「廊下を走ってはいけません!」は不要な床。

「廊下は走ってはいけません!」

きっと誰もが子供の頃、一度は言われたことのある言葉ではないでしょうか。しかし実際、「走るな」と言うだけではあまり効果がないこともありますよね。

イギリスのタイルメーカー「Casa Ceramica」のショールームに続く廊下は、注意しなくても、きっとおそらく走ることはありません。どんなにやんちゃな子供でも、ゆっくりと静かに歩いてしまうはず。

その秘密は、目の錯覚を利用した新しいタイルの使い方にあります。

廊下の真ん中に大きな凹みが!?

こちらがCasa Ceramicaのタイル張りの廊下です。大きな凹みができているのにぎょっとして立ち止まってしまいそう。

実はこれ、色や形の異なるタイルを組み合わせることによって凸凹に見せているだけで、実は平坦な道なのです。平坦だとわかっても、見た目とのギャップにふらついてしまいます。

「走らないで」と言われなくても、ついつい慎重な足取りになってしまう効果があるのです。

既存のイメージを打ち壊す

この廊下には「人が走らないように」という目的の他に、Casa Ceramicaの大切なコンセプトが反映されています。

それは既存のタイルのイメージを打ち壊し、タイルの新たな使い方やその魅力を紹介する、というもの。

ショールームへ向かうこの廊下は、先に待つ部屋への期待を高める空間でもあります。目に見える歪みと現実とのギャップのおかげで、歩くだけで非日常を味わえるのですから。

壁に書かれたメッセージは、アーティストのMyroさんによるもの。廊下のデザインのコンセプトにもなっている『不思議の国のアリス』の一節やTony Walshの詩を引用しています。

不揃いな文字の並びが床の歪みと相まって一層ファンタジックな雰囲気を醸し出しています。

タイルと言えば均等に整然と並んだ姿が魅力というイメージがありましたが、Casa Ceramicaの不思議な廊下は新しいタイルの可能性に気付かせてくれます。

空間に芸術作品を飾るのではなく、空間そのものを芸術作品としてしまう発想自体がとてもユニーク。この廊下を皮切りに、遊び心とセンスに溢れた新しいタイル張りの空間がどんどん増えていくかも?

Licensed material used with permission by Casa Ceramica
モスクの天井装飾にエキゾチックさを感じたり、近所の銭湯でタイルの壁に囲まれてノスタルジックな気分になったり。色使いや模様の並べ方で、国や時代の特徴が出るの...
京都の紅葉は、いまが見頃。昼間に眺めたい人もいれば、夜間ライトアップが好きという人もいるでしょう。そうそう、源光庵のように「窓で切り取られたもの」も話題に...
彼女の顔をぱっと見た瞬間、全身にビリビリと電流が走ったような感覚に。二度見したくないくらいの衝撃、でも……つい見てしまう。奇術のようなメイクを手がける韓国...
三角形のタイルを踏むことで起こる、運動エネルギーを電力に変える床発電システム。クリーンエネルギーを自らの力でつくり出すという、究極のエコ道路が世界に広がり...
この4種類をデスクに常備しています。
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
日本最大のモザイクタイルの生産地として盛り上がりを見せる、岐阜県多治見市笠原町。ここで『幸せなお家』と呼ばれる建物再生プロジェクトが始まった。
サグラダ・ファミリア、カサ・ミラ、グエル公園…。思わず見上げてしまう観光名所ひしめくバルセロナで、あえて目線を足元に落としてみたら、そこにしかない特別なア...
新生活に合わせてラグをお探しなら、「会話のきっかけ」になるこんなユニークアイテムも選択肢に入れてみては?
「種子島宇宙芸術祭」は、日本で唯一の大型ロケット発射施設を有するなど、宇宙を固有資源とする種子島を舞台に開催予定。2012年からプレイベントとして開かれて...
使い勝手はどれもフツー。めちゃくちゃフツーです。
人間の目は、世界をそのまま見ているわけではありません。目から入ってきた光の刺激は視神経を通り、脳に伝達され、はじめて何らかの像を認識します。つまり「脳の認...
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
週に2~3日走ろうと決意をしても、「やっぱり面倒だな」「続けられる自信がない」と、マイナスなイメージが頭をよぎる人もいるでしょう。理学療法士・重森健太さん...
空気を乾燥させたり汚したりすることがなく、温風によってほこりが舞うこともない。そんなメリットだらけの床暖房ですが、一方でネックとなってくるのは、電気代では...
「カランダッシュ」は、エスプレッソマシンメーカー「ネスプレッソ」の「セカンドライフプロジェクト」のパートナーとして、「849 カランダッシュ+ネスプレッソ...
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。
マンチェスターとバーミンガムの間に位置する歴史の深い産業都市ストーク・オン・トレントは、ファンタジー映画に出てくるようなレンガ造りの大釜などが特徴的で、観...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
料理教室やウォーキングクラブに行くことを処方箋に書けるようです。
これは、YouTubeの公式チャンネル「AsapSCIENCE」で公開された動画です。たぶん、見た後は自分の目を信じられなくなると思います。早速どうぞ。下...
2013年に稼働終了した「Shepton Mallet Prison」。最近になり、重い扉がまた開かれた。17世紀に建てられたこの古い刑務所では、現在ゴー...
理学療法士・重森健太さんの著書『走れば脳は強くなる』では、走ることで脳機能のパフォーマンスがアップし、たくさんのメリットが生まれると紹介されています。でも...
使わないときには路上に隠れている電気自動車用の充電スタンドを、イギリス企業Urban Electricが開発した。この「UEone」はアプリで操作をしたら...