14万円もする「超高級ジン」が、バイク好きにだけウケてるらしい。

味はとくだんフツーっぽいけど、あるモノが入ることで市販のお酒のウン十倍(およそ14万円)で売られているジンがあります。その価値が本当にあるか、なしかを決めるのは、バイク好きだけ。なかでも、ハーレーダビッドソンをこよなく愛する人にとっては…。

ヴィンテージ物の
ハーレーダビッドソンを
ジンで味わう

6fb45ba3aeab60ac9cc3ea2899a5c6e1271406c6

この透明なお酒の中身はジン。ボトルに何やらメタル調のパーツが描かれているのがわかるかと思います。でもね、これ描かれてはいないんです。ナント実際にボトルのなかにインしちゃっているっていうから驚きです。

中に入っているのは、1939年製のハーレーに搭載されている「フラットヘッド」というエンジンのパーツ。

自動二輪免許を持っていない僕にとって、何がなんだかサッパリ分かりません。そこで、30年以上バイク一筋のセンパイに聞いてみたところ、「プレミアも付く、現在でも高値で取引されるシロモノ」だということが判明。やっぱマジなんだ…。

当然、開発者Uwe Ehingerもこの価値を熟知したライダー。約30年前にドイツからメキシコへ飛び、使われていない軍隊の基地からエンジンを譲り受けたとHPに記してありました。他にも、1947年ものの「ナックルヘッド」と、1962年ものの「パンヘッド」が入ったお酒を選べるようです。

バイクの魂を
体に染み付かせる

B852ff637ce252d488a93798a4be76fc4e73ca77

Uwe Ehingerは中古ディーラーでもあるらしく、よくヴィンテージ物を発掘することから“バイクの考古学者”という異名でも知られる人物。そんな彼は、良いモノを見つけるたび「どうやったらもっと長く使えるのか」を考えてきたそうです。

ある日、ピンときたアイデアがこちら。

バイクの魂、すなわちスピリットを本当にスピリット(ジン)の中に詰め込んで、味わって体に染み付かせよう

それにしても…気になるのはやっぱアレ。

いくら油を完璧に落とし、ドイツの食品衛生基準をクリアしたとはいえ、飲みたいという人がはたしてどれだけいるんだろう。仮にもし自分の愛車だったら…と考えたとしても、う〜ん、やっぱりムリがあるかも!

だけど、バイク仲間と集まって飲むなら話は別。酒を酌み交わしながら、このモデルのどこがいいとか、熱く語り合っちゃうんだろうなあ。

Licensed material used with permission by The Archaeologist
日本初のジン専門の蒸溜所がつくる「季の美 京都ドライジン」を紹介する。原料には柚子、生姜、山椒、玉露などの和のものを、スピリッツにはお米を、ラベルには伝統...
カスタマイズする醍醐味は、自分の思い通りのスタイルですべてを作れることにある。当然のごとく、1台1台はカタチが違ってくる。世界でたった1台のものを所有する...
ここ数年、イギリスでもジンの消費が増えているなど、ネクストトレンドとして火がつきそうなスピリッツ。注目している人も多いのではないでしょうか。このタイミング...
イスラエルのバイオ関連企業が開発した超特大のコンポスト。できるのはガス。
立派な門構えから一歩足を踏み入れると、緑あふれる自然に歓迎された。その向こうには大きな日本家屋の屋根が見える。千葉の房総、長南町(ちょうなんまち)で現代に...
「glafitバイク GFR-01」は、重さが約18kgで、持ち運ぶのもラクラク。加えて、コンパクトに折りたたむこともできるそうです。
もはや、この乗り物を自転車と形容することのほうが正しくないのかもしれない。そんなプロダクトが最初に登場したのは2014年のこと。1本の動画に世界が釘付けに...
小さな納屋でトマトの空き缶を使ってキャブレターを作ったハーレーダビッドソンの創業しかり、スティーブ・ジョブズの自宅ガレージで検品をおこなっていたと言われる...
一本$80(約8,000円)〜$30,000(約300万円)のテキーラがあります。今ではセレブのパーティや映画の封切りパーティなどで振舞われており、富裕層...
遠くから見ると自転車だが、どうやらペダルは漕いでいない。では、自動で走る電動スクーターなのか?といえばそれも違う。ドライバーはその乗り物の上を"歩いている...
乳がんを患い悲嘆にくれる女性が、否定的な言葉を次々口にするところから始まるこの動画。けれど、そこにある仕掛けが隠されていた……。
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
デザイナーRitsert Mansと科学者Peter Mooijが協力して作ったのは、海藻から抽出したオイルをエネルギーとしたバイク。頻繁に収穫できるとい...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
ロードバイク乗りにとって、日々の移動やツーリング時、ちょっとした荷物を何に入れるかというのは頭を悩ませるポイント。バッグパックは動きに制限が出てしまうし、...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
 ノンアルコールビールもすっかりおいしくなり、今ではアルコールなしのカクテルが注文できるバーもたくさんあります。少し前までは特別なものだった「ノンアルコー...
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
くりくりお目々がチャームポイントの男の子、Tima Kuleshovくん。彼の得意技は、かけっこでもテレビゲームでもありません。こんなに可愛らしい顔をして...
燃料は水だけ!?ブラジル人発明家の男性がつくりだしたバイクは、ガソリンを使わずに走れて、たった1リットルの水で500kmもの距離を走行することができるとい...
オーストラリアで、飲酒運転などの罪に問われていた男性が、最高裁で行われた上訴審で敗訴し、話題になっている。ただの飲酒運転ならば、これほどまでの騒ぎにはもち...
サイクリストにとって、バイク周りのグッズはかっこよく揃えたいもの。「Oi」はミニマルでハンドルになじむ、スタイリッシュなバイクベルです。開発したのはオース...
自動車、時計、家具…それらの世界一には手が届かなくても、食品なら手が届くかもしれない?話のネタになるくらい、味が一生記憶に残るくらい、すごいものを口にした...
『湘南爆走族』は、吉田聡よる暴走族を題材にした不良漫画だ。この漫画を読んで、俺はバイク乗りになった。