新しくなった「Inkbox」は、もはやアクセサリーだ!

6月1日より、カナダ発の2週間で消えるオーガニックタトゥー「Inkbox」が新商品を発売する。これは既存の製品と比べて、主に3つの点で優れている。

1. 陰影や線の細かさにこだわったタトゥーデザイン
2. 1〜2分で貼り付け可能
3. 付属品の50%カットでエコを実現

そもそも「Inkbox」は、巷で売られているタトゥーシールと比べて、本物に近いクオリティの高さが魅力だった。……にもかかわらず、さらに強みを伸ばすかたちでタトゥーデザインの陰影線の細かさにこだわり、よりリアリティを追求。

これは自分の目で確かめるのが一番分かりやすいかもしれない。明言する必要はないだろうが、右の写真が新商品だ。

©Inkbox

新商品のタトゥーデザインは150種類以上もあるとのこと。

しかも、WEBサイトをながめていたら気づいてしまったのだが、ほとんどが安くなってる! 3000円ほどの商品が2000円前後になってるよう。

「Inkbox」を肌に転写するには、約15分、手で押さえつける必要があったのだが、リニューアルの結果、この工程が1〜2分で終わるという。あとは自分の好きなことをしながら約60分待つだけでOK。

©Inkbox

ちなみに、付属品の50%カットによりエコを実現し、環境にも配慮している。これは購買意欲につながらないかもしれないが、それでもなおサステイナビリティを意識するブランドの考えを知ると、グッとくる人も多いのでは?

いずれにせよ、より自分に合ったタトゥーデザインを選べて、より便利になった「Inkbox」は、もはやアクセサリーの一種だ。

©Inkbox
©Inkbox
©Inkbox

【Inkbox】

【公式サイト】https://inkbox.jp/

Top image: © Inkbox
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「Iria Ashimine」のアクセサリーには、つねに変化しつづける自然界のみずみずしい姿が、繊細に表現されています。
「mm(ミリ)」のそれは、なるべくプリミティブな自分になってつけたいアクセサリー。
「KYOKO TSUDA」は、独特でグラフィカルな要素を用いてプロダクトに展開するアクセサリーブランドです。
経済的な自立が難しい女性をサポートするためのプロジェクトで作られたアクセサリー。でもね、辛い過去があってもみんな楽しそうなんです。
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
Leaf Urbanは、常に健康を管理することができるジュエリーの形をした女性のための健康を記録できる装置です。歩数や活動した時間、消費カロリーの記録、睡...
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
東かがわ市の老舗手袋メーカー「江本手袋」が手掛けるブランド「佩(ハク)」から、外出先でのコロナ対策に便利なアイテム「ハンドソックス」がデビュー。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...