレスこそがあなたの成長を促す栄養素なんです。

03.
障害物にくじけない

「ガッカリする瞬間に、実は成功のヒントが潜んでいる。そこから立ち上がることでより良い結果が出せることも、大いにありえるのです」

Jill Griffinsの言葉より。

一度立ち上がることさえできれば、二度目はそれを「障害物」とみなさなくなります。立ち上がれた過去こそが、自分を強くしてくれるのです。

04.
「もうひと頑張り」が
差をつける

周りが決してやらないことを、あえてすることで、差がつくのです。たとえば、同僚や上司が退社したあとでも、めげずに顧客に電話をかけるなど、誰よりも力を注ぐことが自分の成長につながります。 

05.
ゴール地点を明確にして
効率を上げる

目標に少しでも早く行き着くためには、できるだけゴールを明確にする必要があります。ゴールがはっきりしていると、何が必要で、何を排除すべきかすぐ判断できるようになるため、より効率的に動けるようになりますよ。

Licensed material used with permission by Inc.
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
本気で自分を愛した男性が、どうなるのかを知っている女性は、同時に、愛し方を知っている。愛するということは、愛し方を教えるのに等しい。
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...
「リーボック」から今月20日(木)に発売された「DAILYFIT」は、一日中アクティブに動き続けることを可能にするウォーキング用シューズ。
「女性の社会進出」とは言っても、まだまだステレオタイプな意見も多いし、自分のやっていることに自信が持てなくなっちゃうときもあります。そんな社会の中でも、し...
人によって働く意味は様々。正解も不正解もありません。しかし、働く女子がいずれ直面するのが結婚や出産といったライフイベント。働く意味が変わってきたり、働くこ...
経済的な自立が難しい女性をサポートするためのプロジェクトで作られたアクセサリー。でもね、辛い過去があってもみんな楽しそうなんです。
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
宿泊先を貸す人も借りる人も「女性限定」で、さらに「完全招待制」。女性が安心して旅行を楽しめるサービス「Golightly」のご紹介。
「かよわい子」というのを売りにしていた女性も、そろそろ戦略を変える時期。「Thought Catalog」のHolly Riordanさんの記事から、パワ...
フェスで盗撮された女性がソーシャルムーブメントを生み出し、今イギリスの法律を変えようとしています。
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
女性のあるあるって、乙女心も絡むから男性にはないものが多い。中には「わかる〜」と頷きクスっとなってしまうものも。女性だからこその特徴的な出来事をイラストに...
スフィンクスなどの組み立て説明書を模したこの広告は、今年の3月までに、エジプト北西部・ギザ県にIKEA新店舗をオープンすることを記念して作られたもの。ギザ...
シャンゼリゼが新たな魅力溢れる通りに生まれ変わろうとしている!
ビジネスコーチのMelanie Gormanさんと著者のJohn Grayさんが共同で寄稿した「Your Tango」の記事は、女性が意見することを激励し...
「Food52」のMeghan Shepherdさんがインタビューしたのは、銀行員というキャリアを手放し、牧場で新たな人生をスタートさせた29歳の女性・K...
8月2日、サウジアラビアで「男性保護者」の許可がない女性のパスポート申請を認める国王令が公布された。21歳以上の女性は、父親や夫などの男性親族から許可を得...
「働きたくない」と感じながら働いているのは、あなただけではありません。誰もが一度は経験するこの気持ち、どうやって向き合えばいいのでしょう?今記事では働きた...
編集部の女性にも人気が高かった「SKANDINAVISK(スカンジナビスク)」のハンドクリームの紹介です。
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。