自称「フードおたく」が発明したスイーツマシン

「空に浮かぶ雲を舐めたらきっと甘いんだろうな」と、絵本の内容を信じていたのは昔のこと。でも、大人になっても夢はみる。例えば、蛇口をひねると延々とあま〜いチョコレートが出てくるとかね。

でもコレ、自らをフードヲタクと称するチャーリー・フランシスさん率いる発明集団、「Lick Me I'm Delicious」が既に作り上げている、現実の世界。彼らは他にも、よだれが出そうな驚きの開発をしていた!

01.
「チョコ」が流れ続ける蛇口

Ccb9bc96c4a9a8bf22c24d1f882c54ddc69d23f5

まずは、世界中のチョコレート好きの夢を叶える「Chocolate Droplet(チョコレートの滴)から

機械に備え付けられた蛇口からは、美味しく食べられるように温められたチョコレートが流れ出てくるというもの。いつまでも飽きないようにと、イチゴやココナッツなどのトッピングも、シンク脇に用意されているというがニクい。

02.
舐めて味わう「バブル火山」

8dc7c200c8f0237335be9d95fa18a6adadf4b82d

お次は、ピンクのライトに照らされてぶくぶく出てくる泡のスイーツ。「Edible Bubble Volcano(食べられるバブル火山)」という、1つ1つの泡を舌でキャッチして堪能することができるマシーンだそう。

このスイーツの醍醐味は、口の中で泡が弾けた時に味わえるというところ。ミルク、ミントチョコチップ、ビールなどがあるみたい。どの泡を食べようか目移りしちゃいそう!

03.
吸って楽しむ「フレーバーミスト」

9661609a2a74242ecdf483ac3aeba4007fa3b97c

「Edible Mist Orbs(食べれるミスト)」と呼ばれるマシンから出るミストをストローで吸うと、こちらもいろいろなスレーバーを味わうことができる。注目したいのは、カロリーゼロだという点。これだって夢のよう。

さらに驚きなのは、200種類以上ものフレーバーがあるということ。アップルパイやバナナミルクシェイクなど試してみたいものばかり。

04.
「カクテル」が湧き出る噴水

4baa583af9513ba3621da591d58e6128a3b8b206

最後に紹介するのは「Tipsy Fountain(ほろ酔いの噴水)」。水の代わりに湧き出てくるのはモヒートやパッションフルーツマティーニなどのカクテルだ。

これに関しては余計な説明はいらないからもうダイブしてしまいたい…!

他にも「アイスクリームマシン」など大人の欲望を満たすものばかり。お腹が空いてしょうがない人はぜひチェックしてみて。

Licensed material used with permission by Lick Me I’m Delicious
世界の偉大な発明品のいくつかは、オーストラリアから誕生している事実を知っていますか?たとえば飛行機に搭載されるフライトレコーダー「ブラックボックス」、Wi...
絆創膏と言えば、モイストヒーリングなものからキャラクターものまで、さまざまな種類があります。どれも衛生のため、密着個別包装されているのが基本です。でも、オ...
その器量良い風貌は、努力のにおいを感じさせない。しかしその内実は、挫折とパッション、人間味に溢れていた。彼女の名前は、安田あや。コスメ会社AYAの社長とし...
「遊び」はいつも子どもたちから生まれるものです。では、発明はどうでしょう?ここに紹介する発明品は、どれも6歳から11歳までの子どもたちから生まれたもの。子...
ことば、火、農業、舟、数学、紙、カメラ、人工衛星、インターネット、ロケット…。人類が、自らの手で本格的な道具を作りはじめたのは、260万年前の旧石器時代に...
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
毎年夏になると、車内に残された乳幼児の熱中症による死亡事故を耳にします。アメリカ・テキサス州に住む10歳の少年Bishop Curryくんは、近所で起きた...
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
いつも、側で支えてくれるお母さん。喧嘩をするときもあるけれど、それは私たちのことを思ってくれているから…。お母さんにはずっと元気で笑っていてほしい。だから...
クイーンズ大学ベルファストの科学者達が、汗をかけばかくほどいい香りを発する、という画期的な香水を開発したようです!湿気や水分と接するほどいい香りになるのだ...
遠くから見ると自転車だが、どうやらペダルは漕いでいない。では、自動で走る電動スクーターなのか?といえばそれも違う。ドライバーはその乗り物の上を"歩いている...
海を愛する二人のヨットマン。いくら拾い集めてもキリがないビニール袋やベットボトルといった浮遊ゴミを片付ける目的で、海にゴミ箱を設置しました。場所はヨットが...
英国人の本気度たるや。世界の人々の生活をガラっと変えてしまうかもしれない偉大な発明とも言えるこちらの商品。なんと、オナラをしてもそのニオイが気にならない「...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
小学生の男の子が、弟のために新聞紙で作ったドラクエの装備品。これがキッカケとなり、研究に研究を重ねた彼は、災害時でも役立つこと間違いなしの「簡易スリッパ」...
心臓のスキャンを、セキュリティに使えるよう開発したのは、ニューヨーク州立大学の助教授、Wenyao Xu博士のチームの専門家たち。近づくだけで、パソコンに...
とろける甘〜いマシュマロが、スプレッドになった商品があるのを知っていますか? 「フラフ」という商品名で発売されているもので、今“塗るマシュマロ”としてジワ...
Apple Watchに匹敵する、ウェアラブルデバイスの大発明かもしれません。目の不自由な人に向けたスマートウォッチが、ついに実用化。盤面に空いた穴から飛...
「使える」かどうかは分からないけど、イギリスの不思議なスラングを紹介しましょう。英語の勉強に疲れたとき、少しでも役に立てばいいのですが…。ちょっぴり皮肉屋...
Reach Robotics社が製作したのは、ARを使ったゲーム「MekaMon」。カニのようなロボットを、スマホアプリから操作して、対戦を楽しむことがで...