好きなことを“仕事”にできる方法がある?

独立や起業と聞くと、憧れるけれどどこか遠いところの話のように感じてしまいますよね。ましてや社会人歴が浅い人は、自分に割り振られた仕事をこなすので精一杯だと思います。

でも、その精一杯の仕事が、独立や起業のチャンスを生み出すかも……。

「誰にだって、結果オーライの神様がついている」

「奥村知花 『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』(PHP研究所/2018年)より引用」

書籍PRとして、数多くのヒット作に関わっている奥村知花さんはそう言います。それは奥村さん自身が「独立してやる!」「起業するぞ!!」という意気込みが一切ないまま、気がつけばフリーランスとして、好きな本に関わる仕事をやり続けることができているからです。

奥村さんの初めての著作『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』では、書籍をメディアに売り込む書籍PRのノウハウに加えて、奥村さん自身がどう周囲の人と関わってきたかが書かれています。

奥村さんのスタートは専業主婦。そう聞くと、そこからどうやってヒット作に関わる仕事をするようになるのか不思議ですよね。本人曰く「ヤシの実のように流れ流れて」たどりついたそうですが、もちろん文字通り流れ流れていたわけではありませんでした。

主婦からレストランのPR担当になり、その後フリーランスの書籍PRになるのですが、書籍PRへの扉を開いたのは運命ともいえる1本の電話。その電話はレストランPRを退職するときに出した挨拶状を受け取った方からのものだったそう。退職するにあたって挨拶状を出す、という社会人としては普通のことが、好きな本に関わる仕事に繋がったのです。

書籍PRというのはメディアへの売り込みをする仕事なので、成功もあれば失敗もあります。出版社との打合せではケンカ寸前になったり、あるメディアからは出入り禁止を言い渡されたりしたことも。プライベートでも離婚と再婚、過労で救急車に乗ったり……といろいろなことが起こっています。

それでも、奥村さんから出てくるのは、こんな言葉。

「経験を失敗ごと愛してほしい」

「奥村知花 『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』(PHP研究所/2018年)より引用」

これは奥村さんと一緒に仕事をしている後輩にあてて書かれたもの。

そうは言われても、なかなか失敗を愛するのは難しい。でも失敗することで勘が磨かれると、彼女は言います。失敗を恐れずに行動し、真摯に仕事に向き合うことが、好きなことを仕事にできた秘密なのかもしれません。

広報や広告に関わっている方はもちろん、好きなことを仕事にしたいという方にはオススメの1冊です。

Licensed material used with permission by PHP研究所
起業家大国とも言われているイスラエル。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、日本においての女性起業家10名のうちの1人として選ばれ、イ...
大好きなことを仕事にできたら最高。でもそんなの夢のまた夢…とあきらめてしまうのはまだ早い!イギリスには、好きなことをSNSで発信しまくっていたら、今まで存...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。vol.5はライターで...
人気起業家である猪熊真理子さんの著書『「私らしさ」のつくりかた』では、なりたい「私」の見つけかたから、好きなことを仕事に変えて、ファンをつくるまでの方法が...
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
やりたいことや好きなことはわかっていて、将来は、フリーランスとして活躍したい。そんな方のために、どうしたら長く心地よく活躍できるのか、天職(calling...
世界には年収1000万以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。起業した時、手持ちの資金は...
世界には年収1000万円以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行、「自分の時給はいくらか、...
脳は生きる上での「司令塔」のような役割を担っています。その司令塔が疲弊していては、最高のパフォーマンスは発揮できないでしょう。脳科学者・茂木健一郎さんは、...
今、全世界的に話題になっている「ASMR」。ここで紹介するのは、それのクリスマスバージョンです。音を聞いていると目を閉じたくなるのですが、この動画は最後(...
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。フツーのキャリアから始...
いつかは好きなことを仕事にしたいけれど、自分の得意なことがわからない、そもそも好きなことで食べていけるわけがない、…と躊躇している方も多いのではないでしょ...
インド・コルカタ発ムンバイ行きのJet Airwaysの機内で、事件は起きました。
テレビや新聞など、様々なメディアで活躍しながらも、なかなか表舞台に立つことのない「法廷画家」が語った、世間を騒がせた事件と裁判の真実、そして仕事について。
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。1,000以上のWEB...
テレビや新聞など、様々なメディアで活躍しながらも、なかなか表舞台に立つことのない「法廷画家」が語った、世間を騒がせた事件と裁判の真実、そして仕事について。
自身も会社を辞めて転職、フリーランス、起業という道を経たライターが「会社を辞める!」と決めた後に踏むべき3つのステップを公開!
電子書籍を利用している市民にとっては、嬉しいニュース。会員カードさえ持っていれば、誰でも書籍データをダウンロードして自由に読めるようになったそうです。もち...
『やらなくてはいけないことリスト』を作っている人は多いでしょう。でも実は『やりたくないこと』が大切。何がやりたくないのか自分自身が知らないから。あなたの夢...
オーストラリアのビール会社Sydney Beer Co.がユニークな職種を募集をしています。Chief Clock-Off Officer。意訳すると「時...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...