オランダ発「コーヒーかす」を使った100%オーガニックなボディスクラブ

ドリップコーヒーから出るコーヒー豆のかす。これをただ捨てては「もったいない」と、いろいろな再利用法がネットでも紹介されています。

消臭剤や除草駆除、これはよく聞く話。髪の毛の手入れやフェイスパック、この辺になると、もはや民間療法の域?いいえ、こうしてちゃんと商品化されたものがありました。

スキンケアに
コーヒーかすを使う
女性が急増中!?

じつはいま、欧米ではコーヒーかすを使って自作のコーヒースクラブをDIYする人が急増中。日本だけでなく、コーヒーかすに美肌効果があると信じる人が多い証拠でしょう。

写真の女性が手にしている「RUB」の小袋は、オランダで作られているコーヒーかすを使ったスクラブです。これが、いま流行りの100%オーガニックなボディケア。彼女の顔に付着した茶色いつぶつぶがまさしくソレ。でも、本当に効果あるの?

たしかに、コーヒーの成分カフェインには、末梢血管を拡張する作用や、皮膚のなかの血液量が増加する効果があると考えられています。皮膚の代謝が促進されるのもこのためだとか。さらには、豊富に含まれたポリフェノールがシミの原因となるメラニンの生成を止めたり、肌細胞の活動を抑える、という解釈が多く見られます。女性のお肌に嬉しそうな成分ですよね。

RUBは、そんなコーヒーかすにココナッツオイルやアーモンドオイル、ビタミンEを加えてパッケージしたもの。これを顔でも体でも、気になる部分に円を描くように塗り込むんだそうです。

ドリップ後のスリスリ
コーヒースクラブが熱い!

はたして、どのくらいの効果が期待できるのか?はさておき、Instagramには、RUBを身体中にスリスリした女性たち(ときに男性も)の写真がいっぱい。

彼女はスクラブでフェイスパック。彼は…ヒゲラインのお手入れ?

と、こんな具合にスリスリガールで盛り上がっている訳ですが、RUBのwebサイトによれば、スクラブにすることでコーヒーの抗酸化効果を直接お肌に刷り込むと、古い角質や、セルライト、ニキビ跡にもいいんだとか。ぬるま湯で流した後は、お肌ツルツルだって話ですよ。

100%オーガニックでナチュラル。さらに、フェアトレードのコーヒー豆を使用していることを強調する、RUBのスクラブ。パッケージやコンセプトも素敵だし、日本でも人気が出るかも?

公式webサイトで購入できますが、コーヒー好きならDIYしてオリジナルのスクラブを手作りしてみてはどうでしょう?ドリップした後のかすを取っておく理由にもなりますよね。

Licensed material used with permission by RUB
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
これは、ドイツ・ベルリンの、とあるカフェで使われているカップとソーサーの話。丸みのあるシンプルなデザインと、深い濃淡のあるブラウンは味わいがあります。何よ...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
今回の「私が知りたい、コーヒーの人」は、桑原りささん。桑原さんはNHKを始めとする数々の番組でキャスターや司会者をされてきたほか、国際・経済ニュースを取材...
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
オーガニックアイスクリームブランド全米No.1が代官山に上陸。
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
有機、無農薬、オーガニック…いづれも後ろにつく語句は野菜や栽培など、食と深く関わるものばかり。カラダに良いというイメージはあるはずです。では、それらの違い...
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
サーバーの排熱で家を暖めるサービスを提供するオランダ企業Nerdalize。これだけだとちょっと分かりにくいかもしれませんが、とってもメリットの大きいプロ...
「Gates of Light(光のゲート)」は、オランダの「締切大堤防」にある60基の水門に、マイクロプリズムシートが取り付けられてできたインスタレーシ...