オランダ発「コーヒーかす」を使った100%オーガニックなボディスクラブ

ドリップコーヒーから出るコーヒー豆のかす。これをただ捨てては「もったいない」と、いろいろな再利用法がネットでも紹介されています。

消臭剤や除草駆除、これはよく聞く話。髪の毛の手入れやフェイスパック、この辺になると、もはや民間療法の域?いいえ、こうしてちゃんと商品化されたものがありました。

スキンケアに
コーヒーかすを使う
女性が急増中!?

じつはいま、欧米ではコーヒーかすを使って自作のコーヒースクラブをDIYする人が急増中。日本だけでなく、コーヒーかすに美肌効果があると信じる人が多い証拠でしょう。

写真の女性が手にしている「RUB」の小袋は、オランダで作られているコーヒーかすを使ったスクラブです。これが、いま流行りの100%オーガニックなボディケア。彼女の顔に付着した茶色いつぶつぶがまさしくソレ。でも、本当に効果あるの?

たしかに、コーヒーの成分カフェインには、末梢血管を拡張する作用や、皮膚のなかの血液量が増加する効果があると考えられています。皮膚の代謝が促進されるのもこのためだとか。さらには、豊富に含まれたポリフェノールがシミの原因となるメラニンの生成を止めたり、肌細胞の活動を抑える、という解釈が多く見られます。女性のお肌に嬉しそうな成分ですよね。

RUBは、そんなコーヒーかすにココナッツオイルやアーモンドオイル、ビタミンEを加えてパッケージしたもの。これを顔でも体でも、気になる部分に円を描くように塗り込むんだそうです。

ドリップ後のスリスリ
コーヒースクラブが熱い!

はたして、どのくらいの効果が期待できるのか?はさておき、Instagramには、RUBを身体中にスリスリした女性たち(ときに男性も)の写真がいっぱい。

彼女はスクラブでフェイスパック。彼は…ヒゲラインのお手入れ?

と、こんな具合にスリスリガールで盛り上がっている訳ですが、RUBのwebサイトによれば、スクラブにすることでコーヒーの抗酸化効果を直接お肌に刷り込むと、古い角質や、セルライト、ニキビ跡にもいいんだとか。ぬるま湯で流した後は、お肌ツルツルだって話ですよ。

100%オーガニックでナチュラル。さらに、フェアトレードのコーヒー豆を使用していることを強調する、RUBのスクラブ。パッケージやコンセプトも素敵だし、日本でも人気が出るかも?

公式webサイトで購入できますが、コーヒー好きならDIYしてオリジナルのスクラブを手作りしてみてはどうでしょう?ドリップした後のかすを取っておく理由にもなりますよね。

Licensed material used with permission by RUB