工業系女子大生がデザインした、チョイ乗り専用「紙製ヘルメット」

旅先で“チョイ乗り”したいときに利用するサイクルシェアリングの普及率は、年々増加傾向にあります。最近では、自転車を持っている人と、借りたい人をマッチングさせるAirbnbの自転車版「Spinlister」なるものがアメリカでは人気だとか。

だけど、そのためにヘルメットを持参するのも面倒。レンタルは不衛生でサイズが合わないこともある。そこで、工学デザインを学ぶ女子大生が考えたのが、持ち運びに便利な紙製のヘルメットでした。ん、紙?

旅行に携行できる
軽くて丈夫な紙ヘルメット

自転車が生活に浸透している欧米の人たちでも、旅行先にわざわざヘルメットだけ持参する人がそういるとは思えません。かといって、自転車を借りるのに30ドル以上もするモノを買うのもバカらしい、と紙のヘルメット「EcoHelmet」の開発者、イシス・シファーさんは言います。

けれど、現にアメリカでは年間800人近いサイクリストが交通事故によって命を落としているという話。もちろん、そのすべてが旅行者という訳ではないでしょうが。

荷物を増やさず、折りたたみできて、しかも軽い素材。彼女は思い浮かんだアイデアを早速カタチにしていきました。 

強度抜群のハニカム構造
使い捨てもアリ

確かに紙を何重にも重ねれば、厚みが出て強度も増しますが、それだけではただ重いうえに事故や転倒の衝撃から頭部を守るには心もとない。

そこでイシスさんは、水をはじく特殊な紙をバナナのように頭のカタチに婉曲させ、これをハニカム構造にレイアウト。使う時は、アコーディオンと同じくじゃばら式で開閉する仕組みです。

イシスさんのアイデアに、イギリスの公立研究機関「インペリアル・カレッジ・ロンドン」が強度調査を受け入れてくれたそうです。これをイシスさんが「ラッキーだった」と表現するのは、、同機関はヨーロッパでの自転車事故によるヘルメット破損の度合いを測る、ビッグデータを保有していたから。

こうして完成したのが、軽く、かさばらず、100%リサイクルできるヘルメットEcoHelmet。これなら価格にして1つあたり、おおよそ5ドルほどで販売も見込めるそう。ちなみに、防水機能は約3時間ほど効果が見込めるんだとか。

技術やテクノロジーを抑え
“エコ”が最優秀賞を受賞

さて、こちらでShifferが握手をしている男性は、掃除機で有名なダイソン社の創業者であり、プロダクトデザイナーのジェームズ・ダイソン氏。なんと彼女のEcoHelmetが、「ジェームズ・ダイソン・アワード2016」で最優秀賞を受賞

次世代のデザインエンジニアを称え、支援する国際的なエンジニアリングアワードに、先進テクノロジーを駆使したプロダクトではなく、紙を素材に使ったヘルメットが選ばれたことにも大きな意味を感じてしまいます。もちろんその開発は、工業的アプローチや技術に裏打ちされたもの、ですけどね。

製品化はまだ先だそうですが、こういうアイテムが普及してくれるといいですね。

Licensed material used with permission by JamesDysonFoundation
工業デザイナーのSaharudin Busriさんが考案したDyson Inspired Concept Motorcycle。ダイソンがもしもバイクを造...
シティサイクル用にピッタリなのがスペインの〈CLOSCA〉が作ったへルメット「FUGA」です。ユニセックスで使えるスマートな外見と、モバイル性がポイント。...
自転車を縦にして飾れるサイクルスタンド、「Vertik」の紹介です。
オフロードレースで選手がかぶっているヘルメットの「ひさし」の役目は「日除け」ではない?!
エコな自然素材ででき、調湿効果でごはんを美味しく保てるなど広い世代に人気の「曲げわっぱ」のお弁当箱について、メリットやおすすめ商品をご紹介。節約やダイエッ...
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
「Slash Objects」のプロダクトは、今年に入り既にデザイン賞も受賞している代物。でもこれ、使用済みの工業資材が使用されたいわゆるリサイクル品。真...
「これ、欲しい〜!」となるような自転車ではないのだけれど、そのエコっぷりがとっても気になるタウンサイクルがクラウドファウンディング挑戦中だ。どれほど地球に...
欧米で数々の賞を受賞した革新的な自転車用ヘルメット「Lumos helmet」が日本で販売を開始する。
オフィスでカップ麺を食べる時、デスク周りの小物やPCなどに汁がハネるのを防いでくれる画期的なアイテム「麺ウォール」。通常はB5ノートほどの大きさ、閉じてい...
昔に比べれば増えたけど、それでもヘルメットを被らずに自転車に乗っている人はまだけっこう多い。そこには「デザインがちょっと…」とか「持ち歩くのが大変」という...
見た目の派手さも手伝って、レーザーライトを路上に照らすことで自転車事故を防ごうとするムーブメントは数年前からありましたが、米・ニューヨークの自転車シェアサ...
ウクライナのデザイン会社Hochu rayuが開発中の『Helmfon』は、衝撃から頭を守るものではなく、周囲の雑音から守るためのヘルメット。防音効果だけ...
成功の背景には数々の失敗あり。これは、「Inc.com」にてGordon Tredgoldが紹介したジェームズ・ダイソンの言葉。彼が幾多の失敗からつかんだ...
7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。
光をエネルギーとして活用し、触媒に酸化チタンを用いた「MUON~無音~Lampscape」。
「ファンケル」から発売された「抗菌やさしい潤いマスク」は、抗菌、保湿、苦しくない設計、繰り返し使用の4つの機能性と、肌への優しさを追求したマスク。
IKEAのイノベーションラボ「SPACE10」より発表された自動運転車向けの家具デザインプロジェクト<Space on Wheels>。
社会を生き抜くうえで、私たちには想像力が必要。では問います、この紙は何を目的につくられた紙だと思いますか。(ちなみに巻いて使います)
BMWのデザインを手がけたキャリアを持つ工業デザイナーJosep Rubau氏が、新たに投下したのは、写真のヨット「RED SHARK」だ。
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
7月19日までクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をおこなっている「Lumos Ultra」は、方向指示器が搭載されている自...