彼女は、男たちから「ピンポンガール」と呼ばれている。

「女」を武器にして生きる。

風俗嬢やポルノ女優など、自ら選んで「夜の世界」を生きることを決意した女性たち。“性の香り”であふれかえる彼女たちの居場所は、私にとっては未知の領域といえるもの。でも、まったく興味がないというわけじゃない。むしろ、未知の扉を開けてしまいたいとさえ…。アーティストJulia Fullerton-Battenの『The Act』には、私の知りたかったすべてが書かれている。

あぁ、今宵こそは、勇気を出してその扉を開いてみようと思う。大切なアソコをつかって誇り高き仕事をする一人の女性の歩む道を。

魅惑のショータイム!
股の間から出たものは…。

6189322550116352

あるショーを見るには、その店の前に立つ男に数枚の紙幣を渡さなければなりません。店内へ入ると真っ赤なベルベットのカーテンが開く。そして、拍手喝采な彼女のステージがはじまるのです。

色白で華奢な女性が登場。名前はMouse(マウス)。彼女を観にきた観客たちは、ショーがはじまると、悲鳴に近い声で叫び出す。なぜかというと、Mouseが股の間からオリーブを放つたびに、彼女の甲高い声が店内に響くのですから。

嫌悪感を抱くものや心から喜び笑うものが入り混じり、観客席はカオス。でも、誰もが「もっと見たい!」と、声を上げるのでした。

「ピンポンガール」
Mouseの生きる道

周囲から「ピンポンガール」と呼ばれる彼女。これまでは、ダンサー、ストリッパー、そして“フェチパフォーマー”として、20年以上も活躍してきました。

骨盤底筋を鍛え、ピンポン玉を飛ばす練習をするために、「女性器」でブドウをを潰す日々。それに、あるものを利用すれば、どんなものでも膣から撃ち放つことができるのです。最近は、オリーブを飛ばしています。

Mouseによると、観客の多くは19歳くらいの青年だと。それに、男性客がこの“異常なパフォーマンス”で興奮することはあまりないそうです。

「ねぇ、なんでこんな仕事してるの?」って、多くの女性に聞かれるわ。でも、なぜ彼女たちがそんなことを聞くのか私にはわからないの。だって痛くないんだもの。ただ、オモシロイって理由だけでもいいじゃない。

 

まぁ、ストリッパーとして働いていた時の方が、男性に声をかけられることが多かったんだけどね。

 

彼女の名前が、
「Mouse」になった理由

彼女に名前の由来を尋ねると、子どもの頃につけられたニックネームだと言います。が、セックスの時にネズミのような声を上げることからつけられたあだ名だったとも。

しかし、真実はそんなに面白いものではありませんでした。実は、彼女はいつも細くて長い髪をポニーテールにしていたそうで、その姿が「生理用タンポン」に似ていたことからつけられたあだ名なのだと。タンポンはネズミの姿にも似ているため、「マウス」と呼ばれるようになったのでした。

男たちの“甘い死神”

Mouseの周囲の男性たちによると彼女の存在は、男たちにとって“死のキス”を与える、ある種「死神」のようなものだと。

男の人って、スリルを求めるあまりに、持っているお金をすべて私に費やすの。なのに、「仕事をやめてほしい」って。で、彼らのお金はすべてなくなって、興味もなくなるってわけ。

彼女は、自分の仕事について誇りをもっているため、プライベートでもその話をするのを恐れていません。それが「独身であり続けることの本当の理由」なのかもしれないとも言っています。それに、セックスをしたいと思う気持ちがないそうで、それが恋人を探さない理由だとも。どちらにせよ、あまりの忙しさで彼女に恋人を探す時間はないでしょう。

誰がなんと言おうと、「私がしていることは、絶対に恥ずかしいことじゃない!」って、堂々と言えるわ。もしかしたら、これがシングルでいる最大の理由なのかもね。


 

