【美しすぎる】透明な羽を持つ蝶々。小さな鏡と呼ばれる「グラス・ウィング・バタフライ」

ガラスの様な羽を持つ蝶々
その美しさに感動

ガラスのような透明な羽をもつチョウの仲間「グラス・ウィング・バタフライ」(Glass wing Butterfly)が注目を集めている。日本名では、「ツマジロスカシマダラ」と呼ばれているようだが、透明な羽の美しさは素晴らしい。

生物の中には、捕食者などから身を守るために保護色を持つものもいる。だがなんとこのチョウは、透明になることで外敵から身を隠しているのだ。言ってみれば、透明人間みたいな発想の生存戦略だが、その美しさに人間の注目が集まっているというのは皮肉なものだ。

このチョウの種類は、メキシコやパナマ、コロンビアからアメリカのフロリダ州あたりまで生息しているという。現地の人びとからは、その透明ば羽をガラスに例えられたり、「小さな鏡」とも呼ばれているそうだ。

羽のフレーム部分は基本は黒だが、光の加減によって様々な色彩に変化する。そのため、羽ばたくとキラキラ輝く。

一見すると、か弱そうな蝶ではあるが、なんと自分の体重の40倍もの重量を運ぶことができるというパワフルな一面も持っているようだ。

Reference:YouTube
ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
このグラスが、あなたに本音を語らせる。
ハワイ旅行に出かけたとき、せっかくなら「かわいい写真を撮りたい!」と思う女性は多いと思います。しかも、まだ誰も見たことがない写真ならなおさら自慢できちゃう...
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
iHerb(アイハーブ)で買える「簡単に角質オフできるリップスクラブ」を3つご紹介。E.L.Fのブラウンシュガー、Skinfoodのアボガド&シュガーリッ...
日本でも話題となった「#MeToo」のムーブメント。ショッキングな事例が次々と明らかになりましたが、問題はもっと根本的なところにあると考える女性たちも多い。
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
ワイングラス「Wino Sippo Glasses」には、ステム(脚)がなく従来のものに比べてサイズは一回りは小さい。さらに、ひょろりと伸びたストローみた...
バリスタの世界チャンピオンや神経科学の専門家のアドバイスを取り入れつつ開発されたというグラスウェア。味、香り、感触、見た目などコーヒーをよりおいしく味わう...
イギリスでは小さなカクテル(マイクロカクテル)が流行っているのだとか。つまり、ショットグラスに注がれるカクテルってことです。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
1889年に富山県高岡市で創業した仏具鋳造作業所「小泉製作所」が製造する、形の異なるペアグラス「Kanpai Bell Pair」。現在、Makuakeに...
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
底が丸みを帯びているから、まさにロッキングチェアのようにテーブル上でゆらゆら。一見すぐに倒れてしまいそうなこのデザインこそが、転倒を防止してくれています。
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
ヘッドセットに高速高解像度カメラが埋め込まれていて、ユーザーはディスプレイに映し出された画像を見ることができます。手持ちのコントローラーで、コントラストや...
このアリーナは、ゼロウェイストで運営がおこなわれ、雨水を利用したもっとも地球に優しいアイスリンクを作る、世界で初めてのアリーナとなる予定だとか。
ナイジェリアに住むティーンエイジャー3人で構成された「Ikorodu Bois」というコメディプロジェクト。ミュージックビデオや映画のトレーラーをさまざま...
多くの人の「やるせなさ」あるいは「情念」がべっとりと染み付いたバリバリのディスプレイからつくったグラス
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
美しい切子の文様をいかしつつ、ダブルウォールグラスの機能をプラスした「Fuwan-浮碗」。
デザインはジャスパー・モリソン、製作は松徳硝子という豪華な組み合わせによって生まれたグラスは、高級感のある佇まい。だけど、1個税込1,944円。とても控え...
桐はその性質から、古来より「木の女王」と呼ばれていました。ただ、現代では使われることも少なくなり、日常生活から遠のいていってしまった「桐」。防虫・防湿効果...
メキシコに住むEveliaさんとアメリカに住むBrianさんは、現地時間の11月18日、アメリカとメキシコの国境で結婚式を挙げました。2人のために1時間だ...