いま、世界的にテキーラ不足だって知ってた?

ウォッカ、テキーラ、ラム…。私にとって、それらは“青春”と“二日酔い”の味。でも、ショットをしすぎて記憶を飛ばしたのも、ハメを外しすぎたのも、いま思えばいいすべていい想い出。

ところが小耳に挟んでしまったんです。そのうちのひとつが、近い将来、バーカウンターの棚から姿を消してしまうかもしれない…という悲しいお知らせを。

Elite Daily」で見つけてしまったのは、「世界テキーラ不足事情」(涙)!ホセ・クエルボの旗が立っていないビーチなんて、ビーチじゃない!と、泣きじゃくりたくなるニュースの真相に、ライターのShelby Blackさんが迫ります。

もう、叫べないかもしれない
「テッキーラ!」

夏にビーチサイドでマルガリータを飲める日を待ちわびている皆様、もうその日は到来しない…かも。悲報をごめんなさい。

なぜなら世界に愛されるお酒、テキーラがまさかの事態に。Twitterに浮上したテキーラ不足を嘆く投稿を読んでいると、この酒屋事情を知らなかった昨日まで巻き戻したくなる…。それに、世界のどこかしらはまだ夕方の5時を迎えているでしょう?

「Travel + Leisure」は、アガベの跳ね上がる需要と価格に困るテキーラ生産者と流通者について綴っており、「Reuters」の調べによれば、その価格は過去2年でなんと6倍も上昇しているそう。よって大小問わず、テキーラ生産者たちは、なかなか動けずにいるのだとか。

アガベの高まる需要には、そのお酒の「上昇し続ける人気」がひとつの原因として見られているようです。2015年5月21日の「Forbes」の記事には、マルガリータなどカクテルとしてではなく、そのまま嗜むことを主流とする人が多くなったと記されています。加えて、アラモ・ドラフトハウス・シネマ・ビバレッジのディレクターであるビル・ノリスさんは、テキーラの"スターっぷり"を以下のように記していました。

「ショットやカクテルという使い方ではなく、テキーラも『嗜むお酒』だという感覚が浸透しているようです。つまりは、シングル・モルツ・スコッチ・ウィスキーと同等に扱う人が増えているということ」

マルガリータ派も嗜みたい派も…とにかくこの世はいま、テキーラを必要としているわけです!

ウォッカやウィスキーなど穀物ベースのものは生産しやすいものの、テキーラは植物ベースなので、比較対象にならないのは言わずもがな。それに、テキーラを作るのに必要とされるアガベは、成熟するまでに7〜8年かかる植物なんだそう。

この熟成された状態のアガベが不足していることから、いまや生産者たちは若くして熟してくれる植物と代用せざるを得ない状態。もちろんショートスパンで考えればこれもひとつの対策法ですが、長いスパンで見たときに、これではテキーラの未来は救えません。

それに、「Forbes」によると、アガベ不足はなんと2021年まで続くってハナシ。もっと言うと、植えられていた1700万のアガベは2011年時点でひとつも収穫できない状態だったとか。あなたはどうか知りませんが、トランプ政権がまだまだ続く中、テキーラなしで暮らしていくのって、ずいぶん無茶です。

2015年5月15日に公開された「The Atlantic」の記事にも、テキーラの輸出の8割を占めるのは、テキーラの最も大きな市場、アメリカだそう。とくに大学生から人気なテキーラですが、彼らが好む安いテキーラにその貴重な植物が使われてしまうことに、生産者たちは大きな不満を抱えます。ましてや小さなビジネスなら、なおさら。

そうして質の高いテキーラを作るべく、立ち上げられたのが「ザ・テキーラ・インターチェンジ・プロジェクト」です。このプロジェクトに関わるのは、テキーラとアガベの作り方を研究するバーテンダーや科学者たち。彼らのミッションは、メキシコ生まれの植物の伝統を守りつつ、良質なテキーラを作り出すこと、だとか。

肩マントは着飾っていないかもしれませんが、まさに彼らは私たちのヒーロー。

たしかにテキーラがなくなれば、ホームカミング(年に一度行われる教職員や卒業生を招いて行われる行事)のパーティやフットボール試合のテイルゲーティング・パーティも被害を受けるのは明白。

でも、一番大変なのは生産者たちです。そしてもっとも大きなダメージを受けるのは、小さな企業たち。だからと言って、クエルボやサウザ、それからパトロンなどの大手はセーフ、っていうわけでもなく。彼らだって、この供給の激減に十分の焦りを感じているようですよ。

テキーラにおいてのアガベ生産の国民委員会社長であるラウル・ガルシアさんも、アガベ不足の影響について声をあげています。

「クエルボやサウザなどの大企業は、多大なる影響を受けるでしょう。この問題が解決される兆候は見えていないので、心配でなりません」

さて、テキーラの大量買いをするとしますか。

Licensed material used with permission by Elite Daily
一本$80(約8,000円)〜$30,000(約300万円)のテキーラがあります。今ではセレブのパーティや映画の封切りパーティなどで振舞われており、富裕層...
ショットを囲めば一気に盛りあがれるメキシコ育ちの陽気なお酒「テキーラ」。おそらく健康のために飲んでいる人は少ない。しかし、実は数々の研究結果が発表されてい...
都内も近いうちに梅雨入りしますが、自宅でこのアイスキャンディをペロペロしながら、テキーラを飲めば、もう気分はたぶん、夏。
クラフトビール、シードル、スピリッツに続く、いま注目のお酒「ミード(Mead)」について。
環境を守るために人を雇用していこうという考え方を意味する言葉「グリーンジョブ」。新型コロナウイルスの流行をきっかけに今、注目を集めています。海外の取り組み...
世界のコンドームの1/5を生産するマレーシアの最大手企業「Karex」が、ロックダウンの影響で1週間以上生産を停止。その影響ですでに1億個のコンドームの生...
11月5日、「テスラ」が1本250ドル(約2万6000円)のテキーラを発売。
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
大好きなスイーツとお酒をかけ合わせた極上スイーツ。大人だけに許された「ほろ酔いスイーツ」をレシピとともにご紹介!
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
エコな自然素材ででき、調湿効果でごはんを美味しく保てるなど広い世代に人気の「曲げわっぱ」のお弁当箱について、メリットやおすすめ商品をご紹介。節約やダイエッ...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
4種のベリーと花のパンケーキが楽しめる銀座にある豪州生まれのオーガニックカフェ[旧店名]Me's CAFE & KITCHEN[新店名]METoA Caf...
日本酒の温度帯の変化を自在にコントロールする「酒器」と「冷温機」のセットアップが登場。
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
国産じゃがいもの約30%が生産されているカナダのプリンスエドワード島。ここのフライドポテトをはじめ、料理はどれも絶品です。故にお酒がすすむんですよね。とい...
2021年秋(予定)、早稲田大学の早稲田キャンパス内に「早稲田大学国際文学館(通称:村上春樹ライブラリー)」が開館する。設計を担うのは隈研吾氏。
オフィスでカップ麺を食べる時、デスク周りの小物やPCなどに汁がハネるのを防いでくれる画期的なアイテム「麺ウォール」。通常はB5ノートほどの大きさ、閉じてい...
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
正月に飲むお屠蘇(おとそ)は、実はみりんや日本酒に漢方を漬け込んだ薬膳酒って知ってましたか?一年の邪気を払って新しい年を健やかに過ごせますようにという意味...
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
「このスケボーの人、デリバリー中だったんですよ(笑)」。びっくりを通り越してクスッと笑っちゃうような出来事って、時々ある。
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...