波乗り感覚に「チョイのり」できるズルいサーフボード

「波に乗らなきゃサーフィンじゃない!」なんてお叱りを受けたとしても、水面をすべる疾走感を味わってみたいのですよ。一度くらいは。だけど、どこか聞こえる心の声…「がんばりすぎるのはもう正直しんどい」、と。

ということで、ボクのような努力家でもなく、サーフィン気分を何となくだけ味わってみたい人たちにおあつらえのサーフボードの紹介です。こいつ、かなりズルい。

コンディション不問、
クルーズメインの「電動ボード」

オフショアもオンショアもいっさい関係なし。「JETFOILER」は、ボード下に設置された電動モーターと水中翼で海面を滑走する、新感覚のサーフボード。だからどんなにフラットなコンディションでも、波待ちの必要もなく、海を走る風だけは存分に感じることができてしまう、それこそ波に乗ってる気分だけ共有するなら、これで十分とも思ったりして。

波を観察し、テイクオフするそれとはかなり勝手が違うけれど、こちらはロングライド(別の意味で)を楽しむクルーズがメインだし。

で、ここまでは単なる“なんちゃってサーフィン”のよくある仕様とも思えるでしょう。ところがこいつ、スピードに乗ってくると…。

推進力を浮力に変えて「ふわっ」
もはや、波にすら乗ってない(笑)

浮くんですよ!海面から。こうなるともう、波にすら乗ってないワケで。ジェットスキーやスノーモービルのように手元のスロットルでスピードを調整するそうですが、推進力が上がればその分、浮力が得られ、それこそハイドロフォイル(水中翼船)のように「ふわっ」とね。まさに魔法のカーペット状態。

波の衝撃を受けることなく進むボードは、つねに安定して乗り心地もスムーズなんだそうですよ。ある程度バランス感覚さえ備えておけば、ボードから放り出される心配も無用でしょう。

じゃあ実際、時速何キロくらい出るものかとか、操作性はどんなものか、おいくらなのかなど、知りたい情報はすべてベールに包まれたまま。

波に乗れなくても、
ボードにさえ乗れればOK

そこで、この動画です。昨秋リリースのちょいと前のものだけど、凪いだ海を切りさく疾走感はピカイチ。このときからもさらに改良が進んでいるようなので、性能UPは想像に難くありません。

サーフィンと一緒にしてくれるな、はもちろん覚悟のうえ。だから、あくまで気分だけでもって話です。それに、今からパドリングの仕方や、テイクオフの動作を覚えるよりも、JETFOILERのリリースを待つ方が早そうだしね。

Licensed material used with permission by Kai Concepts, (Facebook)
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...
「Fliteboard」は電動モーターが搭載されているサーフボード。リモコンでスピードをコントロールして、最高で時速40kmも出るそうですよ。
サーフィンになくてはならない波。でも、これは自然の産物。フラット(穏やかで波がない)な状態では、どんなに波に乗りたくたって、どうにもなりません、よね?今ま...
波に乗るタイミングはサーフィンの時と異なるし、浮力もないのでコツがいるボディサーフィン。それでもみんなに楽しんでもらいたいという願いで、開発された専用ミニ...
ドイツ・べルルで、チョコレート工場から大量のチョコレートが流出。流出した量はなんと1トン。真冬の冷たいコンクリートの上ですぐに固まり、まるで道路に張り付く...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
ここに紹介するのは、精巧なモザイク画のような切り抜きで、絵柄や文様を表現した「海苔」。もちろん、どれもちゃんと美味しく食べることができますが、それよりもま...
カーペンターとサーファー。2つの顔を持つPeterのビルドアップスタイルは、オールハンドメイド。その出来栄えは、自宅のガレージでつくるレベルをはるかに超え...
サーフィンの動きを取り入れたフィットネスがいまアメリカで流行中。しかも、ちゃんとボードの上で行うそうです。カリフォルニアやハワイといったサーフィンのメッカ...
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
見た感じスタンドアップパドル(SUP)とも違う、この乗り物…。歩くように“漕いで”進むという、まったく新しいコンセプトのサーフボードなんです。右、左、右、...
言うなれば着る浮き輪。見た目はまるでお相撲さん。だがしかし、これを使った波乗りの様子は圧巻。まるでマリオシリーズに出てくる弾丸の姿をした敵キャラ「キラー」...
パラセーリングにウェイクボード、さらに人気急上昇中のフライボードなど、エキサイティングなマリンスポーツは多いですよね。ただし、ここで紹介する「サブウイング...
8月11日にオープンした複合スポーツエンターテイメント施設「スポル品川大井町」。新宿や渋谷からでも電車で30分とかからないくらいの場所にあります。
マリンスポーツ愛好家にとって、命に関わるサメの襲撃は避けたいもの。「Sharkbanz」は身につけるだけでサメの襲撃から身を守れるバンドなんです。そもそも...
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
あたり前の話ですが、今までのボディボードって、波がないと乗ることはできないシロモノでした。ですが、「KYMERA」なら、波がなくても愉しめてしまうんです。...
ソフトドラッグが合法化されているアムステルダムでの、このプロモーション企画はとってもcool。
「サーフィンとは”禅”である」という言葉もあるように、ただのスポーツではなく、自然と一体化することで、自分と向き合うもの。陽の光を浴び、風を受け、波を体感...
世界大会では莫大な賞金が動く「eスポーツ」。その世界中の人から愛されている「魅力」と、オリンピックの競技種目として候補に上がる「理由」の2つを紹介します。
いつかもっと気軽に、そして手軽に、いわゆる「電動キックボード」で公道を走れる日がくることを期待するほかないのですが、この手のスマートビークルの進化って、ホ...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
Mike Coostsは18歳の時、サーフィン中サメに襲われ片足を失うアクシデントに遭いながら、今も波に乗り続ける義足のサーファー。同時にサメを保護する活...