<旅行者も対象>世界初!ルクセンブルクの公共交通機関が「無料化」

今月3月1日、ルクセンブルクでは、国内のすべての居住者、旅行者を対象に、電車、バス、路面電車を含むすべての公共交通機関の利用が無料となった。この取り組みは世界初ということもあり話題となっている。

ルクセンブルクは、人口わずか61万人の小国でありながら、ヨーロッパでもっとも裕福な国のひとつ。給与水準が高く、一方でガソリン価格は低いため、自動車の保有率が高いことでも知られる。EUの統計を担当する部局「ユーロスタット」の2017年の資料によると、ルクセンブルクの自動車の保有率は1000人あたり670台で、ヨーロッパで第1位を記録している。

今回の公共交通機関の無料化は、自動車の数を減らすことで交通渋滞を緩和させることが主な目的。ルクセンブルクは5年以内に、公共交通機関の乗客を20%増やすことを目指す。

同国が道路の渋滞や列車の遅延などのインフラ問題を克服し、環境に優しい世界初のモビリティモデルとなれるのか注目だ。

Top image: © Jack Krier / Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ヨーロッパの小国「ルクセンブルク」が、2019年の夏までに公共交通機関をすべてタダにすると発表しました。
12月10日から、ミズーリ州カンザスシティの公共交通機関の利用が「すべて無料」になった。
ルクセンブルク発ドイツ生産の“ハイファッション”なエナジードリンク「28 BLACK アサイー」が、2019年8月12日より沖縄県内のファミリーマート限定...
九州産業ホールディングスは、9月14日(土)限定で熊本県内全域を対象に「バス・電車無料の日」を実施。路線バスやコミュニティバス、市電などが始発から最終便ま...
奈良県の老舗パンストメーカーが開発した「TSUMUGI」のレギンスは、虫除け、冷却、UVカットに優れ、夏を快適に過ごせるアイテム。
パリ市は観光バスの中心部の乗り入れを禁止する方向とのこと。代わりに公共交通機関の利用が推奨されている。パリの地下鉄といえば、すでに満員電車になっている印象...
西インドのマハシュトラ州政府は、ムンバイ・プネ間の高速輸送技術として「ハイパーループ」を推進する計画を公式に宣言した。実現すると、通常3時間半かかるムンバ...
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
Virgin Holidaysのパッケージツアーを申し込んでいれば、誰でも無料で遊び放題です。
ルクセンブルクの「Mu DESIGN」が開発したスマートプランター「Lüa」。植物へのお手入れ次第で、モニターに映し出される表情を変える。
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第四弾は、まるでたんぽぽの綿毛のような見た目の「置き型風鈴」。かわいい見た目もさることながら...
ここまで慎重になるべき?と思うぐらい丁寧に書かれた、カレとの初旅行で気をつけるべき9つのこと。大好きなパートナーとの胸踊るワクワク旅行が最悪な形で終わらな...
Uberが、米デンバーでアプリを介し、バスや電車の時間、乗車料金、さらにはチケットを購入できるサービスを開始。人々の「移動」を最大限快適にしようというもの。
「DMM.com」は、フランスのエンジニア養成機関「42」の東京校として一般社団法人「42 Tokyo」を設立。2020年4月の開校を目指して、来年1月か...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
日本は、言わずと知れたストレスで溢れる国。Zipjetが公表したストレスの低い都市ランキングでは大阪が66位で東京は72位だった。気になるTOP20は?こ...
韓国の10代や20代から絶大な支持を集め、タイやアメリカにも進出しているソウル発のセレクトショップ「ÅLAND(エーランド)」が日本に初上陸!
コンサルティング会社「マーサー」が「2020年世界生計費調査(Cost of Living Survey) – 都市ランキング」を発表した。気になる「東京...
ジーンズなどの製造・販売を予定している「RIOT PANT PROJECT」は、社会に一石を投じるデザインが話題のファッションレーベル。問題視しているのは...
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
イタリアのローマ市は、ペットボトルのリサイクルポイントを地下鉄やバスなどの公共交通機関の乗車券と交換できる実証実験をスタート。30本分のポイントにつき、フ...
アメリカのバークレー市は、「ガス」の使用禁止を決定。地球温暖化対策として、2020年から施行されるようだ。
“料理で世界を動かす人材”の育成を目指し「辻調理師専門学校」が2021年4月より"日本料理"に特化した新たな学科を新設すると発表。
11月5日に新しくオープンしたカナダ・アルバータ州のカルガリー公共図書館は、毎日通ってもいいなって思っちゃうくらい居心地がよさそう!