「捨てられないアクセサリー」のカケラを、思い出とともに万華鏡に

片方を失くしてしまったピアスや、欠けてしまった宝石など、リユースを諦めていた思い出のアクセサリーなどが、オリジナルの「万華鏡」に生まれ変わるサービスがあるという。

これは、ジュエリーの製造・販売を手掛ける「株式会社スガルト」が先日始めたもの。日々買取やリフォーム依頼で持ち込まれるもののなかには、合金や人工石、劣化した真珠などといった「リユースには向かないもの」もある。しかし、そのなかには家族から受け継いだ品や思い出の詰まった大切な宝石などもあり、これを何か違う形で残すことはできないかと考え、この「カケラ万華鏡」というサービスが生まれたという。

ほかにも、貝殻やキーホルダー、ボタンなど、直径約40ミリ×深さ17ミリのカプセルに入るものであれば、なんでも詰めることができる。依頼方法は簡単。思い出のカケラを郵送し、簡単な打ち合わせをして10日ほど待つだけ。

完成した万華鏡に映し出される一期一会の模様を眺めながら故人や思い出を振り返れば、心が癒されたり、なんだか元気が湧いてきたり......そんな効果が、きっとあると思う。

©2019 SUGARTO co.,ltd. All Rights Reserved
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「Iria Ashimine」のアクセサリーには、つねに変化しつづける自然界のみずみずしい姿が、繊細に表現されています。
「mm(ミリ)」のそれは、なるべくプリミティブな自分になってつけたいアクセサリー。
「KYOKO TSUDA」は、独特でグラフィカルな要素を用いてプロダクトに展開するアクセサリーブランドです。
経済的な自立が難しい女性をサポートするためのプロジェクトで作られたアクセサリー。でもね、辛い過去があってもみんな楽しそうなんです。
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
Leaf Urbanは、常に健康を管理することができるジュエリーの形をした女性のための健康を記録できる装置です。歩数や活動した時間、消費カロリーの記録、睡...
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。