「ハイパーループ」で「初の有人試験走行」が実施される

11月8日、リチャード・ブランソンが率いるヴァージングループ傘下の「ヴァージン・ハイパーループ」が、米・ネバダ州の砂漠にある実験施設「DevLoop」にて、初めての有人走行実験をおこなった。

これは次世代型交通システム「ハイパーループ」の実用化に向けた試験で、将来的には最高時速1000kmオーバーを目標にしている。理論上では、ロサンゼルスからサンフランシスコまでを1時間以内で移動できるわけだ。

今回の実験では最高時速172kmで500mを移動。目標が目標だけにやや物足りない気もするが、人類にとっては大きな一歩といえるかもしれない。

走行試験の様子が気になる人は以下の動画をチェック!

Top image: © Virgin Hyperloop
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事