サーモンが高速移動!「ハイパーループ」でダムを回避

何かと話題なハイパーループ。思わぬところに、この高速移動技術が活用されていた!

「Whooshh Innovations」が発明した「Whooshh Passage Portal」は、全自動の"魚用"ハイパーループ(?)。サーモンがダムなどを乗り越えるのを手助けをしてくれるのだ。

© Whooshh Innovations/YouTube

チューブにはスキャナー機能が搭載されており、AIが魚のサイズ健康状態在来種外来種養殖かなどを瞬時に解析。そして、およそ秒速9.75mの速さで魚は空気圧で吸い上げられて目的地まで送られる。

その姿はまるで流しそうめんのようだが......なかなかハイテク

すでにアメリカ、カナダ、スウェーデンで使用されており、2020年には300,000匹以上の魚たちがハイパーループで運ばれたそう。

この画期的なアイデアによって、魚とダムが共存できる可能性が広がりそうだ。

Top image: © iStock.com/Hailshadow
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

イーロンマスク氏発表の次世代高速移動技術「ハイパーループ」。そもそもどういうもの?どんなメリットがあるの?実現可能性は?などといった疑問にお答えします。
都市計画からプロダクトデザインまで、幅広い分野で活躍しているUNStudio。彼らが、アムステルダムからフランクフルトまでを53分で走行する“ハイパールー...
アメリカの輸送技術会社「ヴァージン・ハイパーループ」が、開発中の高速輸送機のコンセプト動画を公開。ユーザーが駅に到着してから、ハイパーループに乗り込み、目...
11月8日、リチャード・ブランソンが率いるヴァージングループ傘下の「ヴァージン・ハイパーループ」が、米・ネバダ州の砂漠にある実験施設「DevLoop」にて...
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
西インドのマハシュトラ州政府は、ムンバイ・プネ間の高速輸送技術として「ハイパーループ」を推進する計画を公式に宣言した。実現すると、通常3時間半かかるムンバ...
あのスモークサーモンが自宅でつくれるなんて…。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
アメリカで展開されていて、日本未発売の「Hanes」のマスク。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...