クラブへの騒音苦情に痺れを切らしたイギリス政府、勇気ある決断。

想像してみてください。

あなたの暮らしている部屋では、夜中にもかかわらず、近所のバーから音楽が聞こえてきたり、スピーカーの振動を感じたりします。どうしても眠ることができないとしたら、あなたはどこに苦情を出しますか?

大家さんに相談しますか?それとも、バーに電話をしますか?いずれにせよ、日本においては、騒音を出しているとされる場所が、環境基本法に基づいた対応を求められるようです。

では、バーがオープンした時期よりも後に移住してきた人が、苦情を出した場合はどうなるのでしょうか?

これもまた、日本の決まりではバーが対処するべきなのでしょう。だけど、去る1月18日にイギリス政府が発表した声明によれば、イギリスにおける先のケースでは、住宅開発者たちに<騒音苦情の対処>を求めるようになるとのこと。

どうやら、その背景には“自国の文化”を保存したいという気持ちがあるようです。

時代を重ねるごとに
消えてゆく「ナイトライフ」

カンタンに状況を理解するために、「Ministry of Housing, Communities & Local Government」のSajid Javid氏のコメントをみてみましょう。

「私はいつも不公平だと考えていました。後から住宅が開発されたケースでも、そこからの騒音苦情の対策を講じなければいけないのは、先にいた音楽会場だということに」

彼の発言から、どんな状況であっても、イギリスではクラブやパブ、ライブハウスが気を使わなければいけないことが推測できます。これに伴い、防音対策のコストがかかってしまい、「閉業」を選ばざるおえないお店も数多く存在するようです。

例えば、BBCの調査によれば、2007年〜15年の間に、43%の音楽会場が閉業になってしまったのだとか。詳細な理由は分かりませんが、騒音苦情が一因となっている可能性もあるでしょう。

加えて、パブやバーは、イギリスの代名詞でもあるような世界的に有名なカルチャー。たくさんの人たちの憩いの場であり、新しい出会いの場でもあります。そんな彼らのアイデンティティーが失われていくような気分だったのかもしれません──。

そこで、イギリス政府は、「新しく引っ越してきた人からの騒音に関する苦情は、アパートなどを開発した人が責任をもって対応するべきだ」という内容の声明を発表しました。おそらく、全ての責任を音楽会場に押し付けないようにするために。

ロンドン市長Sadiq Khan氏は、このように語っています。

「ロンドンのナイトライフは、世界的にも有名です。パブやクラブ、ライブハウス、LGBT+のスペースを守るということは、ロンドンに暮らす人たちに快適な睡眠とともに、音楽を楽しむ機会を提供できるでしょう」

イギリス政府の決断には、おそらく賛否があると思います。日本政府が同じことをしても、意見は割れることでしょう。だけど、たった1点、その国のユニークな文化を保存するという意味においては、評価されるべきなのかもしれません。

他の記事を見る
料理教室やウォーキングクラブに行くことを処方箋に書けるようです。
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
自慢の一張羅を着るおじいちゃん。お気に入りのアクセサリーを身につけるおばあちゃん。シニア向けクラブ「The Posh Club」に参加している人たちは、年...
渋谷・宇田川町のクラブ「CLUB TK SHIBUYA」に潜入して、スナップ&セルフィー企画を実施。外が寒くても、クラブ内はとってもアツい。そのバイブスを...
突然ですが、フィットネスジムって高くないですか? 日本の平均月収はたしか32.5万ぐらい。対して、ジムの月会費の相場は1万円以上。給料の3%以上となります...
ポートランドに「Portland Chinatown Museum(ポートランド・チャイナタウン・ミュージアム)」がオープン。この博物館では、文字通りチャ...
86%のブラジル人女性がクラブでセクハラを受けたことがあります。ことの重大さを伝えるため、実際に女性がどのくらい男性に体を触られるのかを検証しました。
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
寒い季節、イギリスのスムージーに被せられる“ニット帽”。すべて手作りで、帽子、ダイナソー、ユニコーンなど種類は様々。高齢者支援の一環ですが、お土産として買...
2月9日。ランジェリーブランド「RAVIJOUR(ラヴィジュール)」と渋谷のクラブ「WOMB」は、バレンタインデーに先がけたスペシャルイベントを開催。そこ...
世界最高と言われたコーヒーが浅草でノルウェー発の「フグレン」日本2号店Fuglen Asakusa〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目6-15htt...
2月9日、ランジェリーブランド「RAVIJOUR(ラヴィジュール)」と渋谷・円山町のクラブ「WOMB」がタッグを組み、バレンタインイベントを開催。そこでス...
「Hemsley Conservation Centre」というイギリスの動物園が手がけた、「1.5ポンド(約200円)を払えばゴキブリに名前をつけられる...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で灼熱の夜を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ! プライベートに迫るアンケートも実施!
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
2019年8月からイギリスのロンドン・ガトウィック空港で試験運用が決まった、ロボットが駐車場にクルマを停めるサービス。クルマの下にアームを入れて、特定の駐...
ドバイのデザイン事務所「Tinkah」が作ったコーヒーカップ。4個セットで約2万円(650AED)。少々高い気もしますが、大切な人へのプレゼントとしておす...
多くの課題を抱えながらも、英国の経済状況はここ20年間は右肩上がりです。人口や資源において優位とは言えないはずのこの国が、なぜ国際社会においてこれほど高い...
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。
使わないときには路上に隠れている電気自動車用の充電スタンドを、イギリス企業Urban Electricが開発した。この「UEone」はアプリで操作をしたら...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
なぜこんな現象が起きるのかは、まだ科学的に解明されていないようですが、動画を提供してくれた消防署によると……。
書籍『現役官僚の滞英日記』(PLANETS)の著者である現役官僚の橘宏樹氏が、自身が名門大学で過ごした2年間の滞英経験をもとに、英国社会の"性格"に迫りま...
ウォッカと言えば、一般的に原料としてイモ類や穀物が使用されることが多いですよね。でも「Black Cow」ウォッカの原料となるのは牛乳です。