Julia Fullerton-Batten

あの衝撃は忘れられない——。

ポルノ女優・ポールダンサー・SM嬢など、“夜の世界”で生きる女性たちのリアルな姿と言葉をまとめた『The Act』。フォトグラファーであり、The Actの著者でもあるJuliaに、なぜ彼女たちの世界に興味をもったのかを聞いてみたところ、こう答えてくれた。

 

「娼婦として生きる女性。仕事をしている時の姿と真実の姿。『生きる』ために、己のカラダをつかうことを決意した彼女たちに、私は強烈に惹かれてしまった。」

Licensed material used with permission byJulia Fullerton-Batten, (Book)
 

【TABI LABOのsarahahができました】
 
・TABI LABOでこんな記事が読みたい

 ・こういう記事が好き

 ・何か聞きたいこと、伝えたいこと
 
などなど、匿名でポチッと受付中です。こちらからどうぞ!
ていうか、そもそも「エロい」ってなんだっけ!?
「性」を売る女性たち。娼婦たちの“生の声”をまとめた『The Act』の著者であるJulia Fullerton-Battenが出会ったある一人の女性の話...
はじけるような笑顔が印象的なのは、フロリダ在住のCheyenne Lee。世界で一番美しい釣りガールとして、爆発的に注目を浴びている。セクシーさも人気に火...
結婚式のフラワーガールといえば、親戚の小さな女の子が定番。でも去る7月1日、アメリカ某所で行われた結婚式では、92歳のフラワーガールが登場しました。
オメーと一緒だと楽しいよ。会話も弾むしね。
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
撮影しているのは、妻のフォトグラファーGayla Thompsonさん。彼女のポートフォリオのひとつに『Dudeoir』と名付けられた、旦那さんのヌード集...
フォロワー70万人を超えるインスタアカウント「Petites Luxures」。フレンチエロスをポップなイラストで表現している。性の解放、快楽を大いに楽し...
先日、ジャスティン・ビーバーが後ろ姿のヌードをInstagramで披露し、大きな反響を呼びました。それに触発されたのかはわかりませんが、Instagram...
砂漠とヌード女性。かっこいいコラージュ作品なんだけれど。よく見ていると、ほのかな「違和感」に包まれる。でもそれすらも結局は「かっこいい」と思ってしまいます。
現実と幻想、自然と人工。その境界線を消しさる手段として、synchrodogsが選んだのが、この作品をつくること。直感、潜在意識、自然現象、科学でも、「説...
「なんであんな男と付き合ってるの?」と、周りからヒドい言われようをする。そんなつもりも自覚もないのに、なぜかこう「ダメな男」ばかりと付き合ってしまう…。じ...
「肌が白くて、ブロンドで、華奢なカラダ。結局、メディアで取り上げられるのは、こういう女性。でも、いわゆるデブと呼ばれる人たちだって、美しく輝いている。なの...
常に女性との関わりを持ち、一見恋愛に事欠かない「チャラ男」と「モテ男」。しかし、どうも同じに見えないのは何故なのでしょう。「チャラ男」はモテるのか、「モテ...
政府の検閲が厳しくなっているインド。あるアーティストが、不公平な状況を作品を通して、おかしいのではないかと訴えています。題材になったのは、『カーマ・スート...
ルネッサンス時代や19世紀〜20世紀末頃のサロンに強く惹かれたウクライナ出身のAlexey Kondakov。彼は、自らの手で現代を憧れの時代へと変える作...
「4尻フェチ」な私が、このヌード写真集を見つけたとき、思わず震えてしまったのです。だって、ムニュっとカタチが変わって、それでも“プリっと感”は保っている。...
0歳から100歳まで、101人の女性たちが一糸纏わぬ姿で次々と登場する。彼女たちは、女優でもモデルでもない。全員が素人の女性たちだ。しかし、堂々としたスタ...
よく「優しい男がいい」という女性がいますが、「優しいだけの男」は決してそれには当てはまりません。ただ、ここで紹介する「いい男」は、総じて本当の優しさを合わ...
男性でも女性でも「いい男」には憧れます。見た目がかっこいい男、気遣いができる男、仕事ができる男、生き様がかっこいい男ーー。「いい男」にもいろいろありますが...