100年経っても「イケてる」銅のバイク

このバイク「Samotracis」のボディを覆っているほとんどが銅。時間が経つにつれて酸化しないの?と思ったアナタ!まさにソレがこのバイクのウリ。

時の流れとともに銅が酸化していく変化も楽しめる“味”がでて、時代を超越した格好よさになる。そう追求されたものなのです。

イタリア人デザイナーMario Trimarchiが、インテリアブランド「De Castelli」のためにデザインしたのですが、彼の見立てによれば「100年経ってもずっとイケてるバイク」なのだそう。

販売はされていませんが、もし購入できるとしたらアナタは欲しいと思います?

©Mario Trimarchi, Samotracia, copper motorbike for De Castelli, 2018 (photo by Santi Caleca)
©Mario Trimarchi, Samotracia, copper motorbike for De Castelli, 2018 (photo by Santi Caleca)
Reference: designboom
Top image: © Mario Trimarchi, Samotracia, copper motorbike for De Castelli, 2018 (photo by Santi Caleca)
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
イギリスのバイクショップ「Death Machines of London」が、武士の甲冑をモチーフとした「KENZO」という名のカスタムバイクをリリース。
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
「FlexiSpotデスクバイクV9」は、堅牢なデスクやモニターアーム、テレビスタンドなどを造り続けてきた企業「Loctek」が生み出したもの。重力センサ...
テクノロジー企業「AŌ AIR」によって開発された空気洗浄マスク型ガジェット「ATMŌS」は、通常のマスクの50倍の効果があるという高性能フィルターを通さ...
BMWのデザインを手がけたキャリアを持つ工業デザイナーJosep Rubau氏が、新たに投下したのは、写真のヨット「RED SHARK」だ。
11月5日、立ち乗り電動二輪車だけでなく電動キックスクーターや電動一輪ローラースケーターを展開する「セグウェイ」が、新製品として「電動オフロードバイク」を...
「glafitバイク GFR-01」は、重さが約18kgで、持ち運ぶのもラクラク。加えて、コンパクトに折りたたむこともできるそうです。
アメリカでの「Black History Month」で、2月にはアフリカ系の人々に敬意を表するイベントやキャンペーンが多く行われていて、Nikeは毎年の...
デザイナーRitsert Mansと科学者Peter Mooijが協力して作ったのは、海藻から抽出したオイルをエネルギーとしたバイク。頻繁に収穫できるとい...
渋谷区神南1丁目に1月18日ソフトオープンをしたのは、食事やアートを楽しみながらゆっくりとお茶の魅力を堪能できるミニマル複合施設「JINNAN HOUSE...
もはや、この乗り物を自転車と形容することのほうが正しくないのかもしれない。そんなプロダクトが最初に登場したのは2014年のこと。1本の動画に世界が釘付けに...
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
金属加工の街、新潟・燕三条の「T-BASE(外山製作所)」が2017年より開発を進めてきた原付専用のバイクトレーラー「Piccolo」がよいよデビュー。
「Terra Hale」はすでに3つの店舗がロンドンにオープンしていて、地球に優しいとして注目されています。
日本未進出だった世界第4位のスマホブランド「Xiaomi」が開発した、A3サイズまで折りたためるコンパクトなeバイク「Himo H1」について。
名鉄の電車の音より「1/fゆらぎ」を詰め込んだリラックスミュージック「Rail Yell」。がんばる受験生に向けた鉄道会社からのエールです。
「Impossible Foods」が開発した偽の豚挽肉は、100%植物性であるうえにハラールやコーシャにも対応。実際に食べた人のレポートでは「驚くほど本...
Google Mapsの進化が止まらない。2019年7月16日、GoogleはGoogle Maps上で「バイクシェア」のリアルタイム情報が見れるサービス...
都市生活者にとって、乗り物の収納場所って本当に困ってしまいます。「Ujet」はその悩みを解決できる折りたたみ式スクーターです。ちなみに“Shibuya G...
味は普通だけど、あるモノが入ることで約14万円で売られているジンがあります。だけど、バイク好きだけにはウケるんだとか。中でも、ハーレーをこよなく愛する人に...
ロードバイク乗りにとって、日々の移動やツーリング時、ちょっとした荷物を何に入れるかというのは頭を悩ませるポイント。バッグパックは動きに制限が出てしまうし、...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
サイクリストにとって、バイク周りのグッズはかっこよく揃えたいもの。「Oi」はミニマルでハンドルになじむ、スタイリッシュなバイクベルです。開発したのはオース...