誰の資産も「82倍」にする方法がある

この100年間、世界人口は増加を続けてきた。

あと数10年で100億人突破は確実とみられている。それは、我々に多くの課題をつきつけることになるだろう。

まず、食糧・水・燃料が確実に不足する。

次に、人で溢れた国々は、資源や土地を奪い合うに違いない場合によっては、戦争に発展する可能性も否めない。

さらに、地球温暖化などの環境問題も悪化の一路を辿ることになるはずだ。

これらの結果、食糧難や異常気象が頻発して、格差社会に拍車をかけていくことになることも予測されている。

人類にとって、地球が今以上に住みにくい場所になってしまったら、我々はどうすればいいのだろうか?

その1つの解決策として、注目を浴びているのが「人類縮小計画」なのだ。

開発者は
ノルウェイの天才科学者
アンドレアス・ヤコブセン

世界中の有名な科学者が集まると言われている研究所は、北欧のノルウェイに存在する。

この研究所は、第一次世界大戦の化学兵器で財をなしたイズヴァトセン女史が、人類を救うために75年前に設立した。様々なプロジェクトが進行する中、その1つにあたるのが『人類縮小計画』というもの。

シンプルに言えば、人間の身体を1/14にスケールダウンする計画だ。

「ダウンサイズ」とは、有機体を細胞レベルで縮小して、人間を1/14の大きさ(比率:約2744:1 ・質量/体積:0.0364%)にする技術のこと。

開発者は、ノルウェイの天才科学者と評判が高いアンドレアス・ヤコブセン。日本ではあまり馴染みがないかもしれないが、じつは、北欧のみならず、ヨーロッパ全土でその名を知らない者はいないほどの有名人なのだ。

世界初のダウンサイズ経験者は
ヨルゲン・アスビョルンセン博士と
36人の志願者

世界で初めてのダウンサイズ経験者は、ヨルゲン・アスビョルンセン博士と36人の志願者たちだった。

一度ダウンサイズされると元のサイズに戻れない。しかも、1/225,000の確率で死に至る可能性もある。当然、義歯や人工装具などは、除去か交換が必要になる。さもなくば、ダウンサイズによって命を落とす事故にもつながるからだ。

しかしながら、37人は、そんなリスクをとりながら、1/14になる選択をした。その勇気と決断が、大きく世界を変えようとしている。

ちなみに彼らが暮らしていたのが、7×11メートルのノルウェイ国内にある小さな村。彼らはそこで、5年にも渡って、世界初のダウンサイズ・ライフを送ったのだ。

気になる1番のポイントは、人間的な生活が送れるか否かだ。数年後、世界初のダウンサイズしたカップルからベビーが生まれたことは、我々に大きな安心感を与えてくれた。

ベビーの名前は、リトル・ロニ。今では、そんな彼も成長して、身長が13cmほどになったことが報告されている。

何故、人々がリスクを覚悟の上で自らをダウンサイズさせるのか?

それには、1/14のサイズになることで生まれる大きなメリットがあるからだ。

まず、ダウンサイズすることで、あなたが所有している資産は約82倍となる。大豪邸に住めるようにもなる。具体的に言えば、人間が縮小することで、コーヒーテーブルが約8,650平方メートルの敷地となるのだ。

