インド政府による検閲を、「エロ」を使って巧みに批判。

数年前、インドの検閲当局は、映画『007 スペクター』のキスシーンが長すぎるから半分を削除するようにと指摘しました。または、性教育のためのイメージが監査の対象になったこともあるそう。このように、政府の検閲は厳しくなっているようです。

頭に「?」が浮かんだ人は、僕だけではないはず。「インドにはあの有名な恋愛ハウツー本『カーマ・スートラ』があるじゃん」って。

この思いは、インドに暮らしている多くの人にも共通しているのだとか。アーティストAkshita Chandraさんは、国家の考えを批判するために立ち上がりました。

「エロ=わいせつ」なんて
大間違いだ!

Akshitaさんの作品は、カジュラホ寺院にある、『カーマ・スートラ』を立体的に表現したといわれている石像からインスピレーションを得たのだとか。

さらに、1つ1つの作品には、彼女が不公平だと思った検閲の事例を揶揄しているようです。例えば、40組以上のカップルがホテルから、わいせつな行為をしたとして連行されたことや、下着だけをつけたマネキンを展示するのが禁止されたことなど。

「この作品を通して、何がわいせつなことと捉えられ、何が受け入れられるべきなのかを、多くの人に考えて欲しいです。特に、検閲をおかしいと感じている人には」

Licensed material used with permission by Akshita Chandra(HP), (Instagram), (Behance)
性風俗で知られるタイは、仏教国という側面も持ち併せている。そんな一面を垣間見せてくれるのが、1960〜70年代に行われたヌード検閲。女性の乳首は見事なほど...
ていうか、そもそも「エロい」ってなんだっけ!?
政府によって真実を伝えることが難しいジャーナリストたちが考えたのは音楽ストリーミングサービスのプレイリストを使うこと。音楽ディレクターとコラボし、伝えたい...
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
インドの英字新聞『The Times of India』の記事によると、インド・ラージャスターン州で、亡くなったと思われていた95歳のおじいちゃんBudh...
インドのEDMフェス「Magnetic Fields Festival」の開催地は、ラジャスタン州にある宮殿。2013年にスタートしたこのフェス。宮殿での...
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
コストが削減できて、スピーディーに仕上がる。しかも、結果的に環境対策につながる。こうした理由から欧米で多く行われている「倉庫リノベーション」。インドにも同...
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
経済成長を直に感じると、自信に満ち溢れてくるのかもしれません。インドで設立された学校「Akshar Forum」が活気づいています。
インド南部バンガロールで夜通し行われる「Fireflies Festival of Music」。この音楽フェスの一番の特長となるもの、それは「ホタル」。...
これは、とあるインドの学校に建てられた図書室。建物の屋根全体がレンガづくりのなだらかな斜面になっていて、地面と屋根を自由に登り降りできます。
「未来の塔」という名のインドの集合住宅には、1000部屋以上あり、約5000人もの人々が住めるといいます。外観からは想像しにくいですが、建物の中には、子ど...
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
紹介するのは、ロンドンを拠点に活動をするフォトグラファーChristopher Wilton-Steerさんの写真。それを見た人に、旅をしている気分になっ...
言うまでもなく、ピンクとストライプが特徴的なデザイン。たくさんの人が写真を撮っている姿が目に浮かびますね。
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...