#サンタモニカ #モザイクタイル #行ってみたい

Instagramが当たり前になってから、観光スポットと呼ばれる場所が少し変わったように思います。より、カラフルで写真映えする場所へと。

たとえば、カリフォルニアの砂漠にポツンとある「Salvation Mountain」なんて、流行にアンテナを張っている人なら、もう見飽きているでしょう(未だに多くの人が足を運んでいるのだけど…)。

せっかく高いお金を払ってカリフォルニア旅行をするなら、日本人にあまり知られてないところに行くのはどうでしょう。他に比べても見劣りしない、フォトジェニックなところですよ。

#MosaicTileHouse

2人のアーティストが、何の変哲もない家にコツコツと装飾を続けた結果できたのが、ここ、モザイクタイルハウス。位置はちょうどサンタモニカとベニスビーチの中間くらい。

入場料が$15で、オープンしているのは金曜、土曜、日曜の14時〜15時のたった1時間。不定休もあるそうなので詳しい情報はこちらから。

チャンスは自分のスケジュール次第。だけど、これくらいレアな方がInstagramに載せる意味がありそうだな〜。

Licensed material used with permission by David Clifford Turner
モスクの天井装飾にエキゾチックさを感じたり、近所の銭湯でタイルの壁に囲まれてノスタルジックな気分になったり。色使いや模様の並べ方で、国や時代の特徴が出るの...
日本最大のモザイクタイルの生産地として盛り上がりを見せる、岐阜県多治見市笠原町。ここで『幸せなお家』と呼ばれる建物再生プロジェクトが始まった。
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
イギリスのタイルメーカー「Casa Ceramica」のショールームに続く廊下は、注意しなくても、きっとおそらく走ることはありません。どんなにやんちゃな子...
シンガポール在住メリッサさんのInstagramアカウントでは、各国のグルメと観光スポットを掛け合わせた写真が投稿されています。
いま世界のいたるところで深刻な「水不足」が問題になっています。米・カリフォルニア州では大規模な干ばつが続き、地下水や貯水池の水が干上がり、危機的な状況に。...
サグラダ・ファミリア、カサ・ミラ、グエル公園…。思わず見上げてしまう観光名所ひしめくバルセロナで、あえて目線を足元に落としてみたら、そこにしかない特別なア...
語学留学のためカリフォルニアを訪れていたぼくは、キャンピングカーをレンタルして3泊4日の旅をすることに決めた。旅の目的地は、以前から憧れていたアリゾナ州の...
得てして、カルチャーのルーツを探ってみると、とても小さなものから始まっているもの。何度目かのブームが再燃しているとも言われているスケートボードのルーツも、...
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
フォトグラファーであり、ロードトリッパーのMolly Steeleさんは、自由をこよなく愛する女性。彼女が行く先々で撮影した写真は、つねに自然体で、旅する...
遥か上空からの数々のショット。季節ごとに色を変えるアメリカの姿を撮影しているのは、L.A.を拠点に活躍するフォトグラファーNiaz Uddin。時には、ヘ...
観光客(Tourist)と旅人(Traveller)、旅することにおいては同じ意味にも思えますが、細かく見ていくと両者を隔てる明確な壁が見えてきます。これ...
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
「The BEACH BURGER HOUSE」があるのは、2017年に大きくリニューアルしたばかりの「フェニックス・シーガイア・リゾート」から、車で5分...
おもしろいInstagramのアカウントを見つけました。
そんな面白い取り組みをしたのは、パキスタンの広告制作会社Serial Kolor。歴史的絵画の一部をInstagramの投稿風に切り取ると、新しい世界が待...
『On the Road』に出会い、アメリカへ向かった日本人写真家、小林昭。1969年から1974年までの6年間、カリフォルニアのヴェニスビーチを拠点にし...
モロッカン陶器ができるまで幾何学模様の組み合わせでできたゼリージュや鮮やかな色……日本でも人気の高いモロッカン陶器。フェスは陶器の代表的な産地だ。「フェス...
カリフォルニア州で、9月20日にストローの提供を禁じる法案が可決されました。