14万円もする「超高級ジン」が、バイク好きにだけウケてるらしい。

味はとくだんフツーっぽいけど、あるモノが入ることで市販のお酒のウン十倍(およそ14万円)で売られているジンがあります。その価値が本当にあるか、なしかを決めるのは、バイク好きだけ。なかでも、ハーレーダビッドソンをこよなく愛する人にとっては…。

ヴィンテージ物の
ハーレーダビッドソンを
ジンで味わう

この透明なお酒の中身はジン。ボトルに何やらメタル調のパーツが描かれているのがわかるかと思います。でもね、これ描かれてはいないんです。ナント実際にボトルのなかにインしちゃっているっていうから驚きです。

中に入っているのは、1939年製のハーレーに搭載されている「フラットヘッド」というエンジンのパーツ。

自動二輪免許を持っていない僕にとって、何がなんだかサッパリ分かりません。そこで、30年以上バイク一筋のセンパイに聞いてみたところ、「プレミアも付く、現在でも高値で取引されるシロモノ」だということが判明。やっぱマジなんだ…。

当然、開発者Uwe Ehingerもこの価値を熟知したライダー。約30年前にドイツからメキシコへ飛び、使われていない軍隊の基地からエンジンを譲り受けたとHPに記してありました。他にも、1947年ものの「ナックルヘッド」と、1962年ものの「パンヘッド」が入ったお酒を選べるようです。

バイクの魂を
体に染み付かせる

Uwe Ehingerは中古ディーラーでもあるらしく、よくヴィンテージ物を発掘することから“バイクの考古学者”という異名でも知られる人物。そんな彼は、良いモノを見つけるたび「どうやったらもっと長く使えるのか」を考えてきたそうです。

ある日、ピンときたアイデアがこちら。

バイクの魂、すなわちスピリットを本当にスピリット(ジン)の中に詰め込んで、味わって体に染み付かせよう

それにしても…気になるのはやっぱアレ。

いくら油を完璧に落とし、ドイツの食品衛生基準をクリアしたとはいえ、飲みたいという人がはたしてどれだけいるんだろう。仮にもし自分の愛車だったら…と考えたとしても、う〜ん、やっぱりムリがあるかも!

だけど、バイク仲間と集まって飲むなら話は別。酒を酌み交わしながら、このモデルのどこがいいとか、熱く語り合っちゃうんだろうなあ。

Licensed material used with permission by The Archaeologist
世界的なコンペティションで「世界最高」と評された「キュロ ナプエ フィンランド ジン」。フィンランド・ジンの流行のきっかけにもなったライ麦100%で造られ...
日本初のジン専門の蒸溜所がつくる「季の美 京都ドライジン」を紹介する。原料には柚子、生姜、山椒、玉露などの和のものを、スピリッツにはお米を、ラベルには伝統...
「ARCTIC BLUE GIN」は、蒸留酒のナンバーワンを決める「THE SPRIT OF THE YEAR 2018」で頂点に輝いたフィンランド発のク...
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
パリで復活したラグジュアリートラベル雑誌「ホリディ・マガジン」の世界観から生まれたアパレルコレクション「ホリデイ・ボワロ」日本初POP-UP STOREが...
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
カスタマイズする醍醐味は、自分の思い通りのスタイルですべてを作れることにある。当然のごとく、1台1台はカタチが違ってくる。世界でたった1台のものを所有する...
都市生活者にとって、乗り物の収納場所って本当に困ってしまいます。「Ujet」はその悩みを解決できる折りたたみ式スクーターです。ちなみに“Shibuya G...
11月5日、立ち乗り電動二輪車だけでなく電動キックスクーターや電動一輪ローラースケーターを展開する「セグウェイ」が、新製品として「電動オフロードバイク」を...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
「ニュージーランド航空」が全身がすっぽり収まりフルフラットの睡眠エリアを擁するエコノミー「スカイネスト」を発表した。
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
「FlexiSpotデスクバイクV9」は、堅牢なデスクやモニターアーム、テレビスタンドなどを造り続けてきた企業「Loctek」が生み出したもの。重力センサ...
イギリスのバイクショップ「Death Machines of London」が、武士の甲冑をモチーフとした「KENZO」という名のカスタムバイクをリリース。
「glafitバイク GFR-01」は、重さが約18kgで、持ち運ぶのもラクラク。加えて、コンパクトに折りたたむこともできるそうです。
ここ数年、イギリスでもジンの消費が増えているなど、ネクストトレンドとして火がつきそうなスピリッツ。注目している人も多いのではないでしょうか。このタイミング...
2月22日にイリノイ州オーロラで開催された集会でPete Buttigieg(ピート・ブティジェッジ)氏に、自身が同性愛者であることを公表することを手伝っ...
2月11日、大手一般消費財メーカーの「ユニリーバ」が、子どもに訴求する広告・マーケティングの一部の廃止を発表。
もはや、この乗り物を自転車と形容することのほうが正しくないのかもしれない。そんなプロダクトが最初に登場したのは2014年のこと。1本の動画に世界が釘付けに...
小さな納屋でトマトの空き缶を使ってキャブレターを作ったハーレーダビッドソンの創業しかり、スティーブ・ジョブズの自宅ガレージで検品をおこなっていたと言われる...
アメリカでの「Black History Month」で、2月にはアフリカ系の人々に敬意を表するイベントやキャンペーンが多く行われていて、Nikeは毎年の...
一本$80(約8,000円)〜$30,000(約300万円)のテキーラがあります。今ではセレブのパーティや映画の封切りパーティなどで振舞われており、富裕層...
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
南オーストラリアの小さな島「カンガルー島」生まれのスピリッツブランドがワイルドローズマリーを使用した「O GIN」とスパイシーなフレーバーの「WILD G...