好きな仕事で「1,000人のファン」をつくる12の方法(後編)

人気起業家である猪熊真理子さんの著書『「私らしさ」のつくりかた』では、なりたい「私」の見つけかたから、好きなことを仕事に変えて、ファンをつくるまでの方法が書かれています。

「好きな仕事で1,000人のファンをつくる12の方法」の前編では、6つの方法を紹介してきました。後編では、さらにそのファンをキープするコツ6つ(7〜12)をご紹介します。

07.
ひとりよがりの情報発信はしない

好きなことを仕事にしようと思う時、商品やサービスを知ってもらうためにも、セルフブランディングの観点でも欠かせない発信ツールである、SNSやブログ。情報発信するときに忘れてはいけないのが、「情報をプレゼントする」という気持ちを持つことなのだそうです。

ためになる情報を発信している人には、人が集まり、情報が集まる。そのグッドスパイラルを手にすれば、ファンはどんどん増えていきます。

08.
「なんとなく不安」になるのをやめる

新しいことを始めようと思うとき、なにかに挑戦するとき。「不安」が自分の心の大部分を占めてしまうことはありませんか?

なんとなく、ぼんやりと不安になってしまうときは、まずは、「いまの自分にできていること」と「できていないこと」を把握するところからはじめます。そして、できていないことをできるようになるためにはなにが必要か、洗い出していきましょう。

09.
「人脈」をつくろうとしない

「人脈をつくる」という目的を忘れて、純粋に人に興味を向けてみることが大切です。損得勘定が見え隠れするよりも、ポジティブな好奇心が伝わったほうが、「この人おもしろいな」「一緒に仕事をしてみたい」「協力したい」と思ってもらえる可能性が高まります。

それから、はじめて出会うかたに自己紹介をするときは、肩書きだけではなく、自分は「なにをやりたいと思っているか」を伝えるようにしましょう。

「なにをやりたい人なのか」をわかってもらえていると、新しくはじまるプロジェクトに声をかけてもらえたり、知り合いを紹介してくれたりと、人のご縁(人脈)が波紋のように広がっていくのです。

10.
「助けてほしい」と素直に言ってみる

起業というと、リーダーシップを発揮してみんなをグイグイ引っ張っていくような「強い」イメージがあるかもしれません。

もちろんそういうタイプの人もたくさんいますが、近頃活躍している若手起業家は、芯の強さはありながらも、しなやかで人間らしいリーダーが多くいます。しなやかで人間らしい起業に向いているタイプをまとめると、以下の3つが共通点として当てはまるそうです。

①好奇心旺盛である
いろいろなことに興味を持ち、いろいろな人と積極的に出会う。社会にあるあたり前のことにも「どうしてそうなんだろう?」と問いを持てる力が、社会の隠れたニーズを見つけ出し、新しいビジネスアイデアを生み出すのではないでしょうか。

②「だれかのため」を最優先している
活躍している起業家ほど、ファンやビジネスパートナー、起業家仲間、家族、友達、恋人など、目の前にいるかけがえのない存在を大事にしています。それも、「喜んでほしい!」「役に立ちたい!」という純粋な気持ちで動いている人が多いような気がします。反対に、自己中心的な考えかたをしている人は、残念ながら成功が長続きしません。

③人に弱さを見せられる
成功している起業家は、自分の弱さを無理に隠そうとせず、必要なときにはだれかを上手に頼れる人がほとんど。隙のない完璧な人は、まわりに「私の協力なんて必要ないだろう」と思わせてしまいがち。いい意味で人間らしい人のほうが、仕事を成功に導いてくれるファンや協力者を得やすいのです。

11.
「アンチ」にひるまない

ファンが増えるにつれて起こってしまう可能性が高まるのが、ネガティブなことを言われる、SNSに悪口を書き込まれる、根も葉もない噂を流される、などの被害。やってはいけないのが、その場の感情に任せて怒ったり反論したりすることです。

