開発者としても嬉しい誤算だった「超高級テキーラ」

純金でできた特別仕様の化粧箱を開けると、ふんだんに琥珀が散りばめられた陶器製のボトルが。これに自慢のオーガニックテキーラが入って、1本300万円。

贅をつくした超高級品を5年前に限定販売し、一躍有名になったメキシコのテキーラメーカーがあります。ただし、これはあくまで創業15周年の限定品ゆえのお値段。

では、通常価格はいくらかといえば、これがまた結構なもの。テキーラメーカー「Clase Azul(クラセ・アスール)」の相場は、庶民の手が届くものでも1本70ドル(約8,000円)というんだから。

こちらのテキーラは、おなじみのショットであおる飲み方よりも、ワイングラスやシャンパングラスで香りや口当たりを楽しみながら味わう嗜好品だそうで、欧米の富裕層のあいだでちょっとした人気を呼んでいるのです。

それにしても、テキーラの高級志向はなぜ始まったんでしょう。

ブランディングのはずが…

1997年創業Clase Azulを経営するのは、あごひげを蓄えた写真の人物、Arturo Lomeliさん。当初はブランディングに苦労したそうで、本人も一から勉強し直し、ラグジュアリーブランディングの修士号を取得するまでに。

「真心込めてつくったテキーラを味わってくれる人たちの手に、どうすればベストなものを提供できるか」。考え抜いた結果、中身を飲み干しても手元に置いておきたくなるような磁器製ボトルを丁寧に手作りしてお酒をつめよう、ということに。

もちろん、こだわりのテキーラであることは言うまでもなく、ですけどね。

テキーラ業界にセンセーショナルなボトルが登場したのは2007年のこと。価格1,200ドル(約13万円)の超高級ボトルは、予想どうり話題になったものの、Lomeliさんにしてみてもあくまでこれは興味をを引くためのものだったはず。

ところが…これがまさかのバカ売れ。アメリカの富裕層からの需要が一気に拡大。よもや継続商品になろうとは、嬉しい誤算だったそうです。

国内でなく完全にアウトバウンド向けに徹したマーケティング戦略がどハマりしたかたち。アメリカ、欧米、さらには富裕層が集まるカンクン(メキシコ)を狙うあたりがニクい。

高級志向にこだわるワケ

お酒のボトルとしては珍しい陶磁器製、飲み干したあとはそのままボトルをコレクションするほか、花瓶やキャンドルホルダーとして活用する人が多いようですが、この手作り陶磁器、単なる希少性をあおるだけではありませんでした。

そこに、もうひとつの深い理由が。

Lomeliさんがこの価格帯にこだわり続けることで得た収益は、社員たちが安心して働ける環境づくりに役立てられていました。たとえば、工場に併設した託児所。

サッカークラブのスポンサーとなり、若者たちの将来への支援もサポート。

そして何より、この急成長を支えたオリジナルの陶磁器ボトル、そのインスピレーションの源泉となったメキシコ伝統陶器。Lomeliさんは、寄付というかたちではなく、職人たちに不可欠な道具や施設を用意したり、養成学校を設けることで、自分たちのルーツにある焼き物が後世に伝承されるために心血を注いでいるんだそうです。

初めこそ“話題づくり”だったかもしれない。それが今、地域への貢献として大きなコミュニティへと輪が広がっていることも紹介しておきます。

Licensed material used with permission by Clase Azul
夏にビーチサイドでマルガリータを飲める日を待ちわびている皆様、もうその日は到来しない…かも。
ショットを囲めば一気に盛りあがれるメキシコ育ちの陽気なお酒「テキーラ」。おそらく健康のために飲んでいる人は少ない。しかし、実は数々の研究結果が発表されてい...
野暮ったくも素朴なメキシコの絶品とんこつスープ。
雨の降らない日はない、と形容されるロンドンよりもさらに降雨量が多いのがベルリンだそうで、とくに冬の寒〜い季節は、長雨のパッとしない天気に人々の気持ちもどん...
派手さのないメキシコ料理。けれど心地よい野趣があります。
一見気づきにくいほど周囲の自然に溶け込んだ小屋が、メキシコの西海岸にある田舎町サン・ファン・デ・アリマにあります。小屋とはいえ、中はホテルのロビーみたいに...
メキシコ・オアハカで、12月29日から1月3日にかけて開催される「Restival」の紹介です。
以前まで、Facebookの検索バーに「Mexicans are」と入力すると酷い言葉がズラリ。それを変えたのがメキシコのビールメーカー。努力が実り、なん...
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
都内も近いうちに梅雨入りしますが、自宅でこのアイスキャンディをペロペロしながら、テキーラを飲めば、もう気分はたぶん、夏。
世界一の高級レストランと言われるSublimotionのディナーはVRやプロジェクションマッピングを用いた最新式。シェフから演出家まで超一流を集結した極上...
歴史も国も違う文化が見事に融合したトランプで七並べでもしながら、1つひとつ手にとってじっくり絵柄を楽しみたい
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
イギリスでは小さなカクテル(マイクロカクテル)が流行っているのだとか。つまり、ショットグラスに注がれるカクテルってことです。
メキシコのアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領が、大統領官邸(通称“ロス・ピノス”)をカルチャーセンターとして一般公開しました。
アイルランドを拠点に活動するアーティストPáraic Mc Gloughlinさんによる作品は、ビデオドラッグのような感じです。
先日、中国の研究者がパンダの顔を認識できる技術を開発したと報じられました。今後はアプリ開発も行われ、動物園の入園者にも利用してもらう予定。
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。