「恋する気持ち」が可視化されちゃう、驚きのアクセサリー

春は出会いの季節。新しい恋のチャンスが増えたという人もいるのでは?

そんな季節にぴったりの、ちょっと変わったアイテムがあります。見た目はイソギンチャクのようですが、これ、ただの前衛的なファッションなどではありません。

これは「恋する気持ち」を可視化してくれるウェアラブルデバイス「Ripple」。これを着けていると、なんとあなたに好意を持っている人が分かってしまうのだとか…。

恋する気持ちを
コンピュータが察知

「Ripple」は、イギリスの大学生4人が開発したウェアラブルデバイス。

テクノロジーの発達は素晴らしいものの、その結果、現実世界で人と人との交流が少なくなることを危惧していたそう。

これを着けていると、コンピュータが周囲の自分への好意を察知して、恋の予感を可視化してくれるのです。

2つのカメラが
周囲の「反応」を分析

「Ripple」はコンピュータービジョンの技術を使用。搭載されている2つのカメラが周囲の人の視線や態度などを感知し、解析するそうです。

様々な状況での人々の反応データをもとに相手の行動を分類し、自分に魅力を感じているかどうかを判断します。

そして、自分に好意を持ってくれている人が現れると「Ripple」が背中に波のような動きを伝えて、教えてくれます。さらに、自分がその人のほうを向くと、胸を軽く叩いて知らせます。

もちろん、相手に話しかけてみるかどうかは、あなた次第。

自分の気持ちも感知してくれ、お互いに好意を持っている人がいると、触手が動く仕組み。

つまり、恋が始まった印です。

「Ripple」があれば、相手の気持ちがわからずに悩むことはありません。また、自分でも自覚していない気持ちを可視化してくれるので、恋のチャンスを逃すこともなくなる…かも。

唯一の難点は、イソギンチャクのような見た目が奇抜すぎて、ちょっと恥ずかしいということ。まだ開発段階のコンセプトアクセサリーですが、もっとみんながストレートに恋愛に向き合えるきっかけになるのかもしれませんね。

男性の自分からからすると、完全に女性向けデザインであることが悔しい。逆にいうと、女性には思う存分活用してほしいアイテムということ。ジュエリーにテクノロジー...
2015年4月30日にオンラインで販売を開始してから、数ヶ月間にわたって品切れ状態が続いていたウェアラブルデバイスがある。株式会社ログバーが開発した「RI...
エクササイズ×ウェアラブル、高精度な健康管理系のウェアラブル端末は急速に普及し、健康維持に役立てられています。ここで紹介するのもそうしたデバイスのひとつな...
ニューロサイエンス(神経科学)に基づくウェアラブルデバイスの開発が相次いでいます。情報化社会をフルスロットルで日々生活しているうちに、いつしか自分の思考が...
「Google」の開発する「Google Map」が2月6日で15週年を迎え、それを記念した大型アップデートを実施。今回のアップデートで、メイン画面にタブ...