移動の常識を変える最先端技術「ハイパーループ」って?

「ハイパーループ」とは、移動の歴史を塗り替えるかもしれない技術。

もし実現すれば近い将来、ハイパーループによって、通勤や通学などの移動がより快適なものになるかもしれません。

この記事では「ハイパーループ」とは何か、実現したら可能になること、実現の可能性などについてご紹介します。

高速輸送システム「ハイパーループ」とは?

©andrey_l/Shutterstock.com

スペースX社のCEOであり、実業家のイーロン・マスク氏が2013年に発表した「高速輸送システム」のことです。リニアモーターカーの最高速度よりも速い時速1000km以上のスピードの実現を目標に現在も世界中数々の企業が目下開発に取り組んでいます。

その仕組みには空気抵抗の減少が大きく関係。トンネルの中を真空チューブのようにすることで空気抵抗を極限まで減らし、これまでにないほどの高速移動を可能にさせるというものです。

初の有人走行実験が成功

今年2020年11月8日、米・ネバダ州の砂漠にてヴァージングループ傘下の「ヴァージン・ハイパーループ」が初の有人走行実験を試み、500mを最高時速172kmで移動することに成功。

時速1000km以上という最終的な目標スピードを考えると小さな一歩かもしれませんが、人類にとっては大きな一歩であると言えるかもしれません。とはいえ、全長数百km〜1000kmにも及ぶチューブ空間の真空を維持する素材技術に目処は立っておらず、現段階では商用化は難しいと考えられています。

ハイパーループ実現によって可能になること

活動範囲の拡大

ハイパーループの実現で移動の概念は変わり、人々の生活に大きな影響を与えるようになると思われます。

例えば、東京〜大阪間を新幹線で移動した場合2時間以上かかるところ、ハイパーループでは約20分で移動できてしまう計算になります。

これまで通勤や通学にかかっていた時間が短縮されることでより遠くの場所での生活ができるようになったり、日帰りで長距離の旅行なども楽しめるようになるかもしれません。他の交通機関である自動車や空港の渋滞や混雑を緩和させる効果も期待できます。

環境にやさしい

ハイパーループは磁力や空気圧といった力を使って移動をします。そのエネルギー源は太陽光、風力といった再生可能エネルギーの利用が検討されているため、二酸化炭素を大量に排出する飛行機と比較して“環境にもやさしいシステム”と考えられています。

実現の可能性は?

「ヴァージン・ハイパーループグループ」は今回の実験を受けて2030年までの10年以内にプロジェクトを実現させる見通しを立てています。ですが、空気抵抗の問題やチューブ内の真空を保ち続ける難しさなど、まだまだ実現までの障壁は立ち塞がっているといえます。

どちらにしてもこれからの技術革新、企業や投資家のサポートが実現までの可能性に大きな影響を与えるといえるでしょう。

まとめ

もし「ハイパーループ」が実現すれば、私たちの移動や生活はこれまでよりもさらに快適になることでしょう。今はまだ開発の第一歩を踏み出したばかりですが、これからの進展に注目です。

