クラブへの騒音苦情に痺れを切らしたイギリス政府、勇気ある決断。

想像してみてください。

あなたの暮らしている部屋では、夜中にもかかわらず、近所のバーから音楽が聞こえてきたり、スピーカーの振動を感じたりします。どうしても眠ることができないとしたら、あなたはどこに苦情を出しますか?

大家さんに相談しますか?それとも、バーに電話をしますか?いずれにせよ、日本においては、騒音を出しているとされる場所が、環境基本法に基づいた対応を求められるようです。

では、バーがオープンした時期よりも後に移住してきた人が、苦情を出した場合はどうなるのでしょうか?

これもまた、日本の決まりではバーが対処するべきなのでしょう。だけど、去る1月18日にイギリス政府が発表した声明によれば、イギリスにおける先のケースでは、住宅開発者たちに<騒音苦情の対処>を求めるようになるとのこと。

どうやら、その背景には“自国の文化”を保存したいという気持ちがあるようです。

時代を重ねるごとに
消えてゆく「ナイトライフ」

カンタンに状況を理解するために、「Ministry of Housing, Communities & Local Government」のSajid Javid氏のコメントをみてみましょう。

「私はいつも不公平だと考えていました。後から住宅が開発されたケースでも、そこからの騒音苦情の対策を講じなければいけないのは、先にいた音楽会場だということに」

彼の発言から、どんな状況であっても、イギリスではクラブやパブ、ライブハウスが気を使わなければいけないことが推測できます。これに伴い、防音対策のコストがかかってしまい、「閉業」を選ばざるおえないお店も数多く存在するようです。

例えば、BBCの調査によれば、2007年〜15年の間に、43%の音楽会場が閉業になってしまったのだとか。詳細な理由は分かりませんが、騒音苦情が一因となっている可能性もあるでしょう。

加えて、パブやバーは、イギリスの代名詞でもあるような世界的に有名なカルチャー。たくさんの人たちの憩いの場であり、新しい出会いの場でもあります。そんな彼らのアイデンティティーが失われていくような気分だったのかもしれません──。

そこで、イギリス政府は、「新しく引っ越してきた人からの騒音に関する苦情は、アパートなどを開発した人が責任をもって対応するべきだ」という内容の声明を発表しました。おそらく、全ての責任を音楽会場に押し付けないようにするために。

ロンドン市長Sadiq Khan氏は、このように語っています。

「ロンドンのナイトライフは、世界的にも有名です。パブやクラブ、ライブハウス、LGBT+のスペースを守るということは、ロンドンに暮らす人たちに快適な睡眠とともに、音楽を楽しむ機会を提供できるでしょう」

イギリス政府の決断には、おそらく賛否があると思います。日本政府が同じことをしても、意見は割れることでしょう。だけど、たった1点、その国のユニークな文化を保存するという意味においては、評価されるべきなのかもしれません。

絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
とあるサッカークラブが発表した両親へのメッセージが、全米で大きな反響を呼んでいます。本人たち以上に親が熱を上げ、過剰な期待が子どもたちへのプレッシャーに…...
一見簡単そうに見えますが、実はスゴイ!と話題になっているゴルフの動画があります。パンパンパン!ボールを的確に打つ男性に話題沸騰無数に並ぶゴルフボールを、2...
多くの課題を抱えながらも、英国の経済状況はここ20年間は右肩上がりです。人口や資源において優位とは言えないはずのこの国が、なぜ国際社会においてこれほど高い...
突然ですが、「イギリス英語」と聞いて、どんなことが頭に浮かびますか?ハリー・ポッター?ベネディクト・カンバーバッチ?それとも、何となく「紳士・淑女」っぽい...
昨年、クリスマスイブイブ(12月23日)にジョー・バターンのライブを観てきた。ラテンミュージックは、クリスマスにバッチリ合うことを知った。ラテンといえば思...
2013年に稼働終了した「Shepton Mallet Prison」。最近になり、重い扉がまた開かれた。17世紀に建てられたこの古い刑務所では、現在ゴー...
1930年から70年頃にかけて閉鎖されていったパリの地下鉄のホームの数々。どれも歴史の深い建造物ばかりのようですが、閉鎖されたままにしておいたらもったいな...
書籍『現役官僚の滞英日記』(PLANETS)の著者である現役官僚の橘宏樹氏が、自身が名門大学で過ごした2年間の滞英経験をもとに、英国社会の"性格"に迫りま...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.44
イギリスに出現したCAVALRY 360°は、3mほどあるインスタレーション。風が吹くと、馬の蹄の音を奏でます。この地方に生息していた500頭以上の馬を、...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
いま、Instagramでブレイク中のこのお皿。なんでも、盛りつけるだけで料理写真が誰でも“かわいらしく”撮れるんだそう。しかもこれ、日本の「かわいい文化...
アメリカ人女優メーガン・マークルとイギリス王室のヘンリー王子の婚約は、様々穴てんで実は歴史的なものといえる。その4つのポイントを紹介。メーガンが英国王室で...
国民投票によるEU離脱が決まったイギリスでいま、洋服の胸元に安全ピンを付ける人たちが増えているといいます。再投票を求めるアピール?ではありません。これは、...
「使える」かどうかは分からないけど、イギリスの不思議なスラングを紹介しましょう。英語の勉強に疲れたとき、少しでも役に立てばいいのですが…。ちょっぴり皮肉屋...
思わず「かわいい!」とつぶやきたくなる、天体モチーフのピン。この宇宙ピンを作り出したのは、日本の「Kawaii」に魅せられ、東京を拠点に活動しているイギリ...
イギリスの〈Royal Mail(ロイヤルメール)〉、つまり日本でいうところの郵便局のレターバッグ。手紙の仕分け用です。A4サイズの書類を入れても余裕があ...
日本の文化としてはあまり馴染みがない「給与交渉」。やってみたいとは思っても、なかなか勇気がいるものです。でも「Make It Cheaper」の記事を参考...
Netflixオリジナル『ナルコス』のシーズン3の配信が9月1日より始まりました。その広告として作られたのが、コカインを利用したもの。人気すぎて、設置され...