女性専用クラブ「ザ・ウィング」――ベンのトピックス

日本でも話題となった「#MeToo」のムーブメント。ショッキングな事例が次々と明らかになりましたが、問題はもっと根本的なところにあると考える女性たちも多い。例えば、能力はあるのに女性というだけで男性と同等な立場に立つ機会をもらえない事実、男性の社交クラブでは女性の話題を避けることすらある習慣などなど。

アメリカでは、この状況を打破するべく、東海岸・西海岸問わず多くの企業がアクションを起こしてきました。しかし、今のところもっとも成功しているのは、向上心の強い女性たちによって設立された「The Wing(ザ・ウィング)」だと思います。

ザ・ウィングは、2016年にオードリー・ゲルマンとローレン・カッサンによって設立された女性専用社交クラブ。19世紀後半から20世紀初頭にかけて盛んだった女性クラブ運動(ザ・ウィングのウェブサイトによると、この女性クラブは1930年代までにニューヨークで600以上、全米では5,000以上あったそうです)にインスピレーションを受けています。

© the.wing / Instagram

ザ・ウィングは現在、ニューヨーク市内に「coven(コーヴェン)」と呼ばれる拠点を4ヶ所持っています。この女性専用のプライベート・スペースには、リラックスできるバーやレストランだけでなく、女性著者による書籍、Wi-Fi、充電ステーションを備えたワークスペースもあります。コワーキングスペースがイメージに近いかもしれません。

© the.wing / Instagram

時期は未定ですが、ウエスト・ハリウッド、ロンドン、トロント、シアトル、シカゴにも拠点を構える予定だそうで、クラブは海を越えて、他の都市にもネットワークを広げていくステージに入っています。実際、入会希望のウェイティング・リストに登録された人数は1,000人を超えているそうです。

メンバーになると、どんなメリットがあるのか?

まずは、上記のスタイリッシュなプライベート・スペースを使えるようになること。そして、ザ・ウイングが発行する雑誌『NO MAN’S LAND』(ネーミングがいい!)やオンラインのニュースレターの購読などが挙げられます。

© the.wing / Instagram

しかし、やはりもっとも魅力的なのは、同じ志を持った女性同士のコミュニティで活動できる点でしょう。

メンバーは一緒に朝食をとったり、ヨガをしたり、ゲストスピーカーを呼んで講演会を開いたりして楽しむことが可能です。ただスペースを共有するだけでなく、イベントがあることでコミュニティの結束は高まっていくはずです。

ちなみに初回のゲストは、ニューヨーク州選出のアメリカ合衆国上院議員、カーステン・ギリブランドだった。

彼女のようなポジションの人間がクラブに関わっているというのは、女性向け社交クラブの未来を示唆しているように思います。

Top image: © iStock.com/panic_attack, TABI LABO 2019
他の記事を見る
NYの有名ホテルチェーン「ACE HOTEL」のロビーでは、クリエイターやノマドワーカー、スタートアップ企業たちが仕事をしているらしい。日本でもそんな新し...
ガラスのような透明な羽をもつチョウの仲間「グラス・ウィング・バタフライ」(Glass wing Butterfly)が注目を集めている。日本名では、「ツマ...
86%のブラジル人女性がクラブでセクハラを受けたことがあります。ことの重大さを伝えるため、実際に女性がどのくらい男性に体を触られるのかを検証しました。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
ビーサンの代わりに履きたい「雲駄-unda-」。これ、雪駄とスニーカーのマッシュアップです。今日からクラウドファンディングサイト「makuake」にて資金...
「シークレット・シネマ(Secret Cinema)」は、ファビアン・リガルがロンドンで始めた映画上映アトラクションです。2007年にスタートしてから、観...
ニューヨークにある古いキャンピングトレーラーを改装してつくられた女性専用のタトゥースタジオ「Ink Minx」。運営者は、パキスタン出身でイスラム教徒のS...
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
シャネルが、ファンデーション、アイブロウ・ペンシル、マットな仕上がりの保湿リップクリームの、3つの製品で構成される「ボーイ ドゥ シャネル」を立ち上げまし...
2017年の「fake news(フェイクニュース)」につづき、イギリスのコリンズ英語辞典が選んだ2018年のワード・オブ・ザ・イヤーは「single-u...
活版印刷の印刷所が少なくなっているなか、「echos」は大阪・東船場の築約40年の煉瓦造りの建物に誕生しました。ちなみに、関西では初の活版印刷を使ってもの...
京急電鉄初の上り“着席保証列車”が登場し、話題になっています。こと首都圏において、朝の通勤電車は座席に座れないどころか、立っているのもやっと…。そんな中で...
だいぶ暖かくなってきましたが、GWくらいまでまだまだスキーが楽しめるところも多いので、こんなネタを。「WING JUMP」は、その名の通りスキー中につける...
日本でも80'sカルチャーが見直されていますが、それはヨーロッパでも同じ。エリオ・フィオルッチによって1967年に設立されたブランド「FIORUCCI(フ...
1月23日から、アメリカ・ワシントン州スノホミッシュ群にて、Amazonが自動配達に挑戦しています。
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
経済的な自立が難しい女性をサポートするためのプロジェクトで作られたアクセサリー。でもね、辛い過去があってもみんな楽しそうなんです。
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
「モダン・ダンスの祖」と呼ばれる女性がいる。19世紀末のパリ社交界でトップスターの座に上り詰めて、のちのダンス界に多くの影響をもたらしたロイ・フラーだ。鮮...
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
女性という、生き物について。