あまりの人気に偽アカウントまで登場する「官能イラスト」

絵描きの技量は春画を見ればよくわかる」、なんて昔から日本でも言われてきたように、国芳、北斎、歌麿ら、歴史に名を残す大家たちが性を題材にした絵を描いてきた。そう、春画は浮世絵の立派な1ジャンル。

ではそれが、ひとりこっそりのぞき見するエロ本のようなものだったかといえば、どうやらそうではないようだ。「笑い絵」「枕絵」とも呼ばれる春画は、ユーモアにあふれ、みんなで「バカだねぇ」なんて笑ったり、突っ込んだりしながら楽しんでいたんだとか。武士も町人も新作を心待ちにする、江戸庶民のある種コミュニケーションツールだったのかもしれない。

な〜んて回りくどい前置きが、これから紹介するイラストに何の役にも立たないかもしれないが、エロと、プレジールと、エスプリと、アムールにあふれた“現代フランスの春画”をご賞味ください。

まずは“前菜”から、どうぞ

「春」の目覚め

1,600回転が最高っ!

プロポーズの返事、
彼女は叫びながらこう答えてくれた
「YES!」

強制終了(⌘Q)

深海へダイブ

“愛のワナ”を体で受け止める

「しっかり手すり掴んでて」

Pop-porn

瞬間湯沸かし器

マカロンみたいな私

赤ワインの後の白ワイン

お風呂あそび

雪山で遭難したら…
まずは体を温める

生徒と教え子の数学的つながり

Wet a Minute

「お客さん来ちゃうってば〜」

我を忘れて、暴発…

エアポケット

フィンガーフードをおひとつ

真っ白い砂丘のできあがり

野草のブーケ

与えることの喜び

求むべきは、
いまこの一瞬の快楽のみ

パリ在住のインスタアカウント「Petites Luxures」。2014年より投稿し続けるイラストは、すでに1,000枚を超えている。あまりの人気ぶりにFacebookやTwitterには偽アカウント、おまけに関連グッズまで登場する始末。それでも70万人以上のフォロワーが新作を楽しみに、日々このアカウントをウォッチしているわけだ。

なにはともあれ、“いかがなものか”なんて眉をひそめるよりも、“バッカだねぇ”と、笑いあえるほうがいいじゃないか。

曖昧な幸福論に溺れることなく快楽主義であれ

久しぶりに、澁澤龍彦でも読み返してみようかな。

Licensed material used with permission by Petites Luxures
愛を確かめるように、やさしく触れ合うふたり。好きであればあるほど、相手に近づきたくなるものです。男女の濃厚な空気感を描いたイラストは、どこか官能的で目をそ...
お互いに好きであっても、相手の心を傷つけてしまうことはあるもの。時々であるならまだしも、一緒にいると不幸になるんじゃないかと。見ているコチラが心配になるよ...
これら15枚のイラストは、Viola Wangさんが描いた遠距離恋愛中のカップルの日常。一連の流れが、「切ないながらもキュンキュンする」と話題になっていま...
もし、心に秘めるセクシャルな欲望を口に出してしまったら。バカにされるかもしれないし、拒絶されるかもしれない。自分の“秘めた願望”を、さらけ出せる人間がどれ...
胸がギュッと締め付けられるほど切なかったり、燃えるように熱い気持ちになったり。自分でもびっくりするくらい、思いにあふれてしまうのが本気の恋愛だと思う。様々...
カップル、親子、家族などの何気ない日常を「ほっこり」描いた人気イラストを集めてみました。キュンキュンするものから、思わず「わかるー!」と言いたくなるものま...
女子なら誰しも「クゥ~」と叫んでしまうこと間違いなしのイラストを描くのは、Sundae Kidsさん。乙女心をくすぐってしょうがない作品を厳選してご紹介します。
好きな男性とスキンシップする女性たちの姿。幸せいっぱいな気持ちが伝わってくる。恋愛がめんどくさいと思っている人も、Lorraine Sorletの描くカッ...
ここで紹介するのは、あの人気家具店がシンガポールで打ち出したイラスト広告。「愛はフクザツ。IKEAはシンプル」というコピーとともに、左右を対比したアイデア...
Sebastian Varnierさんは彼女と同棲中。ペットと一緒に暮らす彼らの暮らしは、いつも笑いにあふれています。今からご紹介するのは、彼女が描いた日...
こちらのイラストは、フィラデルフィア郊外在住のイラストレーターBen Pannellが手がけたもの。それぞれのテーマはバラバラだが、共通しているのは、妻で...
新作をアップすればたちどころに買い手がつく、売れっ子イラストレーターPing Lin。もともと絵本の挿絵を専門に描いていたが、芽が出ず廃業。それがちょっぴ...
「ふぅ〜」っとため息が止まりませんでした。見ているだけで、やさしい愛が伝わってくるカップルのイラスト。どれも、何気ないシーンなんだけど、平凡だからこそ共感...
英ブリストル在住のイラストレーターPhilippa Riceさん。彼女のポップでかわいいイラスト「SOPPY」のモチーフは、彼女と実際の彼との生活を描いた...
付き合いはじめはベッドから抜け出せないほど“愛し合っていた”のに、いつしかその熱も冷め。気づいたらセックスは誕生日にしかしていない、なんて状況。これって普...
一見、単純に見える世界も、人の心も、可能性も、別の何処かへと続く奥行きみたいなものがあって、一筋縄ではいきません。イタリア人アーティストAndrea Uc...
2005年ってどんな感じだったっけ?なんて聞かれても返答に困っちゃいますけど、「Paris zigzag」に掲載されたイラストは、この10年間で何が変わっ...
現代社会をシニカルに描くフランス人イラストレーターJean Jullienさんが、画集「MODERN LIFE」をリリース。さっそく話題になっています。1...
ここに紹介する台湾人アーティストPigo Lin(皮哥)も、「多分に日本のカルチャーに影響を受けた」人物。ユーモアとちょいエロ、それ自体は日本の春画(笑い...
映画やマンガに登場する、生ける屍たち。一度は死んでいるのにも関わらず、何かに執着するように彷徨う彼らは、なんとも不気味です。Gunduz Aghayevは...