しかも、そんな生活が、たった1万5千ドル(約175万円)で手に入るのならば、あなた自身もダウンサイズを一度は考えたくなるはずだろう。

…と読んでいて、すでに気づかれた人もいるかもしれないが、ここまでの話はすべて映画の話だ(笑)。

どんなにテクノロジーが進んでいたとしても、ダウンサイズはかなり未来のことになるに違いない。

でも、世界人口の増加によって、一体、どんな未来がくるのかを観ておくことは現代に生きる我々の権利であり義務であるのではないだろうか。

ユーモア溢れる描写の中にも現代を鋭く風刺した映画『ダウンサイズ』

メガホンをとったのは、アカデミー賞受賞監督アレキサンダー・ペイン監督。アカデミー脚色賞最多受賞者のひとりであるアレキサンダーの脚本には目を引くものがある。

大ヒット上映中と言うのも納得できる。

さらに、主演は平均的アメリカ人を演じたら横に出るのもはいないと評判のマット・デイモン。ハリウッドスターなのになんでか親しみを感じてしまうのは僕だけではないはず。

ぜひ、劇場で人類を救うテクノロジー「人類縮小計画」をチェックしてみて欲しい。

『ダウンサイズ』
2018年年3月2日(金)より、全国大ヒット上映中。公式サイトはコチラ。 

(C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

Licensed material used with permission by ダウンサイズ

関連する記事

コロンビアに位置する世界で一番人口密度の高い島『イスロテ島(正式名称:サンタ・クルス・デル・イスロテ)』。野球場くらいの敷地面積に97軒もの住宅がひしめき...
映画「泳ぎすぎた夜」は、6歳の少年が雪が降り積もる街で迷子になる。ただ、それだけの何も起こらない物語だ。
話題の「ナンガ」から「ウールリッチ」、「オンワード樫山」のハイテクダウン「ADS」まで、この冬に絶対欲しい「ダウンジャケット」を大公開! 
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
米大手電子通信事業者「Verizon Media」が提供するサービス「Yahoo!」は、5月4日をもって「Yahoo! Answers」を閉鎖すると発表し...
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
「Goldwin(ゴールドウイン)」の「GORE-TEX Hooded Down Coat」の紹介。
本作品『危険な関係』は、フランス貴族社会を舞台にW不倫をする夫婦の物語。外交官の夫、美貌の若妻。世間的にみれば眩いパリの社交界で注目を集める2人。だが、密...
大画面を映し出してくれる「Cinego」は、ヘッドセットタイプのデバイス。ディスプレイが現れるのは20m先で、そのサイズは400インチ。これなら、映画館さ...
「米国国勢調査局」が先月発表したデータによると、米国の16歳未満の人口構成で、ヒスパニックや黒人、アジア系の人口が昨年初めて白人の人口を上回ったとことが明...
このほど本拠地があるシアトルで「カップを借りる」プログラムが試験導入。市内の5店舗で、5月31日まで実施するという。
イギリスのメディア『Metro』で登場した「Isolation Envy(アイソレーションエンビー)」とほぼ同じ意味の「Lockdown Jealousy...
年々増え続ける世界人口は2012年に70億人を突破、今や72億人もの人々が地球上に居る。国連の調査では、2050年には約90億人になると推測されているが、...
ポーランドを拠点とするダウンガーメンツブランド「AURA」の「ICE Jacket」の紹介。
「Graphpaper(グラフペーパー)」の「Solotex Taffeta Down Jacket」の紹介です。
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.15 「ランボルギーニ」イタリアにクルマ好きの農夫がいた。彼の夢はフェラーリを手に入れること。そのために死に物狂いで人...
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
「SkinProud」が2000人の女性を対象に、ロックダウン下の美意識について調査をおこなった。その驚きの結果とは?
老舗インポートセレクトショップ「MAINE」の店長・島倉氏による「ボタンダウンシャツを選ぶ際のポイント」とは?
1937年、アイルランド北部のグウィドーにある図書館が貸し出した『The White Owl』という本が、82年ぶりに返却されました。借りた本人ではなく親...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
自転車に乗るときに、ヘルメットの着用が義務化されていたり、追い越す時に確保しなければならない距離が定められていたりと、日本と比べてサイクリストの意識がちょ...
「iBot」は、大きな2つの車輪が縦並びにトランスフォームする電動車イス。動画を見てみましょう。そのほか、階段を登れるところが大きな車輪と優秀なバランス調...
マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発した新しい素材は、日本の折り紙からヒントを得た「aeroMorph」。布や紙、プラスチックなどのベースに菱形模様を...
ポテトチップスメーカーの「レイズ」が開発したのは、ポテトチップスの咀嚼音に反応して、動画に字幕を表示させるというGoogle Chrome向けの拡張機能。...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
学術雑誌『Science Advances』に掲載された、木材を透明にする最新の研究報告。一般的に髪などを漂白する際に使用する水素で、木材が茶色く見える現...