Top image: © andrey_l/Shutterstock.com

関連する記事

「Whooshh Innovations」が発明した「Whooshh Passage Portal」は、魚たちがダムなどを乗り越えるのを手助けをしてくれる...
アメリカの輸送技術会社「ヴァージン・ハイパーループ」が、開発中の高速輸送機のコンセプト動画を公開。ユーザーが駅に到着してから、ハイパーループに乗り込み、目...
チェコのベンチャー企業が最先端の3Dプリント技術を駆使して開発した、うずまき型の高級スピーカーシステム「スピルラ」が発売。妥協を許さず実現した理想的なうず...
都市計画からプロダクトデザインまで、幅広い分野で活躍しているUNStudio。彼らが、アムステルダムからフランクフルトまでを53分で走行する“ハイパールー...
この記事では、あなたの職場の上司や友達、恋人の隠れた腹黒さをチェックする心理テストを『恐ろしいほど人の本音がわかる!大人の心理テスト』から3問厳選してご紹...
東京・原宿CASE BにSK-Ⅱがオープンした期間限定ポップアップストア「FUTURE X Smart Store by SK-II」。ここは、店内に一歩...
部品メーカー大手「村上開明堂」が、今月初旬に光学技術を使った非接触スイッチのインターフェースを開発したと発表。
11月8日、リチャード・ブランソンが率いるヴァージングループ傘下の「ヴァージン・ハイパーループ」が、米・ネバダ州の砂漠にある実験施設「DevLoop」にて...
ポケモンGOのローンチに伴ってAR技術がより身近に。また、AppleのARKitが発表され、生活には欠かせないものになるでしょう。その技術を利用した、シリ...
西インドのマハシュトラ州政府は、ムンバイ・プネ間の高速輸送技術として「ハイパーループ」を推進する計画を公式に宣言した。実現すると、通常3時間半かかるムンバ...
米国発のブランド「KEEN」が、今月から月間で、地球環境について考える活動「Detox the Planet」を展開して、2025年までのPFC-FREE...
「Autonomous Travel Suite」は、まだアイデアベースですが、イノベーションアワードを授賞するほど秀逸な移動式ホテル。ドアツードアで移動...
2019年5月16日から8月26日までロンドンで開催されるエキシビション「AI: More Than Human」。内容は、AI(人工知能)と人類の関係性...
次世代シューズ「ACBC」は特許取得済みの技術により、ひとつのソールに複数のアッパーが付け替え可能。ジッパーで合体させるだけのラクラク設計。
日進月歩で技術が進歩している自動運転。デザインコンサルティングファームの「IDEO」は、自動運転車が普及することによって都市に暮らす人々の生活がどのように...
これは最先端技術が集まるイベント「CES 2016」に展示された、LG社製の新型ディスプレイです。プロトタイプですが、その薄さは驚異的。新聞紙のように丸め...
日本でブロックチェーンと言えば、仮想通貨を支える技術というイメージ。けれども、ガーナでは社会問題を解決するテクノロジーとして期待が高まっているようなんです。
レトロなデザインと革新的な技術を持ち合わせたワイヤレスキーボード「PENNA」。タイプライターからインスピレーションを得てデザインされたというレトロクロー...
11月19日から東京・六本木の「森美術館」で近未来の人間像を考察するための展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命——人は明日どう生きるか」が開催。
日本の木工技術に海外が注目しているようです。「継手」とは大工さんが2本の木材を繋ぐ時に使う技術です。直線だけでなく角度を持たせて組み立てる「仕口」という技...
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
ファッション業界の課題解決を目的に活動する団体「Fashion for Good」が、オランダ・アムステルダムにインタラクティブな体験ができる博物館をつく...
「Google」が作ったイヤホン「Googlepixel buds」が8月20日(木)に登場。音質良し、装着感良し、機能性バツグンの優良イヤホンがついに発売。
「日本」と聞いて、まず初めに思い浮かぶのはなんでしょうか。京都みたいな伝統の残る場所?それとも東京都心の様子?着物や日本食?それとも田舎の風景?人によって...
ゲーミング機器メーカー「Razer」から、近未来的スマートマスク「Project Hazel」が登場。衛生面や環境への配慮、そして先端のテクノロジーを活用...
2016年から、イギリス国内の一部の道路を、“環境に優しいアスファルト”に変えてきた「MacRebur」。そのアスファルトとは、プラスチックごみを再利用し...
「ミズノ」が「大和工房」の共同開発により、カーボン繊維強化プラスチックを採用した、次世代の雪駄「SETTA C/6」をローンチ。クールでスタイリッシュなデ...
「SMART」との共同開発によって生まれた新技術を使用したタイヤを備える、絶対にパンクしない自転車「METL」が公開。
トルコの建築事務所「Hayri Atak Architectural Design Studio」は、2020年3月からカタールに巨大なエコフローティング...
「三昧Tactical Scissors (タクティカル シザー)」は、高級包丁にも使われているダマスカス鋼を贅沢に使用し、高級包丁同等の製造技術で作り上...