「足元タイル」で、世界の都市を巡る

モスクの天井装飾にエキゾチックさを感じたり、近所の銭湯でタイルの壁に囲まれてノスタルジックな気分になったり。色使いや模様の並べ方で、国や時代の特徴が出るのが「モザイクタイル」の面白いところ。

タイポグラフィデザイナーのNick Misaniさんも、そんなタイル装飾に魅力を感じているひとり。特に「旅先の足元タイル」に強く惹かれた彼は、こんなアートを生み出しました。

「足元タイル」に
街の名前を添えて

NickさんがInstagramに投稿しているのは、街の名前が添えられた「足元タイル」。実はこれ、デジタル加工して作られています。

「#fauxsaic(人工モザイク)」と名付けられたこのシリーズ。彼が旅先で見かけた歴史的デザインや、その街が持つイメージカラーを元に、タイル風のタイポグラフィを作っています。それに足元写真を合成して、さながらその場に立っているかのような仕上がりに。

リアルさを出すために、タイルの色はあえて不完全に着色しているんだそうです。

「いろんな街で出会う素晴らしいデザインを、その街の印象として表したいと思ったのがこのシリーズの始まりだよ」

たしかにタイルのデザインや字体から、何となくその街の雰囲気が伝わってくるような。

靴との組み合わせも
楽しんで

シックで落ち着いた街を歩くとき、カジュアルで色鮮やかな街を歩くとき。

街の様子に靴のデザインがマッチしているのも素敵です。

Licensed material used with permission by Nick Misani
イギリスのタイルメーカー「Casa Ceramica」のショールームに続く廊下は、注意しなくても、きっとおそらく走ることはありません。どんなにやんちゃな子...
日本最大のモザイクタイルの生産地として盛り上がりを見せる、岐阜県多治見市笠原町。ここで『幸せなお家』と呼ばれる建物再生プロジェクトが始まった。
サグラダ・ファミリア、カサ・ミラ、グエル公園…。思わず見上げてしまう観光名所ひしめくバルセロナで、あえて目線を足元に落としてみたら、そこにしかない特別なア...
Mosaic Tile Houseは、2人のアーティストがコツコツと装飾をした家。位置はちょうどサンタモニカとベニスビーチの中間くらい。入場料は$15で、...
アラブ首長国連邦を構成する1つ、シャルジャに光り輝くモスクがあらわれました。位置としてはドバイから車で30分ほど移動したところにあります。
モロッカン陶器ができるまで幾何学模様の組み合わせでできたゼリージュや鮮やかな色……日本でも人気の高いモロッカン陶器。フェスは陶器の代表的な産地だ。「フェス...
バッグの中が美術館になったり、瓶のフタがプールになったり。ロンドンのアーティスト・Slinkachuさんは「もしも小さな人がこの世界に存在したら」を想像し...
三角形のタイルを踏むことで起こる、運動エネルギーを電力に変える床発電システム。クリーンエネルギーを自らの力でつくり出すという、究極のエコ道路が世界に広がり...
使い方はカンタン。あなたが今まで訪れたことのある国や都市をピンするだけ。実際にやってみて思ったのは、世界地図を見ながらやると旅の記憶が鮮明に蘇ってくるとい...
北欧スウェーデンの首都ストックホルム市内には、赤、青、緑の3本の地下鉄路線がある。3路線の全長は100km以上にもなり、じつに100駅が存在する。その中で...
オフラインでも使える観光アプリ「Nexto」。情報を得るには、チャット機能やARを使って、ユーザーが楽しむことができるそうです。
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
アジアとヨーロッパ、ふたつの大陸にまたがる都市・イスタンブール。かつて、ローマ帝国、ビザンチン帝国、オスマン帝国と三代続いた大帝国の首都として、数多くの遺...
家の中でいちばんプライベートな空間、それはトイレと答える人は多いのではないでしょうか?Houzzの写真を見ていると、トイレに求めるものは人それぞれであるこ...
至るところにHELVETICA書体によるタイポグラフィがプリントされていて、それがアクセントになっています。
丹後鉄道が運行する観光列車「丹後くろまつ号」「丹後あかまつ号」「丹後あおまつ号」は、丹後の風土を感じることのできる車両、丹後の歴史や特産を目と舌で味わえる...
パリから北西フランス、または南フランスを巡る旅に出発し、その模様を動画で伝える。現在、そんなフランス旅行の「公式レポーター」を募集するキャンペーンが展開さ...
次にいきたい旅行先はどこですか?もし決めかねているならば、エチオピアがオススメです。「Quartz」によると、エチオピアが世界で最もいきたい場所に選ばれた...