怒りの感情のピークは、6秒ほどと言われています。まずはひと呼吸おいて、その場を乗り切る。相手の真意はいったん置いておいて、自分の心を守ってあげることが大事です。

冷静になったら、考えるのは原因と対策。もし単なる悪口ではなさそうなら、自分の最近の言動にいたらない部分がなかったか、謙虚になって振り返ることが大切。相手が面識のある人なら、その人とのやりとりや関係性を思い返す。匿名であれば、SNSやブログ、メディアなどでの自分自身を思い返してみる。

そして、必要に応じて真摯にコメントを返したり、直接お話しする場を設けたり、お互いにとってベストな形で解決できるような方法を検討します。

12.
業務効率がアップする小ワザを使う

好きなことを仕事にしようと思うと、なんでも自分でやってしまいがちになり、時間がいくらあっても足りないくらい忙しくなってしまうことも。

「自分にしかできない仕事」に時間を割くためにも、会社員時代以上に業務の効率化はマスト。小ワザを組み合わせて使うだけでも、たくさんの時間が捻出できます。

たとえば、とにかく毎日やることが多いという人は、タスクとスケジュールの管理をしっかりすること。「重要タスクは自分にメール」「期限が決まっているスケジュールは、アプリで。期限が決まっていないやるべきことは、箇条書きでスマホのメモに保存」などするだけでも、抜け漏れがなくなったり、期限を過ぎてしまわなくなります。

また、忙しくなればなるほど「明日以降にやろう」と思っていた仕事が溜まってしまうもの。「メールはためずに即レス」「今日できることは今日する」など、今目の前にあるもの優先順位をつけながらも、できるだけ早く対処していくことで、いっぱいいっぱいにならずに時間を効率的に、ミスなく仕事を進めることができます。

いつかは好きなことを仕事にしたいけれど、自分の得意なことがわからない、そもそも好きなことで食べていけるわけがない、…と躊躇している方も多いのではないでしょ...
『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
起業家大国とも言われているイスラエル。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、日本においての女性起業家10名のうちの1人として選ばれ、イ...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
今の時代、これまでは考えられなかったほどのスピードであらゆることが目まぐるしく変化することで、価値観が多様化して働き方や生き方について考える機会が増えてき...
大好きなことを仕事にできたら最高。でもそんなの夢のまた夢…とあきらめてしまうのはまだ早い!イギリスには、好きなことをSNSで発信しまくっていたら、今まで存...
口には出さないけれど、「生理は仕事に影響する」と感じている女性は多数いるのだと伝えているオーストラリアの調査がある。その割合は、1,000人以上の女性に対...
20代前半。今を生きる私たちの“仕事”は、少し特殊なのかもしれない。
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
「仕事が楽しくない」と嘆く人は世の中にたくさんいます。けれど、そういう人は「楽しもう」としていないだけ。ちょっと工夫をするだけで、仕事で得られる幸福度は格...
自分の「幸福度」を高める、働き方。
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
考え方は主流でなくともミニマリストは、仕事をする上で重要なことをしっかりと見極められているのかもしれません。ここでは、「BecomingMnimalist...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
“人間の巣”をつくり続ける職人、Jayson Fann。好きだけでは食べていけない。というセリフをよく聞くけれど、大人が本気で“遊び”を極めたら、仕事に変...
グローバル経済の時代、「働き方」も目まぐるしい変化を遂げている。ブルーカラーのみならず、ホワイトカラーの労働までもが国境を越えるようになった。この先も、自...
「会社のみんなで飲みに行こうよ」と誘われた時、どうしていますか?行く?行かない?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、働く女子...
好きな仕事を好きな場所でする。いわゆるノマドワークができたら、毎日はどんなに楽しいだろう。就活に追われることなく、学生のうちから起業してビジネスを始める若...
人生は一度切り。だから、「これをやるために生まれてきた」と思える仕事に出会いたいと思っている人は、少なくないのではないでしょうか?今回は欧米の研究者による...