食後にやってはいけない「6つのこと」

健康を保つため特に注意が必要なことは、体の中でも繊細な消化器系の調子をいかに整えておくか。だけど、私たちの生活習慣において、逆効果な行動が多々あると「Little Things」ライターAngel Chang氏は記事にしました。食後に避けるべき行動6つと、おすすめのアイデアを3つ紹介していきます。

01.
食べてすぐは逆効果
ウォーキングは10分以内に

0001_Layer-Comp-211-600x600

多くの人が、食後のウォーキングによって胃液の循環を促進し、消化を助けることができると信じています。しかし、現実はその逆。過度な運動でないにもかかわらず、食後の散歩は逆流性食道炎の原因ともなる酸逆流を引き起こしたり、消化不良の原因になると考えられています。
食後のウォーキングは脂肪を燃焼するためにはいい方法。しかし、もっとも理想的な方法は、食後少なくとも30分以上間隔を開け、さらには時間も10分以内に絞った方が体のためなんだそう。

02.
食後のフルーツは
消化されにくい

0007_Layer-Comp-810-600x600

食後のデザート代わりに果物を食べる人も多いはず。ですが、これもどうやらNGみたいです。実は、果物を食べるには最適な時間帯があるのです。
ほとんどの果物には糖が含まれているため、簡単に消化されます。ところが、食後だと消化しやすいはずの果物がなかなか消化されずに、腸まで届くのにも時間がかかってしまうのです。ちょうど胃袋で食事とフルーツが引っかかってしまう感じ。少なくとも、1時間は間隔を開けることをおすすめします。

03.
栄養素摂取の妨げになる
食後のお茶

0005_Layer-Comp-611-600x600

お茶には抗炎症性、さらには洗浄特性があり健康のためにも多くのメリットがあります。ところが、栄養士に言わせれば食後のお茶はあまりおすすめができないようなのです。
それは、お茶に含まれるポリフェノールやタンニン、植物栄養素の鉄分が、食事から摂取される栄養分を吸収する妨げになることもあるから。お茶も食後1時間ほど開けてから飲むのがベストタイミング。

04.
胸焼けはこれが原因?
うたた寝をすること

0004_Layer-Comp-511-600x600

繰り返し行うことにさして害はありませんが、食べてすぐ横になることは体にとっては良くありません。消化液が胃から食道へと逆流しやすくなるからです。胃の消化液は酸性、これが食道の粘膜を傷つけてしまうことに。よく、ゴロンと横になっていて突然、胸焼けのような強い刺激を感じることがあるはずです。食後すぐの睡眠は避け、少なくとも2時間は開けるようにしましょう。

05.
お風呂は食後よりも
食前がベター

0002_Layer-Comp-312-600x600

お風呂やシャワーを浴びれば、当然ながら体温は上昇していきます。体温を下げる目的で、体内では多くの血液が体の表面(皮膚)に向かって、どっと流れていきます。本来、胃の内容物を消化するために使われるはずの血液やエネルギーが、体温調整に使用されてしまうため、適切に消化できなくなるという訳です。理想を言えば、食後30分開けたシャワーがいいでしょう。

06.
食後の一服はNG
消化器官にデメリットあり

0006_Layer-Comp-711-600x600

愛煙家にしてみれば、食後の一服はつきもの。同僚、友人、家族と食後にタバコを吸う機会があるでしょう。喫煙のリスクは言わずもがなですが、過敏性腸症候群や胃潰瘍を引き起こす原因になるとも考えられています。喫煙はまた、結腸や大腸の働きを左右する筋肉にもマイナスの影響を与え、消化器官にとってもメリットはないようです。

07.
お腹を冷やさない
お水よりも“白湯”が◎

0000_Layer-Comp-112-600x600

食後約1時間ほど、胃の中では食べ物を消化するために、血液とエネルギーと熱を必要としています。したがって、潜在的にこれらの活動を邪魔する行為は、消化にとってみれば良くないこと。アイスクリームや冷たい飲み物を口にすることは避けるべき。胃の熱を放出してしまい、酸性に反応して消化の妨げにもなります。食後のベストは、ずばり白湯。

