新しくなった「Inkbox」は、もはやアクセサリーだ!

6月1日より、カナダ発の2週間で消えるオーガニックタトゥー「Inkbox」が新商品を発売する。これは既存の製品と比べて、主に3つの点で優れている。

1. 陰影や線の細かさにこだわったタトゥーデザイン
2. 1〜2分で貼り付け可能
3. 付属品の50%カットでエコを実現

そもそも「Inkbox」は、巷で売られているタトゥーシールと比べて、本物に近いクオリティの高さが魅力だった。……にもかかわらず、さらに強みを伸ばすかたちでタトゥーデザインの陰影線の細かさにこだわり、よりリアリティを追求。

これは自分の目で確かめるのが一番分かりやすいかもしれない。明言する必要はないだろうが、右の写真が新商品だ。

©Inkbox

新商品のタトゥーデザインは150種類以上もあるとのこと。

しかも、WEBサイトをながめていたら気づいてしまったのだが、ほとんどが安くなってる! 3000円ほどの商品が2000円前後になってるよう。

「Inkbox」を肌に転写するには、約15分、手で押さえつける必要があったのだが、リニューアルの結果、この工程が1〜2分で終わるという。あとは自分の好きなことをしながら約60分待つだけでOK。

©Inkbox

ちなみに、付属品の50%カットによりエコを実現し、環境にも配慮している。これは購買意欲につながらないかもしれないが、それでもなおサステイナビリティを意識するブランドの考えを知ると、グッとくる人も多いのでは?

いずれにせよ、より自分に合ったタトゥーデザインを選べて、より便利になった「Inkbox」は、もはやアクセサリーの一種だ。

©Inkbox
©Inkbox
©Inkbox

【Inkbox】

【公式サイト】https://inkbox.jp/

Top image: © Inkbox
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「Iria Ashimine」のアクセサリーには、つねに変化しつづける自然界のみずみずしい姿が、繊細に表現されています。
「mm(ミリ)」のそれは、なるべくプリミティブな自分になってつけたいアクセサリー。
「KYOKO TSUDA」は、独特でグラフィカルな要素を用いてプロダクトに展開するアクセサリーブランドです。
経済的な自立が難しい女性をサポートするためのプロジェクトで作られたアクセサリー。でもね、辛い過去があってもみんな楽しそうなんです。
東京・豊洲の「三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲」に本物の氷を使用した屋外アイススケートリンク「Sea Side アイススケートリンク...
Leaf Urbanは、常に健康を管理することができるジュエリーの形をした女性のための健康を記録できる装置です。歩数や活動した時間、消費カロリーの記録、睡...
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
コントローラー型のタトゥーを読み込むと、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のプレイ画面が表示されます。赤いボタンを押せばキャラクターがジャンプ!
すべて「生」の野菜からできたアクセサリー。
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
医学雑誌『Nurients』に掲載された研究結果は、コーヒーとパンを朝食にとることは、メタボリックシンドロームを抑制する可能性を明らかにした。
大切な思い出が詰まったものだが、リユースには向かないアクセサリーや宝石などのカケラを「万華鏡」に生まれ変わらせるサービスを、ジュエリーの製造・販売を手掛け...
Gong Greemさんが手がけるタトゥーは、細いラインと淡い色使いが特徴的。まるで色鉛筆で描いたスケッチのように見えるそれは、ピンタレストを中心に世界中...
モスクワのタトゥー・アーティスト、Roman Melnicovさんによる、緻密で美しい煙のタトゥー。
本当はお店でクリーニングしてもらったり、専用のモノを使ってお手入れするのが1番だとは思うけれど、近くにお店がなかったり忙しい人のために、今回は自宅でも簡単...
当たり前に身近にあった「ひらがな」の曲線のうつくしさや、日本の伝統を残していきたいという想いでつくられた「ひらがなアクセサリー」。 書家でもあるデザイナー...
寒いときに恋しくなるのは、身体を芯から温めてくれる「ホットドリンク」!今回紹介するホットドリンクは、身体に良くて、自宅で手軽にできるものばかりです。冷えは...
墓石に使われることの多い「みかげ石」の蓄熱効果を活かした保温力抜群のお皿が登場。1分レンジでチンすれば15分間も温かさを持続!
ビー玉のような実がついた、どんぐりモチーフのアクセサリー。かさの部分は本物のどんぐりが使用されていて、「レジン」と呼ばれる透明樹脂で出来た実の部分には、本...
これまでもさまざまなタトゥーが話題となってきましたが、今注目されているのは、「刺繍みたい」と言われているソレ。柄を描く一本一本のラインがまるで糸で編まれて...
ニュージーランド航空は、CA(客室乗務員)の「タトゥー(入れ墨)」を認める方針を発表。9月から新しい働き方のルールを実施します。
やっぱり愛って永遠じゃないんですね。出会った頃と同じトキメキがずっと続くなんて、夢みていたワタシがバカでした。
カクテルパーティー効果を利用した、耳の感覚を研ぎ澄ますアクセサリー「KIKIMIMI(キキミミ)」が誕生。
一昔前に比べてファッションとしてタトゥーを彫る人が増えた今、「タトゥーはアートだ」という声を耳にしたことがある人も少なくないはず。同意できずにいた人も、A...