世界の「学者」たちが、キャラクターになって必殺技を放つ?

ちょっぴりくだらないと思いつつ、こういうの好き!って人は多いはず。世界を変える大発見をした歴史上の人物がまさかの戦闘モード。偉人たちのそんな姿になんだか笑っちゃうんですよね。

これは、ブラジルを拠点に活動するイラストレーターDiego Sanchesさんが、「Superinteressante Magazine」というデジタルマガジンと一緒に制作したゲームプロジェクトの一環。かの有名な「アインシュタイン」や「ピタゴラス」たちは、それぞれの発明や発見を攻撃として繰り出します。

「発見」をイメージした必殺技

0421edba3f93e57014efa9ec6f74b4c5927e32a8

とりゃっ!せいっ!やぁっ!っと、勢いあるチャールズ・ダーウィンの「進化論」。

Feec2a0044a80c6c333551da26431bbd15165691

アルベルト・アインシュタインの「相対性理論」は、電光石火のごとく敵へと放たれた。

9aaea93e9f7c6e21b4efbeb6f5f7a2f187442547

ドシン!ゴロゴロゴロ〜!と、林檎を落とす。アイザック・ニュートン の「万有引力」。

Be9ce81296c49b6200fab69180ec78bc539c4c83

スティーブン・ホーキングの「ブラックホール」をくらうと、一生この世界には戻ってこれない。

08cfd187b1af926723588be21fb1521c149c6b57

ピタゴラスの「ピタゴラスの定理」は、間違いなく致命傷を与える。

C0f172d4e999d71e19d880724a83f8b413c50f84

マリ・キュリーの「ポロニウム」は、ダンスをするように華麗な技。

1e1e19977c61d2517ae3ad19829a9e42abbd85d2

本人もビリビリッ!っと、ダメージを受けてしまう強大なパワー。ニコラ・テスラの「テスラコイル」。

Licensed material used with permission by Superinteressante Magazine
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.41
東京在住でプロのアニメーターのThomas Romainさんが息子のRyunosukeくんと活動する「親子デザイン工房」が世界中で話題に。Ryunosuk...
予想外の出来事に出くわしたとき、何が起きているのかわからず全身がピタッと一瞬だけ止まるような感覚。Percolate Galacticによる、思いもよらぬ...
発明家トーマス・エジソン。彼の失敗についての考え方はとても有名です。「失敗は積極的にしていきたい。なぜなら、それは成功と同じくらい貴重だからだ。失敗がなけ...
誰もが知るキャラクターたち。映画やアニメの世界だと大活躍するものの、現実世界に登場させたら話がおかしくなってしまった…。そんな笑える7枚のイラスト。疲れた...
自分は、どんな記事であれ、読んでいる途中にGIF画像が出てくるとワクワクするタイプ。基本的に文字と写真で構成されているものだからこそ、いきなりアニメーショ...
くちびるの動きに合わせて、キャラクターを動かすメイクアップアーティストのSandra Changさん。くちびるの動きとキャラクターがぴったりと当てはまり、...
「ValoJump」は、トランポリンの要素とARを融合させたゲーム。遊び方は簡単で、ジャンプをするだけのようです。
2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
Reach Robotics社が製作したのは、ARを使ったゲーム「MekaMon」。カニのようなロボットを、スマホアプリから操作して、対戦を楽しむことがで...
かのナポレオンは、一日に3時間しか寝なかった。なんて言い伝えがあるけれど、人間にとって本当に必要な睡眠時間は、はたしてどの程度なのだろか?ここに登場する、...
自らを「フードオタク」だと名乗る男性を筆頭に、大人向けのスイーツを開発する集団「Lick Me I’m delicious」。食べられるバブルやミストなど...
映画やアニメの中のキャラクターたちが、現実世界に登場。しかも、レゴで。ここに紹介する写真は、フランス人写真家…ではなくプロダクトデザイナーによる作品。どれ...
絆創膏と言えば、モイストヒーリングなものからキャラクターものまで、さまざまな種類があります。どれも衛生のため、密着個別包装されているのが基本です。でも、オ...
ちょっとだけって思いつつ、お菓子の袋に手を伸ばしたらいつの間にかキレイに完食。最初はそんなつもりなかったけど、なぜか止まらなくなるんですよね。私はこのアニ...
ゲームにルールが存在するのは、プレーヤーを縛るためではなく、ゲームに緊張感のある面白さを与えるためである。じゃんけんでも、サッカーでも、もちろんドラクエで...
世界の偉大な発明品のいくつかは、オーストラリアから誕生している事実を知っていますか?たとえば飛行機に搭載されるフライトレコーダー「ブラックボックス」、Wi...
その器量良い風貌は、努力のにおいを感じさせない。しかしその内実は、挫折とパッション、人間味に溢れていた。彼女の名前は、安田あや。コスメ会社AYAの社長とし...
「もしも、スター・ウォーズに登場するクローンの大軍隊がこの世界に現れたらどうなるんだろう?」こんな、ちょっとバカげたことを思ったのは、アーティストのErd...
「遊び」はいつも子どもたちから生まれるものです。では、発明はどうでしょう?ここに紹介する発明品は、どれも6歳から11歳までの子どもたちから生まれたもの。子...