08.
家族や友だちとの団欒

0003_Layer-Comp-411-600x600

あなたの食後に必要なのは、友人や家族との会話を楽しむ時間。肉体的にも精神的にもハードワークを避けることができるうえに、消化の邪魔をしません。体内で血液の循環も穏やかなコンディションに整えてくれる最適なアクティビティです。

09.
食事の前に
部屋着に着替えておく

0008_Layer-Comp-99-600x600

逆流性食道炎を避けるためにも、できるだけ胃や腸を圧迫するようなタイトな衣類を避けるようにしましょう。食事の前には体がリラックスできる部屋着に着替えておくことをおすすめします。

Licensed material used with permission by Little Things

美味しいものを目の前にすると、ついつい暴飲暴食に走ってしまう。挙げ句の果てには、ひどい胸焼け…。もしも、胸や喉に焼けるような感覚を感じる頻度が増えてきたな...
『やらなくてはいけないことリスト』を作っている人は多いでしょう。でも実は『やりたくないこと』が大切。何がやりたくないのか自分自身が知らないから。あなたの夢...
体型維持のため、あるいは落ちない脂肪と格闘して、ダイエットの理由は人それぞれ。そして、その方法もまたさまざま。正しいダイエット法なんて、本当に存在するので...
頑張って運動しているけど、なかなか痩せない。痩せるために食事制限もしてみたけど、イライラする。それはもしかしたら、運動をする「時間帯」が間違っているのかも...
運動に対するモチベーションって、少しの工夫で、アップするから不思議なんだよな。と考えていたら、「Elite Daily」のライター Georgina Be...
どれだけ眠っても眠い、肩がこる、タバコをやめたい…。生活習慣に関する悩みの原因は、ほとんどがカラダに蓄積している「毒素」によるものだと言われています。そこ...
ストイックにでなければいけない、強度を上げたら落としてはいけないなど、エクササイズをする上で勘違いしていることはないだろうか?この記事には、あなたが感じて...
口内炎がよくできて困るーーそんなあなたには「Little Things」がまとめた原因と対策が参考になるかもしれません。注意しておくべきもの、意外とたくさ...
付き合いはじめのときはあんなに好きだったのに、なぜだか最近そうでもないような…。燃えるような恋も、いつかは冷めるもの。しかし、それが長く続く温かな愛に変わ...
ライターのBenjamin P. Hardyは、こんな問いかけをしています。 朝、目が覚めたときどんな気分?スーパーマンみたいになんでもできそう?それとも...
風邪、喘息、口内炎…多くの病気の原因は、カラダに蓄積している「毒素」が大きく影響していると言われています。その「毒素」をカラダから排出して体調を整えるため...
スペインでランチやディナーにいったり、人の家で料理をご馳走になる時、してはいけないマナー違反・タブーを10項目紹介。食事の時間の注意、タパスは立ち食い、塩...
運動不足やダイエットは関心度が高い要素。ここで紹介する「Elite Daily」の記事でも、歩こう!とか、酒を呑まないように!と書かれています。でも、もっ...
「Elite Daily」では、当たり前になっているけど感謝をしなければいけない6つのことを紹介しています。少しでも人生を良くしたいなら、身の回りのことか...
あらゆる病気を治せる医者がいる!そんな噂があるようだ。1933年生まれの南米・ホンジュラス出身の薬草医「Dr.Sebi」は、過去にがんやAIDSなどの難病...
初歩的な手話は、学校で習ったり、何かの機会に学ぶこともあるかもしれません。でも、ここで紹介する手話は、なかなか目にすることがないでしょう。「Cut.com...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
健康のことを考えたとき、一番に始めるたいのが「食生活の改善」。野菜を多めに摂ったり、玄米にしてみたり、なんとなくでも栄養管理をする人も多いはず。しかし、そ...
アメリカを代表するトップアスリートの食事を覗いてみたら…。
『「血糖値スパイク」が心の不調を引き起こす』(青春出版社)の著書である溝口徹さんは、日本初の栄養両方専門クリニックを開いた医師。体の不調や心の病気に繋がる...