ナイジェリアの「水に浮かぶ学校」

アフリカの中でも特に経済成長が著しいナイジェリア。首都ラゴスには欧米に劣らない高層ビルが立ち並ぶような場所もあり、ここを訪れた人々は「良い意味で期待を裏切られた」と口を揃えて言うそうです。

ですが、ラゴスでは貧富の差が広がり続けているという一面も。10万人以上が密集して暮らしていると考えられる、ラゴスにある水上スラム街「マココ」は特に有名です。ここでは道路などのインフラが整っておらず、移動はカヌーが基本。雨が降れば、すぐに洪水となり家は浸水。子どもたちは思うように学校に通えないこともあるそう。

こんな状況に目をつけ、改善策を考えたのがオランダに拠点をおく建築デザイン事務所「NLÉ」。彼らは洪水にも負けないデザインの学校「Makoko Floating School」を建設しました。マココでは珍しい水に浮かぶ建築物。どれだけ水位が上がっても、浸水せずに快適な空間を保てるというわけです。

地元民からの「Makoko Floating School」の評判は良く、「NLÉ」は同じような建築で家なども増やしていく予定とのこと。

Top image: © 2018 NLÉ
他の記事を見る
「Emmy Kasbit」は、ナイジェリアの紳士服ブランド。創設者Okoro Emmanuelは、インスピレーションを70年代に父親が着ていた洋服から得て...
「Olori」は販売だけではなく、経済的理由で学校に通えない、アフリカの女の子たちを援助することも目的にしている。ハンドバッグが1つ売れるたびに、その収入...
1月の気温がマイナス20度くらいになるフィンランド・ロヴァニエミで体験できる「オーロラ鑑賞アクティビティ」です。
ちょうど1年前、長渕剛が観客10万人を前に、9時間半で44曲を熱唱するという前代未聞のライブを開催。「剛、スゲーッ」なんて思っていたら、先月、それを超える...
ナイジェリアなどと国境を接するチャド共和国の「WenakLabs」という団体が作り出したのは、コンピューター。制作するにあたって、彼らは捨てられたモノから...
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
「ソーラーパネルなのにカッコイイ」。デンマークにある学校を見た時に、初めてそう思った。表面は1万2,000枚のパネルで覆われていて、年間で必要な電力の半分...
街全体をキャンバスにして描いた大きな「壁画」が、メキシコのパルミタスというところにあります。下の写真からは、“ドラッグや暴力が蔓延していた場所”という印象...
開催日は2月19日〜21日。作品を展示するのはナイジェリア系アメリカ人アーティストであるAmarachi Nwosuさん。
写真と見間違えるような、精密な肖像画。これ実は、たった1本の鉛筆で描かれているんです。手がけているのは、23歳のナイジェリア人アーティストKen Nwad...
地球が誕生し、多くの生命が産声をあげ進化する鍵となった「水」。そもそもが神秘性の塊であるけれど、そこに現代の最先端テクノロジーがかけ合わさることで、地球に...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
Yuribert Capetillo Hardyが捉えたコルカタには、やはりスラムが広がっていました。路上でひとり寝かされた赤ちゃん。手を合わせ祈るように...
海と山と大地のエキスを包み込んだ、中国・青島の「水餃子」について。
スラム街の子ども達にとって、警察は「敵」であることが多い。誤解を恐れずに言うと、彼らが悪さをして警察に注意される、という関係性だということ。レコーディング...
いま世界のいたるところで深刻な「水不足」が問題になっています。米・カリフォルニア州では大規模な干ばつが続き、地下水や貯水池の水が干上がり、危機的な状況に。...
ロシア・モスクワ郊外Rublyovo-Arkhangelskoyeというエリアで、壮大なスマートシティプロジェクトが進められるようです。このコンペに勝利し...
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。