非日常を味わえる、水に浮かぶ優雅な「自家発電ハウス」。

誰もが一度は憧れる、四方を海に囲まれた水上での優雅な暮らし。

そして、風を切って大海原を進む、ロマン溢れる船の旅。

このふたつがひとつになった、驚きの水上ハウスのアイデアが発表されました。手がけたのは、米フロリダに拠点を置く企業「Arkup」。海の上を自由に移動しながら自給自足で暮らすことができる、まるで高級ホテルのような佇まいの住居用ヨットになるのだとか。

屋根のソーラーパネルで
電力供給

住居用ヨットの屋根にソーラーパネルが設置されているのが見えるでしょうか。

屋根一面に敷き詰められたパネルからは約30kwの電力が供給され、生活に必要な電力はすべて賄うことができるとArkupは発表しています。

水に関しても雨水を浄化して飲料水や生活用水に変換するシステムが搭載されており、さらに衛星テレビやWi-Fi用のアンテナも備えられているので現代の生活をそのまま水上に持ち込むことができるそう。

ヨット内の広さは約210平方m。開放的なリビング、設備の行き届いたキッチン、4つの寝室があり、ベッドはキングサイズが用意されています。ガラス張りの窓からは美しいオーシャンビューを常に眺めることができます。

ラグジュアリーな空間で、都市の喧噪からかけ離れた生活ができるというのは何と贅沢なことでしょう。都会の生活に疲れた人は、ちょっと現実から離れた生活をすることで心が元気になるかもしれませんね。

住居として高性能なのはもちろんですが、そもそもは「ヨット」として作られているということを忘れてはいけません。

36馬力のアジマススラスター2基を備えており、時速約13kmで移動できます。それほど速いわけではありませんが、急がない旅であれば十分なスピードです。

停まりたいときには、ただエンジンを切るだけでなく浅瀬(水深6mまで)にジャッキをつけることも可能で、こうすることで揺れを抑えることができます。

まだコンセプトとしての段階ですが、別荘やホテルとして非日常を味わう住居としても、普段の住居としても今後開発が進んでいく予定です。このヨットを使った水上レストラン、なんてものも増えていくかもしれませんね。

海に心を惹かれて海辺の町に住むことを夢にする人はきっと多いと思いますが、「海に住む」を現実にできる日もそう遠くはないのかも。ロマン溢れるプロジェクトの実用化が楽しみです。

Licensed material used with permission by ARKUP LLC
このバスターミナルは屋根にソーラーパネルが設置されていて、ライトや電光掲示板、待合室の空調管理などに必要な電力を全て自家製でまかなえる。
生可能エネルギーのひとつとして注目が集まる太陽光発電。起伏に富んだ日本の国土では、あの黒いパネルを無数に設置できる発電所の敷地確保は、意外に困難なんだそう...
現在、「ドバイ政府」と「ドバイ電気水道局」が協力し、雨水の溜まる湖の水面に浮かぶソーラーパネルを設置している。
「ソーラーパネルなのにカッコイイ」。デンマークにある学校を見た時に、初めてそう思った。表面は1万2,000枚のパネルで覆われていて、年間で必要な電力の半分...
「コムサコミューン」が、国内で廃棄される、落ち綿や端切れを集めて作ったリサイクル素材を用いたチェスターコートを展開中。
運河が暮らしの一部になっているアムステルダムで、水に浮かぶ街が建設されています。
「Science Daily」に、中国海洋大学と雲南師範大学の科学者によって開発されている、太陽光と雨粒の両方から発電可能なソーラーパネルが紹介されました...
オーストラリアのByron Bayで、世界で初めて完全にソーラー発電のみで走る電車の運行が開始されている。電車の屋根にはソーラーパネルが取り付けられ、ソー...
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
普段はそうでもないが、今回ばかりはこう思わずにはいられなかった。「学生時代に戻りたい」と。ただし、コペンハーゲンの学生に限る。どうやら彼らは、こんな恩恵を...
オフィスでカップ麺を食べる時、デスク周りの小物やPCなどに汁がハネるのを防いでくれる画期的なアイテム「麺ウォール」。通常はB5ノートほどの大きさ、閉じてい...
米・企業「SolarWindow Technologies, Inc」が開発しているのは、建物の窓ガラスが太陽光発電できるパネルになる優れもの。その見た目...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
ナイジェリアにある「水に浮かぶ学校」の紹介です。
スペイン・バルセロナの建築家André Broessel氏がデザインした「Rawlemon Solar Energy Generator」は、球体型のソー...
ソーラーパネルと言えば屋根に取り付けるものというイメージがありますが、「SolarGaps」はカーテンブラインド型の太陽光発電システム。窓に取り付けること...
環境を守るために人を雇用していこうという考え方を意味する言葉「グリーンジョブ」。新型コロナウイルスの流行をきっかけに今、注目を集めています。海外の取り組み...
「国際障害者デー」にちなんだオンライン映画イベント「True Colors Film Festival」が、12月3日(木)〜13日(日)に開催。“One...
昨年末、フランスはノルマンディーにある、Tourouvre au Percheという小さな町に、ソーラーパネルでできた道路が開通した。これまでに、太陽光発...
ミシガン大学(MSU)の研究チームが、太陽エネルギーを捕捉することができる透明な太陽電池パネルの開発に成功しました。サイエンス・テクノロジー分野で大きな注...
サステイナブルな居住開発に取り組む「国連ハビタット」。進行する地球温暖化とそれによって生じる海面上昇を踏まえて、水に浮かぶ都市について議論しました。
ブロックチェーンのキーワードは分散化だ。じゃあ何がどう便利になるの? とくにイメージしやすい具体例は、電力だ。
水上に浮かぶ住宅(フローティングハウス)は、建築デザインにおいて今や目新しさは無くなっている。が、オランダのデザイン事務所が発表した、このコンセプチュアル...
震災などの影響もあり、環境に配慮したアイテムを好む人たちの間では、「ちょっとオシャレな発電器」のブームが続いています。パーソナルなソーラーパネルや、手回し...