地元・地方で働きたい20代が増加!「UIターンに関する意識調査」

新型コロナウイルスの流行やテレワークの普及をきっかけに地元・地方で働きたい20代が増加の傾向にあるとの調査結果が発表された。

20代の採用をトータルにサポートする大手総合就職・転職情報会社「学情」が実施したアンケート調査によると「UIターンや地方での転職を希望する人」65.8%になり、今年5月の調査から29.7ポイント増加したそうだ。

©学情

このアンケートに寄せられたのは......

「新型コロナウイルスの流行により、家族のいる地元に戻りたいと思うようになった」
「テレワークで首都圏にこだわる理由がないと思った」
満員電車を避けたいと思うようになった」

......といった声。

©学情

一方で「希望する職種での仕事があるか分からない」といった慎重な意見もあるようだが、若者たちの意識に変化が生まれたことは間違いない。

“新しい生活様式”が求めれる2020年が過ぎていくなか、働き方の変化は“今だけ”のことではなく、これからの社会に大きく影響するといえるだろう。

『調査概要』
【調査対象】[20代専門]転職サイト「Re就活」へのサイト来訪者
【調査方法】「Re就活」にアクセスしたサイト来訪者にアンケートのポップアップを表示
【調査期間】2020年8月26日~2020年9月14日
【有効回答数】567名

Top image: © rob zs/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事