オランダ発「コーヒーかす」を使った100%オーガニックなボディスクラブ

ドリップコーヒーから出るコーヒー豆のかす。これをただ捨てては「もったいない」と、いろいろな再利用法がネットでも紹介されています。

消臭剤や除草駆除、これはよく聞く話。髪の毛の手入れやフェイスパック、この辺になると、もはや民間療法の域?いいえ、こうしてちゃんと商品化されたものがありました。

スキンケアに
コーヒーかすを使う
女性が急増中!?

Af9e2046257579f1465181e9d959aed7e8fb9ce3

じつはいま、欧米ではコーヒーかすを使って自作のコーヒースクラブをDIYする人が急増中。日本だけでなく、コーヒーかすに美肌効果があると信じる人が多い証拠でしょう。

写真の女性が手にしている「RUB」の小袋は、オランダで作られているコーヒーかすを使ったスクラブです。これが、いま流行りの100%オーガニックなボディケア。彼女の顔に付着した茶色いつぶつぶがまさしくソレ。でも、本当に効果あるの?

24da1d51cf271f148b542b9dc2caf1e3575d833b

たしかに、コーヒーの成分カフェインには、末梢血管を拡張する作用や、皮膚のなかの血液量が増加する効果があると考えられています。皮膚の代謝が促進されるのもこのためだとか。さらには、豊富に含まれたポリフェノールがシミの原因となるメラニンの生成を止めたり、肌細胞の活動を抑える、という解釈が多く見られます。女性のお肌に嬉しそうな成分ですよね。

RUBは、そんなコーヒーかすにココナッツオイルやアーモンドオイル、ビタミンEを加えてパッケージしたもの。これを顔でも体でも、気になる部分に円を描くように塗り込むんだそうです。

ドリップ後のスリスリ
コーヒースクラブが熱い!

Da25de6f2825f41af8989f8284adb2951d8812e1

はたして、どのくらいの効果が期待できるのか?はさておき、Instagramには、RUBを身体中にスリスリした女性たち(ときに男性も)の写真がいっぱい。

A1a3c7d9b75152321c7ff715820eedcec9aa1cf3Cea741631ca5dbf1ca139c0a87d964c2642f68ba737fcca5968dac2a1031a247f0563ed5c9f04f1f89e777e9fa7fef353200319cff5a8e92ca974d982ecc56420558475d6db1792ceed56568eb8398e67a861e220c3e359571d85d8497e158dcee2f9be5

彼女はスクラブでフェイスパック。彼は…ヒゲラインのお手入れ?

191a63aca28b20908e182ac5a4f77cdc605622ae21388ccc86ed9092ff358a9568f4e7b31a797a90709bd15800d3142d796a670ac6ed23ddfc2707d1

と、こんな具合にスリスリガールで盛り上がっている訳ですが、RUBのwebサイトによれば、スクラブにすることでコーヒーの抗酸化効果を直接お肌に刷り込むと、古い角質や、セルライト、ニキビ跡にもいいんだとか。ぬるま湯で流した後は、お肌ツルツルだって話ですよ。

Ed3c031e4c9922b28284c40951f32d5ae11ead4a

100%オーガニックでナチュラル。さらに、フェアトレードのコーヒー豆を使用していることを強調する、RUBのスクラブ。パッケージやコンセプトも素敵だし、日本でも人気が出るかも?

公式webサイトで購入できますが、コーヒー好きならDIYしてオリジナルのスクラブを手作りしてみてはどうでしょう?ドリップした後のかすを取っておく理由にもなりますよね。

Licensed material used with permission by RUB
これは、ドイツ・ベルリンの、とあるカフェで使われているカップとソーサーの話。丸みのあるシンプルなデザインと、深い濃淡のあるブラウンは味わいがあります。何よ...
今回の「私が知りたい、コーヒーの人」は、桑原りささん。桑原さんはNHKを始めとする数々の番組でキャスターや司会者をされてきたほか、国際・経済ニュースを取材...
有機、無農薬、オーガニック…いづれも後ろにつく語句は野菜や栽培など、食と深く関わるものばかり。カラダに良いというイメージはあるはずです。では、それらの違い...
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
奥渋にある「CAMELBACK sandwich&espresso」。コーヒー担当の鈴木啓太郎さんとサンドウィッチ担当の成瀬隼人さん(元寿司職人)のふたり...
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
まさか、コーヒーが蚊取り線香の代わりをするなんて!健康的でシンプルなライフスタイルを提案する「Simple Organic Life」で紹介されたとっても...
ブービーバードのマークでお馴染み、「CHUMS(チャムス)」。春の新作としてリリースされた「Teeshell」が可愛くて機能的にも良さそうで気になっていた...
エスプレッソをオーガニック トニック ウォーターで割り、レモンピールを加えた「炭酸コーヒー」がブームの予感。普通のコーヒーが完全に日常に溶け込んだ今だから...
コーヒーと言っても、本当にいろんな種類のものがあります。豆の種類もたくさんありますし、作り方もブラックコーヒーからフラペチーノのような甘いデザートのような...
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
「オーガニック」をテーマとしたナチュラルな腕時計が話題を呼んでいます。と言ったところで、ピンとこない人も多いですよね。言い換えると、使用される木材は加工に...
名古屋育ちの私にとって、喫茶店でコーヒーを頼むとピーナッツが付いてきたり、午前中にコーヒーを頼むとモーニングがついてくることはけっこう普通のことで、逆に何...
完全オーガニックの学校給食がアメリカで開始される。「TakePart」のライターWilly Blackmore氏によれば、それも「地元産のみ」というこだわ...
「HotTug」は、オランダで開発された観光用の湯船式ボート。飲み物片手に運河をセイリングし、街中をまわれる次世代ツールだ。すでに個人向けに販売が開始され...
玄米を焙煎してつくるコーヒーがあります。“飲むマクロビ”の異名が付くように、美容・健康面ばかりに目が行きがちですが、ここに紹介するプロダクトは、その製法に...
日本でも、仕事先まで自転車で行く人が増えてきているように感じます。そんな中、自転車大国とも言われるオランダでは、自転車通勤にも手当が出るなどますます優遇さ...
今日のココナッツオイルブームの火付け役とも言える女性起業家が、「ガマンしないオーガニックおやつ」の路面店をオープンしました。オーガニックなんだけど、ジャン...
お葬式を、”故人の最後のメッセージ”と価値づけた新しい概念が「ナチュラル×フューネラル」だ。例えば、自然に優しい間伐材を使用した棺、または、強化段ボール製...