国勢調査

もしもアメリカで働けるとしたら?と想像してみたら、仕事探しに最適な街はそもそもどこなんだろう?と考えた。勢いで行ったのはいいけれど他の街にすれば良かった…...
清掃機器の最大手メーカーであるドイツ「ケルヒャー」が、世界各国の清掃習慣や掃除に対する意識を調べるためにアメリカ、フランス、ロシア、中国、日本など11ヵ国...
コンサルティング会社「マーサー」が「2020年世界生計費調査(Cost of Living Survey) – 都市ランキング」を発表した。気になる「東京...
人は1日13時間以上画面を眺めているとか。それは1年で4,866時間、62年の成人人生では衝撃の301,733時間=34年間。つまり人生の半分以上の時間を...
「SkinProud」が2000人の女性を対象に、ロックダウン下の美意識について調査をおこなった。その驚きの結果とは?
調査結果によると、男性は女性より週20時間も多く家庭のタスクをこなしているとか。睡眠障害や、心拍数が上がるなどの症状も。
昼寝すると作業効率があがる!なんて話は最近よく耳にする話。シエスタ文化を取り入れる企業も話題になり、適度な休憩が大切だよねというのはもう常識。でも、どうや...
テレビや映画、SNSにゲーム。アメリカのティーンエイジャー(8歳〜18歳)たちが、このような“メディア”に費やす時間が長すぎるのでは?と問題視されています...
いつも力強くがっしりと握手してくるあの人。なんとなく頼もしい感じがするものですが、どうやらそのイメージはあながち間違いでもないのかも。世界五大医学雑誌とさ...
先月28日、「海洋研究開発機構(JAMSTEC)」が深い海底地層から採取した約1億年前の微生物が復活したとの論文を、英科学誌『ネイチャー・コミュニケーショ...
20代の採用をトータルにサポートする会社「学情」のアンケート調査によると「UIターンや地方での転職を希望する人」は65.8%で、今年5月から29.7ポイン...
あなたは犬派?猫派?それとも他の動物が好き?知り合ったばかりの相手の「人となり」を知りたいときの定番の質問ですが、やっぱり好きな動物の種類によって、その人...
アメリカは、ロシアに次いで2番目に離婚率が高い国だそう。アメリカ人夫婦の2組に1組は離婚するとも言われています。いまの時代、ひとりめの結婚相手と一生を寄り...
たとえ、愛するパートナーとのセックスでも、疲れていたり、乗り気になれない日もある。「早く終わらないかな…」なんて。そんなとき、つい「イったふり」をしたこと...
たくさんの子供を産みたいとは言うけれど・・・子供を持とうとしている親にとって、いつ子供を産むのか、そして何人産むのか、ということは、重要な問題だ。そのヒン...
幸せ。それは誰もが願うことですが、意外と日常に転がっているものだとも言えます。コーヒーがおいしかったとき、お散歩に出かけたらいい天気だったとき、洋服がキマ...
86%のブラジル人女性がクラブでセクハラを受けたことがあります。ことの重大さを伝えるため、実際に女性がどのくらい男性に体を触られるのかを検証しました。
厳しい環境のなか、南極の調査チームを魅了した謎の現象とは?
「レノボ」が10ヵ国を対象におこなった国際調査によると、「在宅勤務で生産性が向上した」と述べる人の割合が対象国の平均より17%も下回る結果に。その理由とし...
ニューノーマルが叫ばれるなかで、働けば働くほど集中力が下がるという調査結果をもとに「1日8時間」という労働時間の規定に対しても疑問が湧き上がる。