「捨てられないアクセサリー」のカケラを、思い出とともに万華鏡に

片方を失くしてしまったピアスや、欠けてしまった宝石など、リユースを諦めていた思い出のアクセサリーなどが、オリジナルの「万華鏡」に生まれ変わるサービスがあるという。

これは、ジュエリーの製造・販売を手掛ける「株式会社スガルト」が先日始めたもの。日々買取やリフォーム依頼で持ち込まれるもののなかには、合金や人工石、劣化した真珠などといった「リユースには向かないもの」もある。しかし、そのなかには家族から受け継いだ品や思い出の詰まった大切な宝石などもあり、これを何か違う形で残すことはできないかと考え、この「カケラ万華鏡」というサービスが生まれたという。

ほかにも、貝殻やキーホルダー、ボタンなど、直径約40ミリ×深さ17ミリのカプセルに入るものであれば、なんでも詰めることができる。依頼方法は簡単。思い出のカケラを郵送し、簡単な打ち合わせをして10日ほど待つだけ。

完成した万華鏡に映し出される一期一会の模様を眺めながら故人や思い出を振り返れば、心が癒されたり、なんだか元気が湧いてきたり......そんな効果が、きっとあると思う。

©2019 SUGARTO co.,ltd. All Rights Reserved
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「Iria Ashimine」のアクセサリーには、つねに変化しつづける自然界のみずみずしい姿が、繊細に表現されています。
「mm(ミリ)」のそれは、なるべくプリミティブな自分になってつけたいアクセサリー。
「KYOKO TSUDA」は、独特でグラフィカルな要素を用いてプロダクトに展開するアクセサリーブランドです。
経済的な自立が難しい女性をサポートするためのプロジェクトで作られたアクセサリー。でもね、辛い過去があってもみんな楽しそうなんです。
Leaf Urbanは、常に健康を管理することができるジュエリーの形をした女性のための健康を記録できる装置です。歩数や活動した時間、消費カロリーの記録、睡...
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
すべて「生」の野菜からできたアクセサリー。
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
本当はお店でクリーニングしてもらったり、専用のモノを使ってお手入れするのが1番だとは思うけれど、近くにお店がなかったり忙しい人のために、今回は自宅でも簡単...
当たり前に身近にあった「ひらがな」の曲線のうつくしさや、日本の伝統を残していきたいという想いでつくられた「ひらがなアクセサリー」。 書家でもあるデザイナー...
ビー玉のような実がついた、どんぐりモチーフのアクセサリー。かさの部分は本物のどんぐりが使用されていて、「レジン」と呼ばれる透明樹脂で出来た実の部分には、本...
やっぱり愛って永遠じゃないんですね。出会った頃と同じトキメキがずっと続くなんて、夢みていたワタシがバカでした。
ゴールドやシルバーのリングやネックレス。パッと見は何の変哲もないアクセサリーですが、実はこれらは世界の都市をモチーフにしたもの。たとえば、パリのリング。で...
旅先から届く、一枚のポストカード。遥かな異国の地の情緒が感じられて、受け取るのも嬉しいもの。スマホで撮った写真にはない、ロマンチックな味わいがあります。そ...
Instagramで自身の作品をアップするようになってから、無名だったデザイナーJuliette Malletさんは、国境を越えて注目を浴びるようになりました。
アメリカの『Etsy』でテラリウムをアクセサリーにしたものが販売されていて、日本でも似たようなものがないかと探していました。見つけたのが、『Niche.(...
釘のようなものが隠れているネックレスや鋭利なピラミッド型の装飾があるブレスレットをデザイン。くだけた言い方をするなら、オシャレなメリケンサックも販売中です!
透明な容器の中で小さな自然を再現した「テラリウム」は、実際に手作りできることでも大人気。ただし、ここで紹介するようなアクセサリーとなると話は別。小さな花や...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
手元を明るく可愛くしてくれる、LA発テックアクセサリーブランド「CASETiFY」のiPhoneケース・カバーコレクション。イニシャルや名前も入れられる!