「ぼっち」を救うために、イギリス政府が驚きの行動に出る

イギリス政府のWEBサイトによれば、イギリスの医者は孤独を感じている人に、薬を処方するのではなく、料理教室やウォーキングクラブに行くことをオススメできるようになります。

ただのアドバイスとしてではなく、処方箋にも同じように書けるとのこと。ちょっと先ですが、2023年までに施行されるそう。

これは地域社会処方箋(social prescribing)と呼ばれるもので、根本的に生活の質を高めよう!という目的で始められました。同国には1ヶ月以上も家族や親戚と話さない約20万人の高齢者がいることから、政府がこの社会問題の解決に向けて動き出したそうです。なるほどな〜。

イギリスだけでなく高齢化社会に直面している国々は多くあります。こうした思いやりのある施策を民間企業ではなく政府が打ち出すのは、とっても素敵ですね。

日本でも採用されるか!?

Top image: © iStock.com/anyaberkut
他の記事を見る
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。
寒い季節、イギリスのスムージーに被せられる“ニット帽”。すべて手作りで、帽子、ダイナソー、ユニコーンなど種類は様々。高齢者支援の一環ですが、お土産として買...
イギリスの「ロングウッド・プライマリー・アカデミー」という小学校は、敷地内に瞑想スペースを設置しました。
「Hemsley Conservation Centre」というイギリスの動物園が手がけた、「1.5ポンド(約200円)を払えばゴキブリに名前をつけられる...
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
イギリスでは小さなカクテル(マイクロカクテル)が流行っているのだとか。つまり、ショットグラスに注がれるカクテルってことです。
去る1月18日、イギリス政府はクラブやバー、パブ、ライブハウスの存続をサポートするために、ある声明を発表しました。その背景には「ユニークなイギリス文化を守...
イギリスでは、ストレス解消を求めて、美術館に足を運ぶ人が増えるかもしれません。思いっきり汗を流せる運動でも、心をからっぽにできる瞑想でもありません。美術館...
2019年8月からイギリスのロンドン・ガトウィック空港で試験運用が決まった、ロボットが駐車場にクルマを停めるサービス。クルマの下にアームを入れて、特定の駐...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
なぜこんな現象が起きるのかは、まだ科学的に解明されていないようですが、動画を提供してくれた消防署によると……。
みんなが祝福し、喜びを分かち合うのがクリスマス。そんなお祝いの日に、ひとりぼっちで食事なんて寂しいに決まってる。そこで…ロンドン南西部の町シドカップにある...
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
ウォッカと言えば、一般的に原料としてイモ類や穀物が使用されることが多いですよね。でも「Black Cow」ウォッカの原料となるのは牛乳です。
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
イギリスで、ケロッグがブリュワリーとコラボしました。生まれたのは、「Throw Away IPA」と名付けられたビールです。廃棄されるはずだったコーンフレ...
フェスで盗撮された女性がソーシャルムーブメントを生み出し、今イギリスの法律を変えようとしています。
イギリスの書店のあるツイートが驚異的に拡散され話題になりました。1991年からずっと売れ残っていた本が、ついに売れたんだとか!
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...